Chromeの使い方/Chrome拡張機能の選び方とおすすめ拡張機能

Web制作者向け拡張「Appspector」で仕事を効率的に

他のWebサイト分析をする際に活用できるのが、Appspectorです。こちらの拡張機能は、サイトを開くだけで使用しているCMSやアプリケーションなどの一部情報が分かります。昔は、Chrome snifferという名前でしたが、名前が変わったので再度ご紹介いたします。とにかく便利な機能なので、Web制作者の方はぜひ導入をおすすめいたします。

宮内 達也

執筆者:宮内 達也

Chromeガイド

パソコンを使う女性

パソコンを使う女性

他のWebサイト分析をする際に活用できるのが、Appspectorです。こちらの拡張機能は、サイトを開くだけで使用しているCMSやアプリケーションなどの一部情報が分かります。昔は、Chrome snifferという名前でしたが、名前が変わったので再度ご紹介いたします。とにかく便利な機能なので、Web制作者の方はぜひ導入をおすすめいたします。

このChrome拡張機能の優れている点は、2点です。

  1. 他のWebサイトで使用されている技術が確認できる。
  2. Webサイトを開くだけで自動的に拡張機能が動作する。

Appspectorのインストール

Chromeウェブ ストアからインストールします。インストールはこちらから
インストールすると検索アドレスバーの横にアイコンなどは現れません。実際にサイトに訪れると拡張機能が動作するようになっているので、これでインストール完了です。

Appspectorの使い方

この拡張機能は自動的に動作します。他のWebサイトにアクセスすると下記の画像のようにURLを入力する検索アドレスバーの右端に表示されます。
Appspectorの画面

Appspectorの画面

確認したい対象技術のボタンをクリックすると、どのような技術を使用しているか確認することができます。Web制作者は何かと重宝する拡張機能だと思いますので、興味をもったらぜひ、導入して頂ければ幸いです。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は、拡張機能「Appspector」の使い方をご紹介しました。最後までお読み頂きありがとうございました。本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で Chrome 関連の商品を見るAmazon で Chrome 関連の商品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます