離婚/離婚を決意する前に

セックスレスが離婚の原因になる3つの理由

年々、増えている「セックスレス」。実は問題は体ではなく、心にあることが多いもの。セックスレスが離婚の原因になってしまう理由について、3つのキーワードから説明します!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦間の悩みは、人にはなかなか言えないものですが、なかでもとくに多くの人が抱えているのがセックスレスについての問題でしょう。最後はいつだったか思い出せないほど前の人もいれば、急になくなって困惑している人もいます。そこで今回は、セックスレスについて考えてみたいと思います。

妊娠や出産がきっかけでセックスレスに?

セックスレス

「セックスレスは私のせい?」そんなふうに悩みを抱える女性も増えています

セックスレスになる理由については個人差があります。「付き合っているときは定期的にしていたけれど、結婚後、いつでもできるという安心感からかセックスへの興味を失ってしまった」「一家を構えたということと仕事のプレッシャーで自然としたくなくなった」など男性側からの意見もさまざまです。

セックスレスになる理由で、もっとも多いのは、妊娠や出産をきっかけにしなくなってしまうというケースでしょう。「育児で疲れてしまって、それどころではない」「子宮を安定させないとマズいんじゃないかと思って……」など、母親として自分の体を気遣う女性の意見も目立ちます。

ところで、セックスレスをそのままにしておくと、離婚にまで発展してしまう場合もあることを知っていましたか? セックスレスが離婚の原因になるのには、次の3つのことが考えられます。早速、みていきましょう。
 

セックスレスが離婚の原因になる理由
その1:浮気をしやすくなる

本来、体と心はつながっているものです。つまり、セックスがないと体だけではなく心まで寂しい思いをしてしまうといわれているのです。そんなときは夫婦にとっても危険な状態といえるでしょう。なぜなら、「寂しい」と感じているときに、誰かが寄ってきて優しくされるようなことがあれば、ついフラフラと誘いに乗ってしまう可能性は高くなってしまうからです。「パートナーがセックスを拒むようになったから、浮気に走った」というケースは男女ともに少なくはありません。

また、「浮気がはじまってから、パートナーとはセックスしなくなった」という場合もあるので注意が必要です。いずれにしても、“セックスレス”と“浮気”はつながりの深い関係にあることは間違いなさそうです。

>>次のページでは、セックスレスと心の問題についてお話しします!

更新日:2011年01月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    35

    この記事を共有する