不動産の無料査定とは?利用するメリット・デメリットを解説

不動産売却を考え中なら無料査定の活用がおすすめです。無料査定を行うことで所有している不動産の相場を把握することができるでしょう。相場を把握せずに売り出し価格を決めてしまうと損をしたりなかなか売れなかったりすることがあります。

この記事では不動産の無料査定について詳しく解説します。不動産の無料査定には自分で不動産会社を選んで足を運ぶ方法とインターネットを活用した一括査定があることも理解しておきましょう。メリット・デメリットについても解説しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

不動産の無料査定に関する基礎知識

そもそも不動産の無料査定とはどのようなことをするのでしょうか。無料査定の依頼方法や種類について詳しく解説します。無料査定の基本的な知識から学んでいきましょう。

無料査定を依頼する方法は

不動産の無料査定には2つのパターンがあります。とりあえず簡単に査定額を知りたい、手間をかけずに多くの査定額を比較したいという場合には一括査定がおすすめです。一括査定では一度情報を入力することで同時に複数の不動産会社に査定を依頼することができます。

時間があまり取れない人やどの不動産会社を選べばよいか迷っている人はまず一括査定を利用してみるとよいでしょう。

もうひとつの方法は不動産会社に電話をしたり直接訪問して査定をしてもらいます。信頼できる不動産会社がある場合や自分でしっかり不動産会社の対応を見極めたい場合にはこの方法がおすすめになります。

ただしこの方法では複数社に査定を依頼する場合にかなりの手間がかかる点には注意が必要です。電話だけで査定額を出してもらうことはなかなか難しいため結果的には自分が訪問するか不動産会社の担当者に自宅に来てもらうことが必要になる点も理解しておきましょう。

一括査定サイトを利用する場合

一括査定サイトを利用する最大のメリットは、自宅にいながら複数の不動産会社に一括で依頼できる点です。忙しい人、売却にあまり手間をかけたくない人にはおすすめの方法になります。

また自分では不動産会社を選択できないという人でも安心なのが一括査定サイトです。大半のサイトが全国の不動産会社と提携しているため自分が知らない不動産会社と出会うこともできます。

サイトによっては独自の審査基準をクリアした企業とのみ提携するなどの努力もしているため安心して利用することもできます。

ただし同時に複数社に依頼するため依頼後は電話やメールの対応が同時に来ることで対応に追われる可能性は考慮しておきましょう。また一括査定で出される査定額はあくまでも簡易査定であるため不動産会社を選定するための判断材料として利用するという気持ちでいることも大切です。

不動産会社に依頼する場合

自分で不動産会社にアクションを起こして査定を依頼するという人もいるでしょう。この場合には、電話や訪問でまず査定を依頼したい旨を伝えます。電話で査定額を聞くことはほぼできないため最終的には不動産会社の担当者と会う機会を作る必要がある点も注意しておきましょう。

不動産会社ではとりあえず情報だけ提供して机上で査定する机上査定か、直接自宅に来てもらって査定をしてもらう訪問査定のいずれかを選択することが可能です。本気で不動産を売却する場合には訪問査定は必須となるため最初から本気で売却をすることが決まっている人は訪問査定からスタートすると効率的といえます。

ただし自分で不動産会社にアポイントを取る場合には気に入った不動産会社がみつかるまで何軒も会社をはしごする必要があることを理解しておきましょう。

査定を受けるために必要な書類

不動産の査定を受けるためにはいくつか用意しておかなければならない書類があります。具体的には次のとおりです。

書類用途取得方法費用
登記事項証明書不動産の権利が誰にあるのかを証明する法務局400〜600円
公図地図法務局450〜500円
本人確認書類本人証明
登記済権利書不動産の所有者を確認する法務局

書類に不備があると正しい査定をしてもらえない場合があるためしっかり確認して用意するようにしましょう。

不動産の無料査定を利用するメリット

不動産の売却を検討している場合、なぜ無料査定を利用したほうがよいのでしょうか。自分が選んだ不動産会社といきなり契約を結んではいけないのでしょうか。まずは不動産の無料査定を利用するメリットについてみていきます。

信頼できる不動産会社を見つけることができる

不動産の売却は大きなお金が動く作業です。そのため依頼する不動産会社の選定はかなり慎重に行う必要があります。なぜなら売主は最終的に売却をサポートしてくれた不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払うからです。

しっかりサポートしてくれた不動産会社であれば気持ちよく仲介手数料を支払うことができるでしょう。逆に途中で不信感やトラブルを招いてしまうと最後の支払いが気持ちよく行えないこともあります。

このような事態を回避するためにも無料一括査定を利用して不動産会社の対応を比較してみましょう。対応はもちろん査定額もしっかり比較しましょう。

複数の不動産会社に査定額を提示してもらうことで、納得のいく価格を提示してくれた会社と契約することができます。信頼できる不動産会社をみつけて気分よくスムーズに売却を進めましょう。

相場を把握することができる

不動産の無料一括査定を利用すると一度に複数の不動産会社に査定を依頼することができます。もちろん複数に依頼するかどうかは個人の自由です。そのため1社だけで十分という人はそれでも構いません。

ただし、ここで覚えておきたいのは不動産の査定額は査定する会社によって変動するという点です。つまり1社だけに査定を依頼するとその会社が提示した金額しかみることができないということになります。

この点で、無料一括査定は同時に複数の不動産会社に査定依頼が可能です。査定額を比較すれば、不動産の相場を把握することが可能となります。

不動産の相場を把握することはスムーズに売却を進めるためにも重要なポイントです。相場を把握しておけば売り出し価格を適格に決定することができるでしょう。不動産の売却では売り出し価格の設定を間違えると損をしてしまったりなかなか売れずに結局値下げしたりすることになることが多くあります。

こうした事態を避けるためにも無料一括査定を活用して不動産の相場を把握しておきましょう。

不動産の無料査定を利用するデメリット

無料一括査定の利用にデメリットはないのでしょうか。大きなメリットがある点は解説しましたが、利用するうえで理解しておきたいデメリットがいくつかあります。デメリットを把握して利用するサイトの選択や無料一括査定の特徴をうまく活用しましょう。

提携会社が少ない場合がある

無料一括査定を提供しているサイトは複数あります。どのサイトを利用すればよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。もしも選択したサイトが提携している不動産会社数の少ないサイトだった場合にはよい不動産会社と出会える確率が低くなってしまいます。

無料とはいえ提供している情報や提携している不動産会社の数などはしっかりと確認してから利用するようにしましょう。利用するサイトを間違えてしまうと結果的によい不動産会社に依頼することができなくなってしまう点がデメリットです。

この点に関しては自分で事前調査を行うことで回避できますので少し手間にはなりますが、少しでも高額で不動産を売却するための手間と考えて作業を怠らないようにしましょう。

しつこい営業を受ける場合がある

同時に複数社に査定を依頼できる点がデメリットになる可能性もあることはよく理解しておきましょう。

どういうことかというと、査定を申し込む際にはメールアドレスや電話番号を入力する必要があります。そのため査定を依頼した途端に複数の不動産会社からメールや電話による営業がスタートすることは覚悟しておきましょう。

不動産会社は自社と契約してもらいたいと考えているため当然、営業をかけてきます。査定を依頼したからにはある程度のアプローチを受けることは許容しましょう。

ただし、なかにはかなりしつこく営業してくる不動産会社もあります。独自の基準を設けて提携する不動産会社を審査しているサイトであれば悪徳な業者に出会う可能性は低いでしょう。ただこうした審査を行なっていないサイトも存在しています。

この場合には残念ながら悪徳な業者に出会ってしまう可能性が高くなるでしょう。あまりにしつこい場合には着信拒否にするなどこちらから切り離すことも必要です。対応が丁寧でしつこく営業してこない不動産会社を見極めて対応することも大切になります。

多忙で一気に何社もの対応ができない場合には、2社ずつを複数回など小分けにして査定を依頼するなど工夫することも大切です。

査定価格はあくまでも概算価格となる

査定額を比較しているとなかには極端に高額な金額を提示してくる不動産会社もあります。金額だけをみると高額で売却してくれる不動産会社を選びたくなるでしょう。これは当然の心理です。ただしここに落とし穴があるケースもあるため注意が必要です。

一括査定で出される査定額はあくまでも所有者が入力した情報だけを参考に算出した簡易査定の金額です。そのため実際に訪問査定をして細かな部分まで調査したら査定額が下がったということはよくあることと考えておきましょう。

無料一括査定で得られる査定額情報はあくまでも目安です。そのためその金額で必ず売却できるわけではないということを理解しておかなければ不動産会社とトラブルになる可能性もあります。

とくに極端に高額な査定額を提示してくる不動産会社には査定の根拠を確認することをおすすめします。査定の根拠が曖昧で簡易査定だけで相場よりも極端に高額な査定額を提示してくる不動産会社は顧客獲得のために高額提示している可能性が高いといえます。

この場合、たとえ不動産会社が提示してきた高額な金額で売り出したとしても相場よりもかなりかけ離れた金額の不動産に手を出す購入者はなかなかみつかりません。チャレンジ価格として挑戦してみてもよいかなという気持ちで臨むのであれば問題ないでしょう。

ただしあくまでもチャレンジ価格なので売れなければどんどんと値下げしていく必要があることは理解しておきましょう。値下げを繰り返す不動産は買主からみるとなにか問題があって売れないから値下げしているのかもしれないという疑念ももたれやすくなります。

さらに売れない期間が長くなると売れ残りの不動産というイメージもつきやすくなるでしょう。こうなると当初予定していた希望価格よりも値下げして売却しなければならなくなることもあります。

こうなっては本末転倒です。つまり不動産の売り出し価格はやはり相場にあわせた価格でスタートするほうがスムーズに売却できる可能性が高いということです。

悪徳な業者に捕まらないように売主も賢くなっておくことが大切です。

不動産の無料査定を利用するときの流れ

では不動産の無料査定を利用するには具体的にどのような手順を踏めばよいのでしょうか。不動産の無料査定を利用するときの流れについて解説します。

一般的な無料査定の場合

一般的な無料査定を依頼する場合には次のような手順で進めていきましょう。

  1. インターネットで査定を依頼の申し込みをする
  2. 権利関係や法令に基づく制限の確認が行われる
  3. 机上査定が行われる
  4. メールや電話によるヒアリングが行われる
  5. 不動産の訪問調査
  6. 売却に必要な諸費用の見積もり
  7. 訪問査定

おおよそこのような流れで査定が進んでいきます。3番目までは最短で1分で完了するというサイトもあります。その後4番目以降については自分がその不動産会社に興味があるかどうかで話を進めるか断るかを決めるとよいでしょう。

匿名査定の場合

無料査定には実は個人情報を入力しなくてよい匿名査定もあります。査定後の営業対応が嫌、まだ本格的に売却は検討していないけれど査定額を知りたい、こうした人は匿名査定の利用もおすすめです。

匿名査定を利用する手順については次のとおりになります。

  1. 査定を依頼する物件の所在地を入力(おおまかな所在地でもOKです)
  2. 匿名で査定依頼を送信
  3. 条件に該当する不動産会社に情報が送られる
  4. 概算価格がメールで送信されてくる
  5. 本格的に査定してもらいたい不動産会社があるか検討
  6. 不動産会社に自分の情報を送信

このように最終段階まで自分の情報を公開しなくてすむ点は匿名査定のメリットです。4番目の概算価格についても不動産会社に直接自分のメールアドレスを知られずにすむシステムを採用しているサイトも多くあります。

とりあえず気軽に査定してもらいたいという場合には匿名査定がおすすめです。ただしこちらもあくまでも概算査定であるという点はよく理解しておきましょう。

AI査定の場合

最短10秒で不動産の査定ができる方法があります。それがAI査定です。AI査定は人工知能が不動産の査定額をはじき出す最新のシステムになります。具体的な手順は次のとおりです。

