ビーチ/ベトナム(ファンティエット・ホイアン・ニャチャン)

ニャチャン/ベトナム(3ページ目)

ベトナム中南部に位置するニャチャンは、これから注目が高まりそうなアップカミングなビーチリゾートです。市内に面して約7km続く黄金色のビーチはヤシの木が縁取り、沖には島々が浮かんでいます。ニャチャンでの楽しみ方、ベストシーズン、アクセスなどをまとめてみました。

古関 千恵子

執筆者:古関 千恵子

ビーチガイド

ニャチャンで海以外のアクティビティ

ニャチャンのビーチ

ビーチのみならず、市場や史跡などをめぐる過ごし方も

海以外のお楽しみも、もちろんあります。チャンパ寺院の遺跡であるポーナガル塔やゴシック様式が壮麗なニャチャン大聖堂などの史跡をめぐったり、野菜や魚、肉、衣類に雑貨など、あらゆる露店が集結したダム市場で賑やかな空気を味わうのも面白いでしょう。泥パックや温泉、プールが揃ったクア施設のタップバポットスプリングセンターもあります。

さらに、ニャチャンを深く楽しむならば、オプショナルツアーに参加してみましょう。カイ川をゆくカヤッキングツアーや3つの湖を目指して山道を進むハイキングツアーはアドベンチャー気分を満喫できます。のんびりとしたフィッシングツアーや穴場ビーチでのバーベキューツアー、ボートでムン島、モツ島、タム島、ミェゥ島の4つの島をめぐるツアーなどもあります。ビーチリゾートではずせないサンセットクルーズや、この地ならではの真珠養殖場やツバメの巣の見学ツアーなんて変わり種も。

一見、素朴で何もなさそうに感じるニャチャンですが、行動範囲を広げてみると、実にアクティビティ多様性(?)に富んだデスティネーションなのです。

ニャチャンのベストシーズン

ベトナムは高温多湿で、年間平均気温は22℃以上。いつ訪れても基本は夏服でOKですが、南北に細長いベトナムはエリアによって乾季・雨季などが異なります。中南部に位置するニャチャンの乾季は2~9月頃。晴天が続き、海の輝きが増します。とくに4~7月は透明度も上がり、ビーチリゾーターにとって格好の狙い目シーズンです。一方、9~12月頃は夜分などに雨が降りやすく、曇りがち。台風に襲われることもあるのでご注意を。

ニャチャンへの行き方

ニャチャンへはホーチミン、ハノイ、ダナンからベトナム航空のフライトを利用するのが便利です。ホーチミンからは所要時間約1時間で、毎日4便。ハノイからは所要時間約1時間40分で毎日2便。ダナンからは所要時間約1時間10分で、毎日1便。

ニャチャンのカムラン空港は、将来の国際線発着を見込んで2009年末にオープンしたばかりです。空港からニャチャン市内へは車で約40分、距離にして約35kmと離れています。カムラン空港からニャチャン市内へタクシーで行くと、料金目安は22万ドン(11米ドル)くらいですが、ベトナム航空がカムラン空港からニャチャン市内にほど近い旧空港への送迎を安価で実施。旧空港から市内へは約1.2kmと近いです。

写真提供:ベトナム航空
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます