家を売るならリフォームは必要なのか?節約して見た目をよくするコツ

家の売却を考えたときに気になるのがそのままの状態で売り出してよいのかという点ではないでしょうか。少しでも見栄えをよくしたほうが売れやすいのではないかと考えることもよくあることです。つまりはリフォームをしてから売りに出したほうがよいのかどうかという問題です。

この記事では家の売却前にリフォームをする必要があるのかについて解説します。できるだけ節約して見た目をよくするコツについても解説しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

家を売る時にリフォームが不要な3つの理由

家を売却する際、必ずリフォームをする必要はありません。なぜリフォームが必要ないのかについて3つの視点から解説します。

リフォーム費用分を上乗せすると売却が難しい

リフォームを行うということはそれなりの費用が必要ということです。リフォームの内容や規模にもよりますが場合によっては数百万円のお金が必要になることもあるでしょう。こうなると影響を受けるのが売り出し価格です。

できるだけ高額で売りたいがためにリフォームを行ったのであれば、当然売却価格にもリフォーム代を上乗せして売り出すことになるでしょう。こうなってくると相場よりも高額な価格で売り出すことになるケースも少なくありません。

相場よりも高額な物件に関しては、よほど好条件でなければなかなか買い手がつかない可能性が高くなります。そのためリフォームをすることでかえって売却条件を悪くしてしまうこともあるという点は理解しておく必要があるでしょう。

リフォームをすると需要が下がる可能性がある

売主としては少しでも快適な環境、見た目のよさを考えてリフォームを行うでしょう。ただ、人の好みはそれぞれです。こちらがよかれと思ってしたことでも、買主にとっては好みにあわないというケースも少なくはありません。

不動産の購入を検討している人のなかには意外と購入後に自分好みにリフォームしたいと考えている人も多くいます。そのためリフォームせずにそのままの状態で売却したほうが需要が高いということも考えられるのです。

リフォームをしたことで需要を下げてしまうことがあり得るという点も理解しておきたいポイントです。

リフォームが終わるまで家を売れない

リフォームのデメリットは、数日間から数週間にわたって自宅に業者が出入りする点にあります。空家の状態のリフォームであれば気兼ねなく対応できますが、居住している状態でリフォームする場合には色々と不都合が出ることも想定しておきましょう。

部分的なリフォームであれば数日で終わるためさほどストレスになることはないでしょう。ただ、フルリフォームなどの大がかりなリフォームとなると場合によっては仮住まいを用意して一度家を空ける必要も出てきます。

こうなると余計な費用が必要にもなってきます。フルリフォームに至っては半年以上かかることもあるでしょう。費用の問題もありますが、リフォームが完了するまで家の売却ができないため売却を完了するまでにかなりの時間を要するという点もよく理解する必要があります。

できるだけ早く売りたいという人にとってはリフォームは時間とお金がかかるためどうしても必要な場合を除いては部分的な修繕やリフォームにとどめておくというのもひとつの考え方です。

家をリフォームして売るメリットはあるのか

では家をリフォームして売る場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。時間と費用をかけるからには何かしらのメリットがないと意味がありません。ここでは家をリフォームして売るメリットについて解説します。

見た目のよい家で購買意欲が高まる

不動産を探している人がまず最初に目にするのは外観です。外観がボロボロの家は第一印象が悪くなる可能性が高く、家の内部や設備を確認する前に候補から外されてしまう可能性が高くなります。

リフォームをすることでまず第一印象をよくすることができるという点はメリットです。第一印象がよければどんな間取りなのか、どのような設備が備わっているのかというところまで興味を持ってみてもらうことができるでしょう。

不動産を探している人の購買意欲を高めるという点ではリフォームをしておくことはメリットになります。

購入する人はすぐに新生活を始められる

リフォームがすんでいる物件であれば購入した人がすぐに生活をはじめることができるというメリットもあります。購入してからリフォームを開始すると工事が完了するまでは入居できないため急いで引っ越したい人などにとっては候補から外れてしまうでしょう。

とくにフルリフォームを検討している人の場合は、工事完了までかなりの時間がかかるため物件を購入してもなかなか新しい生活に切り替えることができずに落ち着かない生活を送ることになるでしょう。

こうした点ではすでにリフォームされている状態を気に入ってもらえれば購入してもらえる可能性が高くなります。

リフォーム前よりは高額で売れやすい

古い物件はそのまま売却すると修繕箇所や劣化箇所を指摘されて値引き交渉をされる可能性が高くなります。その点でリフォームをしておけば相場価格で売却できる可能性が高くなるでしょう。

売却額をアップさせたい場合にはリフォームにかかる費用と相場をよく理解してリフォームの程度を考えるとよいでしょう。リフォームをしたからと言って相場よりも高額な売り出し価格にしてしまってはなかなか買い手がつかない状態に陥る可能性もあるため注意が必要です。

リフォームなしで売る家の見栄えをよくするコツ

リフォームにそれほど費用をかけたくない、費用をかけることができない場合にはどうすればよいのでしょうか。リフォームなしでも努力次第で家の見栄えをある程度よくすることは可能です。できる努力はしっかりとしてスムーズに家を売却できるようにしましょう。

リフォームなしで家の見栄えをよくするコツについて解説します。

自力で家の掃除や整理整頓をする

まずは清潔感のある整理整頓された家であるという印象を持ってもらうことが大切です。乱雑で雑然とした印象の家では買主も魅力を感じにくいでしょう。内覧の段階でまだ居住している場合にはとくに生活感が丸出しにならないようにある程度の片付けは必要です。

荷物が多すぎる場合にはトランクルームを利用したり不動産会社の荷物一時預かりサービスを利用したりしてできるだけ物を減らしておくことも大切なポイントになります。

さらに水回りの清潔さは重要です。最低限の掃除と物の片付け、古さを感じさせない工夫なども行うとよいでしょう。水回りは必ずといってよいほどチェックされる箇所であるため壊れている場合はそこだけでも修繕しておくとよいでしょう。

よりきれいにしたいのであれば思い切ってハウスクリーニングを依頼するという方法もあります。

内覧で室内を明るくしておく

購入希望者が出た場合には内覧会を開催します。この内覧会でどのような印象を持ってもらえるかで契約が決まるかどうかが左右されます。内覧会では第一印象をよくするために庭や玄関周りの手入れも忘れないようにしましょう。

さらに照明は全部つけておき、カーテンも開けておくことがおすすめです。明るい印象の家はよいイメージを持ってもらえる可能性が高くなります。もしも電球が暗いようなら明るいものに取り替えるといった努力も必要です。

ホームステージングを依頼する

リフォームまではできないけれど多少の費用はかけられるという場合にはホームステージングの利用もおすすめです。ホームステージングは売却したい物件をより魅力的にみせることを目的とした手法になります。

具体的には売却したい不動産に対してインテリアコーディネートを施すことで物件をより魅力的にみせることができるように専門家にサポートしてもらうということです。内覧会のわずかな時間でより印象に残る物件に仕上げるためにさまざまな工夫が施されます。

ただ整理整頓されている家よりもおしゃれで生活しやすい印象を持ってもらえたほうがより購入確率が高くなるでしょう。

ホームステージングの相場は150,000〜300,000円とされています。業者によってはさまざまなプランが用意されており、アドバイスだけを受けることも可能です。現在家にあるものでコーディネートするだけでなく家具のレンタルもできる場合があります。

リフォームをするよりは安くすませることができる点では利用価値があるといえるでしょう。

家を売るためにかかる費用をさらに節約する方法

家の売却にはリフォーム費用以外にもさまざまな費用がかかります。リフォームをするしないという問題も大切ですが、ほかの部分で費用を節約しておくことも大切です。家を売るためにかかる費用をさらに節約する方法について解説します。

家を売った後に確定申告

不動産の売却で利益が出ると税金が課税されます。この税金を節約するためには売却後に確定申告を行いましょう。そもそも売却益がでた場合には必ず確定申告をして譲渡所得税を納める義務があるためこれを失念しないようにすることも大切です。

支払う税金は特別控除を利用することでかなり節税することも可能になります。マイホームであれば最大3,000万円の特別控除を受けることも可能です。売却益から3,000万円が控除されるとかなりの節税になります。

また不動産を売却して損をしてしまった場合も確定申告をすることで損益通算を利用することができます。損益通算は不動産が売れた年のその他の所得から損益を差し引くことができる仕組みです。最大で4年間繰り越すことも可能となっています。

自身で売る家の登記手続き

不動産の売却では抵当権の抹消手続きや名義変更の手続きを行う必要があります。登記を明確にしておくことはトラブル回避には重要なことです。不動産の売却では登録免許税と司法書士手数料の2種類があります。

登録免許税は次の方法で算出します。

登録免許税=固定資産税評価額×税率

税率については、相続の場合で0.4%、遺贈・贈与の場合で2%、売買などでは原則2%と定められています。

抵当権の抹消については不動産の個数で費用が計算されますが1個あたり1,000円です。つまり自分で手続きを行えば抵当権抹消の1,000円と登録免許税の支払いのみで完了します。

ただここで問題となるのが自力で手続きすることが難しく司法書士に手続きを依頼したケースです。司法書士に手続きを依頼すると司法書士に実費用と代行費用を支払う必要がで出てきます。司法書士への報酬については依頼する事務所によって異なりますが、おおよその相場は10,000〜30,000円とされています。

自力で手続きを行えばこの部分が節約できるというわけです。

仲介手数料の交渉

不動産売却で必要な大きな手数料というと売却が成立した場合に不動産会社に支払う仲介手数料になります。仲介手数料については上限が定められています。これは悪徳な業者が法外な手数料を要求することがないように売主を守るという意味も含まれているのです。

下限については定めがありません。そのため仲介手数料を値下げしてもらえないかという交渉をすることも可能です。仲介手数料は不動産会社にとって利益になる部分であるためそう簡単に値下げ交渉に応じてくれる不動産会社はみつからないかもしれません。

ただいくつかの不動産会社を比較すれば交渉を受けてくれそうな不動産会社をみつけることもできるでしょう。不動産会社の選定には一括査定サイトが便利です。

すまいステップの一括査定サイトでは売却した不動産の情報を一度入力するだけで最大4社にまとめて査定を依頼することが可能になっています。不動産会社のなかには残念ながら悪徳な業者も存在するため、できるだけ悪徳業者を排除しているサイトを利用したいものです。

すまいステップでは自社独自の基準を設けており、その条件をクリアした全国の優良な不動産会社のみと提携しているため安心して利用することが可能になっている点が魅力です。

家を売る時のリフォームの疑問

家を売却するタイミングでリフォームを検討しているとさまざまな疑問が湧いてくることもあるでしょう。ここでは家を売却するときのリフォームでよくある疑問についてまとめておきます。

もしリフォームをするならどこがよいか

売却する家のリフォームにはあまり費用をかけたくないという人もいるでしょう。そのような場合にはフルリフォームではなく部分的なリフォームを行うことも検討してみるとよいでしょう。この場合はどこをどのようにリフォームすれば家全体の印象がよくなるかをよく考える必要があります。

自分がこの家を購入するとしたらどこが気になるだろうかと考えてみましょう。とくに購入者が気にするのは水回りの設備や汚れ、劣化です。トイレ・浴室・洗面所などがきれいな状態だと清潔感を感じることができるでしょう。

特に浴室やトイレは毎日使う場所であるためできるだけ使い勝手がよく清潔感があることが求められます。またフローリングや畳も傷みが目立つ場所については部分的にリフォームしておくことで清潔な印象を与えることができるでしょう。

さらに内装だけでなく外からみたときの印象も大切です。外壁は塗装が色あせていないかひび割れがないかなどをチェックしてみましょう。補修が必要そうな箇所は部分的にでも補修しておくことをおすすめします。

庭の手入れも忘れずに行いましょう。庭に不要なものがたくさん転がっていると買主はあとからこれを自分たちが処理することになるのかもしれないと余計な不安を感じて印象が悪くなることもあります。庭がきれいに整頓されているだけでも第一印象がよくなるため掃除は細やかに行いましょう。

リフォームの必要性は誰に相談するか

リフォームが必要かどうかについては自分だけではなかなか判断が難しいところもあります。では誰に相談すればよいのでしょうか。基本的には媒介契約を結んでいる不動産会社に相談してみて問題ありません。売却活動を行う上で、より効率的かつ高額に売却するにはどうすればよいかを相談してみましょう。

そのなかでリフォームの必要性があるかどうかも相談するとよいでしょう。リフォームに大金をかければ高額で売れる可能性が高いという場合であればフルリフォームも視野に検討することもできます。

ただ、リフォームしても売れる可能性はさほど変わらないという場合はお金を使うだけむだになってしまうため部分的な補修やハウスクリーニング程度でとどめておくという判断ができるでしょう。

このように信頼できる不動産会社と媒介契約を結んでおけば売却に関することをなんでも相談することが可能です。費用対効果を考えた売却活動を的確に行うためにも信頼できる不動産会社を選んでおくことは大切です。

リフォームしていない家はどこをアピールするか

大々的なリフォームをしている家であればその点を大きくアピールして売却活動を進めることができます。設備なども新しくなっていれば購入希望者も興味を持って内覧の希望を出してくる可能性が高くなるでしょう。ではリフォームをしていない家の場合はどのようにアピールすればよいのでしょうか。

リフォームをしていないということは、見方を変えればリフォームをしなくてもまだまだ生活できるだけの設備や空間が維持できているということでもあります。この場合には家のスペックについてアピールするのもひとつです。

間取りや動線のよさなど生活していた人にしかわからない利便性をアピールするのもよいでしょう。さらには生活していくうえでの利便性も大きなアピールポイントになります。近隣にどのような施設があるのか、商業施設へのアクセスの便利さなどもアピールしましょう。

マンションに関しては管理の充実性が大きなアピールポイントになります。ゴミの出しやすさや住まいのトラブルがあったときの対応などがよいマンションであれば購入希望者にとってもよい情報になるでしょう。

もうひとつはインスペクションを受けておくということです。インスペクションは建物の劣化度合いや欠陥の有無などについて不動産の専門家に調査を依頼することを指します。インスペクションを行えるのは既存住宅状況調査技術者講習を受けた建築士だけです。

そのため第三者が専門的な知識を持って調査したことを伝えることができれば買主も安心して購入することができるでしょう。

ただし注意したいのは調査の結果、修繕が必要と判断された場合には修繕のための費用が必要となる点です。さらにインスペクション自体にも依頼料やオプション料金・書類作成費用などが必要となります。総額の相場としては60,000〜100,000円とされています。

リフォームを行うよりは安くすませることができるため検討してみてもよいでしょう。

家を売る時のリフォームは不動産会社と相談してから実行

家を売る際に売却前にリフォームをしておくべきかどうかは悩むところです。売却してしまえば自分のものではないためリフォームしても自分が快適に暮らせるわけではありません。ただ、高額で売却するには少しでも家の条件をよくする必要もあります。

そのためリフォームを検討する人が多いのです。リフォームで悩んだら媒介契約を結んでいる不動産会社に相談してみましょう。リフォームをしなくても売れる可能性があるのであれば無理にリフォームを行う必要はありません。

逆にリフォームをすれば今よりも高額で売れる可能性がある場合にはフルリフォームなのか部分的なリフォームなのかも含めて検討する必要が出てくるでしょう。

いずれにしても信頼できる不動産会社と一緒に売却活動を進めておくことでこうした相談も気軽に行うことができます。信頼できる不動産会社を探すには一括査定サイトの利用がおすすめです。いざというときでもすぐに対応してくれる不動産会社をみつけておくことが売却を成功させるコツです。

すまいステップの一括査定サイトでは独自の基準で厳しく不動産会社を厳選しているため全国の優良な不動産会社のみに査定を依頼することが可能です。そのなかで自分とマッチする会社を選択して売却活動を進めていける点は大きな魅力です。

【完全無料】うちの価格いくら?