木造3階建て共同住宅は建てるべき?メリットやデメリットを解説

土地活用の1つに賃貸経営があります。賃貸経営では戸建て住宅やアパート、マンションなどさまざまな選択肢があり、その中に共同住宅というものもあります。

木造3階建て共同住宅の経営を考えているなら、事前に知っておきたい情報は多いです。賃貸経営を失敗なく行うためにも、木造3階建て共同住宅ならではの経営のポイントを把握しておきましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

木造3階建て共同住宅のメリット

土地活用で木造3階建て共同住宅を建築するメリットとしては、次のものがあげられます。

  • 建築費用を安く抑えることができる
  • 狭い土地でも戸数を確保できる
  • 2階建てより床面積が広い
  • 法定耐用年数が短いため節税効果が高い
  • 準耐火建築物として建設が可能になる

どのようなメリットがあるのかを知り、木造3階建て共同住宅を経営する魅力を理解していきましょう。

建築費用を安く抑えることができる

鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも、建築費用を安く抑えられる点は木造3階建て共同住宅のメリットです。木造住宅の坪単価は77~97万円程度であり、他の構造と比較すると安いです。50~150坪で住宅を建築した場合の、構造別の坪単価を比較してみましょう。

坪数木造鉄骨造鉄筋コンクリート造
50坪3,850~4,850万円7,700~9,700万円1億1,550~1億4,550万円
100坪4,200~5,200万円8,400~1億400万円1億2,600~1億5,600万円
150坪4,600~6,000万円9,200~1億2,000万円1億3,800~1億8,000万円

同じ坪数でも、住宅構造によっては倍以上もかかる金額が異なることがあります。建築費用を安く抑えて土地活用をしたいなら、木造3階建て共同住宅がおすすめです。

狭い土地でも戸数を確保できる

変形地でも土地に合わせて柔軟に建築しやすい点は、木造3階建て共同住宅のメリットです。狭い土地や変形地でも柔軟に建築プランを作成でき、十分な戸数を確保できます。

狭い土地を最大限に活かして収益化が図れるため、他の用途では使用しづらい土地でも活用して利益を獲得しやすいでしょう。

2階建てより床面積が広い

2階建ての共同住宅よりも、3階建てのほうが床面積は広いです。延べ床面積が広くなることで、戸数を増やし収益を拡大できます。変形地や狭小地でも建築できる木造3階建て共同住宅は、床面積を広げて戸数を増やせるため、土地を効率的に使える活用方法といえます。

法定耐用年数が短いため節税効果が高い

木造3階建て共同住宅は法定耐用年数が22年と他の構造よりも短く、毎年計上できる減価償却費が多いです。費用を短期間で多く計上できるため、課税対象となる利益を縮小でき、高い節税効果を期待できる点は、大きなメリットです。

準耐火建築物として建設が可能になる

避難経路を確保するなど、一定の条件を満たして建築することで、木造3階建て共同住宅は、準耐火建築物としての建設が可能です。木造の耐火建築物と比較すると、木造3階建て共同住宅の準耐火物のほうが建築コストは安く、条件次第では初期費用を抑えられます。

木造3階建て共同住宅のデメリット

さまざまなメリットがある木造3階建て共同住宅の建築ですが、デメリットもあることは覚えておかなければなりません。

  • 2階建てより建築費がかかる
  • 施工できる会社が少ない
  • 施工期間が長い
  • どんな土地でも建てられるわけではない

デメリットも正しく把握して、木造3階建て共同住宅の建築が自分に適しているのかを考えてみましょう。

2階建てより建築費がかかる

同じ木造の共同住宅を建築する場合でも、2階建てと3階建てなら3階建てのほうが建築費は高くなります。1フロア分の床面積が増えるため、建築費は上がりますが、それだけではなく3階建ての共同住宅の場合は専門家による構造計算を依頼する必要があります。

戸数が増えるため収益性も上がりますが、その分土地活用開始にあたっての初期費用が高くなってしまうデメリットがあることは理解しておきましょう。

施工できる会社が少ない

木造3階建て共同住宅の建築には構造計算が必要であり、これは有資格者でなければ行えません。そのため、施工できる会社が少なく、建築依頼先の選択肢が少なくなってしまう点はデメリットです。

どの施工会社でも木造3階建て共同住宅を建築してもらえるわけではないため、施工が可能で経験が豊富な会社を探さなければなりません。

施工期間が長い

2階建ての共同住宅と比較すると、3階建てのほうが施工期間は1~2ヶ月程度長くなります。建築の開始から完了までに時間がかかるため、土地活用を始めるまでに長期間要することは理解しておきましょう。