  1. 不動産の種類を入力
  2. 郵便番号・住所を入力
  3. 居住中か空き家かを入力
  4. 土地面積・建物面積を入力
  5. 築年数を入力
  6. 建物の構造を入力
  7. 間取り・階層・駐車可能台数を入力

この7ステップで作業完了です。個人情報としては住所の入力のみになります。サイトによっては細かな情報は任意で構わないためわからない情報や知られたくない情報は入力しなくてもよいケースもあります。ただし少しでも正確な査定額を知りたい場合には正確な情報を入力することをおすすめします。

不動産の無料査定に関するQ&A

無料査定を依頼する際に疑問や不安を感じる人もいるでしょう。よくある質問事項について解説しておきますので参考にしてください。

査定を申し込んだら必ず契約する必要があるのか?

無料査定を利用したら契約しなければならないのではないだろうかという不安を感じている人は多いでしょう。結論からいうと必ず契約する必要はありません。

実際、一括無料査定の場合には複数の不動産会社にまとめて依頼をするため最終的には1社に絞らなくてはなりません。つまりほかの不動産会社はお断りをしなくてはならないということです。

このように査定を依頼したからといってすべての不動産会社と契約していては大変なことなってしまいます。不動産会社との契約では複数の不動産会社と同時に契約が可能な一般媒介契約という契約方法もあります。

ただし、この契約を結ぶデメリットは複数社が抱えている不動産という認識から売却活動をあまり積極的に行なってもらえない可能性がある点です。このデメリットを回避するには可能であれば1社とのみ契約することがおすすめになります。

無料査定の結果はあくまでも参考程度にと考えて、気楽に査定依頼をして興味の持てない不動産会社ははっきり断るという気持ちでいるとよいでしょう。

査定が無料で受けられるのはなぜ?

不動産会社はなぜ無料で査定をしてくれるのでしょうか。査定も有料にすれば儲かるのではないでしょうか。実際、不動産以外の業界では査定料を徴収するものもあります。

無料といわれるとかえって不信感を感じてしまうという人もいるでしょう。ただ不動産業界の場合、査定で利益をあげるということはしていません。不動産会社は査定よりも仲介手数料で利益をあげているためまずは顧客を獲得するためにスタート時の査定は無料で行っているのです。

つまり営業の一環なのだと考えると受け入れやすいでしょう。無料をいいことに顧客獲得のために悪質な手段を使ってくる業者もいますのでそのような業者につかまることがないように売主もしっかり知識を身につけておきましょう。

有料査定との違いは?

無料査定にどうしても抵抗がある人は有料査定を利用することもあるでしょう。無料査定と有料査定はどこに違いがあるのでしょうか。簡単に解説すると無料査定は不動産会社の担当者が査定するのに対して、有料査定は不動産の専門家である不動産鑑定士に査定を依頼しています。

具体的な違いは次の表のとおりです。

項目無料査定有料査定
査定する人不動産会社の担当者不動産鑑定士
特徴営業目的が大半証拠資料の側面が強い
利用のシーン不動産売買遺産相続、法人の不動産取引

このように無料査定と有料査定はまったく異なる査定方法であることがわかります。自分はどちらを利用したいのかをよく考えてから選択するようにしましょう。

不動産売却を検討しているならまずは無料査定を受けよう

不動産の売却を検討しはじめたらまずは無料査定からスタートしましょう。無料査定には一括査定と自分で不動産会社に訪問する方法の2種類があります。

売却にどのくらいの時間と労力をかけることができるかによってどちらを選択するかを考えてみるとよいでしょう。

すまいステップの無料一括査定は一度に4社に査定を依頼することが可能なため時短したい人にはおすすめです。独自の基準をクリアした全国の優良不動産会社とのみ提携しているため安心して利用することができる点も魅力です。

【完全無料】うちの価格いくら?