散歩/グルメ・行列・銭湯の散歩ルート

中華なのにナポリタンがうまい店へ町中華探検隊が行く(2ページ目)

友人のライター北尾トロと「町中華探検隊」なるものを作って、町中華をめぐっている。町中華とは「中華を名乗りながらも食堂のようなお店」のこと。そんな中、中華料理店なのにナポリタンが美味い店があるという情報を聞きつけた。さっそく東京・本駒込へと、町中華探検隊が向かった。

増田 剛己

執筆者:増田 剛己

散歩ガイド

本駒込で見つけたナポリタンが看板メニューの町中華

駒込駅で北尾トロ隊長と待ち合わせをして、本郷通りを不忍通り方向へ歩く。六義園などを見て進むと、月山亭という町中華があった。

魅力的な町中華だ

「月山亭」 文京区本駒込6-15-11


定食などもそろっていて、魅力的。機会があれば訪問したいお店だ。このまま、本郷通りを進み、不忍通りで左に曲がる。しばらく歩くと「珍華」という町中華があった。

トロ隊長によれば「完璧な町中華」だそう。

「珍華」 文京区本駒込5-43-10


店舗ファサードも含め、ここはかなり惹かれるものがあった。機会があればぜひ訪れたいが、今回はこのお店が目的ではない。その少し先にあるお店が目的の「昇龍」さんだ。看板はない。時々、電光掲示板にお店の名前が出るようだ。

看板は出ていないけど、昇龍さんだ

「昇龍」文京区本駒込4-45-3


どう見ても中華料理屋さんなんだけれど、店頭の赤ちょうちんには「ナポリタン」の文字がある。さっそくお店に入ってみた。いいかんじだ。

ナポリタンは500円だよ

全体的に安い!


自分はナポリタンと餃子を注文。ナポリタンは500円という安さ。ランチ餃子が250円だ。普通のお店ではなかなかありえないナポリタンと餃子の組み合わせを楽しみたい。それにしても、大盛りメニューが親方、理事長という名前になっているところが、有楽町のロメスパ(路麺スパの略)の聖地「ジャポネ」っぽい。小松菜が入っているのかな。と、北尾トロのカツ丼が先にきた。

ずっしり重い

黒豚カツ丼 950円


少しいただいたけれど、カツが分厚くておいしい。それにしても、ご飯の量がけっこう多いね。そういえば、自分たちの後からきた若い男性が「タンメン、麺少なめで」と注文してた。ここは盛りもいいのかな。

やはり麺はけっこうな量undefined味は昔ながらのナポリタンだ

ナポリタン&餃子 めったにない組合せ


ナポリタンは「お箸でお食べ下さい」と出された。ちゃんとタバスコと粉チーズも添えられている。餃子はもっちりとした皮がおいしいねぇ。ナポリタンは昔ながらのケチャップが香るもの。タバスコと粉チーズが合う。旨い! しかも、これで500円ならかなりのCPだ。ちなみに小松菜は入っていない。

お会計のとき、ご主人に聞いたところによると、こちらのお店は3代目になるそうだ。この場所で50年近く営業しているとのこと。そして核心の質問、「なぜ中華料理屋さんでスパゲティなのか?」と聞けば、もともと、夜のおつまみで始めたそうだなのだが、それが人気で、昼間のメニューにもなったとのこと。お腹いっぱいだ。

田端駅方面まで歩く途中、新しくなっていた赤紙仁王尊に寄る。ここは、お寺でもらった赤い紙を自分が患っている箇所と同じ場所に貼る。仁王尊に身代わりになってもらうというわけだ。

2対の像は真っ赤になっている

赤紙仁王尊


多くの人が仁王尊に赤い紙を張るため、二体の仁王尊は真っ赤になっている。まるでナポリタンだなぁと思いながら、僕たちはJR田端駅に向かった。

今回のお散歩動画はこちら

【関連記事】
500円じゃないワンコインバーガーを食べに中野坂上へ
ソメイヨシノ発祥の巣鴨、駒込界隈を歩く




【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます