カーメンテナンス/車の点検ポイント

知っていると役立つ! バッテリー交換の裏技

バッテリー交換時にオーディオやカーナビの設定がリセットされ、いちいち設定をやり直さなければならないのを煩わしく思ったことはないですか? 今回は、そんな面倒を省くためのちょっとした裏ワザを紹介します。

執筆者:宮島 小次郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックアップ電源の活用で、バッテリー交換時のひと手間が省ける

バッテリー交換
バッテリー交換時は、オーディオやカーナビなどの設定をやり直すのが意外と手間なのだが……
この季節、クルマのトラブルの筆頭に挙げられるのが、バッテリー上がりです。ライトの消し忘れでうっかりバッテリーを上げてしまったのなら、まだ復活する可能性もありますが、使用を続けてきたことでバッテリーが劣化して性能が下がってきた場合は、新品に交換するしかありません。

そこでいざバッテリーを新品に交換するときに煩わしく思うのが、オーディオやカーナビ、時計など、車内の電装品のメモリーをまたイチから設定し直す作業です。これはバッテリーを取り外すことで、電装品のバックアップ電源が失われるため、設定などを記録しておくメモリーが消去されてしまうことが原因です。そこでおススメしたいのが、バッテリーを取り外しても、最低限の電力を供給可能なバックアップ電源の活用です。

例えば、自動車補修用アクセサリーなどでお馴染みのエーモンからリリースされているメモリーバックアップ は、単三電池を使用して、手軽に電力を供給できる製品です。単三電池は一本1.5Vですから、これを直列に6本並べて9Vを発揮することができます。もちろん、これだけでエンジンを掛けたりといった負荷の大きい作業は賄えませんが、電装品のバックアップ程度なら十分対応できます。

使い方も乾電池をセットして、バッテリーターミナルに繋がるケーブルの+と-端子にクリップを接続するだけと簡単です。インターネットオークションなどでは、もっとシンプルに9Vの角型電池(最近はあまり見なくなったちょっと懐かしいタイプです。正確には積層型電池といいます)1個をシガーソケットに繋ぐタイプも見られます。また、頻繁に使用するような場合は、値段は少々張りますが、充電式のバッテリーを内蔵したGSユアサのBK2000などの本格的なタイプもあります。

注意点としては、シガーソケットに接続するタイプは、キーをアクセサリー位置までひねってアクセサリー電源を入れる必要があるということと、一部のクルマではこの方法でバックアップを取ることができないという点です。

次ページでは、そのあたりの注意点について、もうちょっと詳しく掘り下げてみたいと思います

更新日:2008年12月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する