土地活用をするにあたって、素早い収益化を求めたい人にとっては、施工期間が長くなる木造3階建て共同住宅の建築はデメリットとなる場合が多いです。

どんな土地でも建てられるわけではない

木造3階建て共同住宅は、どのような土地でも建てられるわけではありません。土地によっては法律上の規制があり、建築自体ができないこともあります。

また、建築が可能な土地でも、木造3階建て共同住宅が適しているとは限りません。周辺の賃貸需要によっては、木造3階建て共同住宅が適さないこともあるため注意が必要です。

木造3階建て共同住宅の規制緩和の適用条件

木造3階建て共同住宅は、一定の条件を満たすことで準耐火建築物としての建築が可能です。

  • 主要構造部の耐火性能
  • 避難上有効なバルコニーの設置
  • 敷地内通路の確保
  • 防火設備を設ける

規制緩和を受けるための適用条件を知り、どのような場合に準耐火建築物で木造3階建て共同住宅が建築できるのか知っておきましょう。

主要構造部の耐火性能

木造3階建て共同住宅における主要構造部とは、次の場所を指します。

  • 建物の柱・梁
  • 屋根
  • 階段

準耐火建築物として木造3階建て共同住宅を建築するには、これらの部位を耐火被覆しなければなりません。該当部位を耐火性のある部材で覆うことが、規制緩和の適用を受ける条件です。

避難上有効なバルコニーの設置

規制緩和の条件である「避難上有効なバルコニー」とは、次の要件を満たすものです。

  • バルコニーの床が1時間準耐火構造
  • 避難ハッチなどの避難設備がある
  • 避難ハッチなどから道路までの経路の幅員がおよそ90センチメートル確保されている
  • バルコニーに出る開口部の高さが1.8メートル以上
  • バルコニーに出る開口部の幅が75センチメートル以上
  • バルコニーに出る開口部の床からの高さが15センチメートル以下

上記条件を満たすバルコニーを設置することで、規制緩和の要件を適用できます。

敷地内通路の確保

敷地内通路として、建物の外周に幅3メートル以上の通路の設置が必要です。ただし、次の条件を満たす場合は、敷地内通路の設置が不要となります。

  • 各住戸に避難上有効なバルコニーがある
  • 各住戸から地上に出る廊下や階段などが直接外気に開放されている
  • 上階と下階の開口部の間に延焼を防ぐひさしがある

敷地内通路については、各種要件を確認して、設置が必要なのかチェックしておきましょう。

防火設備を設ける

3階にも住戸がある場合は、各住戸の居室や外壁の開口部に、防火設備を設けなければなりません。防火設備として、次のものがあげられます。

  • 防火シャッター
  • アミ入りの防火用サッシ

土地が準防火地域に該当する場合は、これらの設備が必須となります。

木造3階建て共同住宅を建てるときの注意点

木造3階建て共同住宅を建てる際には、次の点に注意しましょう。

  • 確認申請に時間がかかる場合がある
  • 入居者からよいイメージを持たれないこともある
  • 部屋数が減る可能性がある

賃貸経営を成功させるためにも、注意点は正しく理解しておくことが大切です。

確認申請に時間がかかる場合がある

木造3階建て共同住宅を建築するには、建築の確認申請が必要です。また、専門家による構造計算も必要であり、建築開始までに時間がかかります。

2階建ての住宅と比較すると、3階建ては工期が1~2ヶ月ほど長いため、建築そのものにも時間がかかり、賃貸経営の開始までに長期間かかることは覚えておきましょう。

入居者からよいイメージを持たれないこともある

木造住宅は騒音トラブルが多い、耐震性が低いなど、入居者からよいイメージを持たれないこともあります。ネガティブなイメージを持たれてしまうと、入居者が獲得できず、空室によって損失が出てしまうこともあるため注意が必要です。

よい印象を持ってもらうためには、耐震性工事を行い安全性をアピールしたり、防音性に問題がない作りであることを伝えたりすることが大切です。

部屋数が減る可能性がある

木造3階建て共同住宅は、場合によっては2階建ての共同住宅よりも部屋数が減ってしまう場合があります。木造3階建て共同住宅は敷地内通路を設置する必要があり、これに幅を取られることで取れる部屋数が2階建てよりも減るケースがあることは理解しておきましょう。

敷地面積や土地の形状などを考慮し、2階建てと3階建てのどちらのほうがより多い部屋数を取れるのか、建築前に確認しておくことが大切です。

特徴を把握してから木造3階建て共同住宅の建築を計画しよう

木造3階建て共同住宅の建築を考えているなら、建物の特徴を把握しておくことが大切です。建築時にはさまざまなポイントがあり、場合によっては2階建てよりも部屋数が減ってしまうこともあります。

木造3階建て共同住宅を建築するなら、賃貸経営をする場合のメリットとデメリットの両方を知っておく必要があります。構造や特徴を正しく把握し、失敗なく木造3階建て共同住宅で賃貸経営を行いましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?