横浜で不動産売却を成功させるには?高く売るためのポイントを解説

不動産の売却を成功させるには、売却予定のエリアについての理解を深めることが大切です。エリアによって特徴は異なり、不動産の売却相場が違うこともあります。

横浜はブランド力のある地域ですが、詳細なエリアによって不動産の売却事情は異なります。横浜の不動産売却事情や売却のポイントを知り、少しでもお得に不動産を売りましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

横浜の不動産で資産価値が高いエリアは

横浜の中でも、次のエリアにある、あるいは特徴を持つ不動産は、資産価値が高いため高額売却しやすいです。

  • 都心に近い中区と西区
  • 駅の近く
  • 商業地の神奈川区
  • 一世帯の住宅

どのような不動産が人気なのかを知り、高値で売却できる不動産の特徴を把握しておきましょう。

都心に近い中区と西区

横浜市の中央エリアである中区と西区は、都心へのアクセスのよさから人気が高いです。横浜市の中心であり、商業地域が多いため、生活の利便性も高いです。都心に近くて交通アクセスがよく、商業施設なども充実しているため、資産価値が上がりやすいエリアといえます。

駅の近く

駅の近くは交通アクセスのよさから、人気のエリアです。特に高値で取引されやすいのは、中区のみなとみらい線やJRに近い立地です。これらの沿線だと通勤や通学に便利であり、観光スポットも多数あるため、人気の高さから高値で取引される傾向にあります。

商業地の神奈川区

神奈川区は「ザ・ヨコハマタワーズ」や「横浜ベイクォーター」などの商業施設があり、人が多く集まるエリアです。商業地としての人気が高い神奈川区ですが、住宅地としても利用されています。そのため、利便性の高いエリアであることから、住宅地の需要は高く、売却相場も高いです。

一世帯の住宅

横浜では親世代との同居率が低いため、二世帯住宅の需要は多くありません。そのため、高値で取引されやすいのは一世帯住宅です。広くて住宅設備が充実した二世帯住宅でも、需要の低さから高値での売却が難しいこともあるため、基本的には一世帯住宅のほうが好条件で売却しやすいことは覚えておきましょう。

横浜の不動産の種類別の売却相場

横浜での不動産売却を考えているなら、不動産の種類別の売却相場を把握しておくことが大切です。

  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • 新築戸建て・中古戸建て
  • 土地

同じエリアでも、不動産の種類によって売却相場は変動することがあります。

新築マンション

横浜ではマンション開発が規制されており、新築マンションを建てることができません。これは乱開発を抑制するためです。新築マンションが建てられないため、絶対数自体が少なくなっており、取引数が少ないことは覚えておきましょう。

新築マンションは基本的に高額で売却できますが、取引数が少ない、つまり需要が低いことから、売却価格は低くなってしまう場合があります。

中古マンション

日銀が金融緩和を発表して以来、住宅ローンの金利は低くなっています。そのため、中古マンションが購入しやすくなり、需要が増大したことから取引価格は高騰傾向にあります。

横浜では新築マンションよりも中古マンションの需要が高まっているため、エリアによっては高額での売却も期待できるでしょう。

新築戸建て・中古戸建て

横浜では中心エリアよりも、西部の地域のほうが戸建てが多いです。中央エリアはマンション、西部地域は戸建てが多く、需要も高いと考えましょう。新築と中古はそれぞれ取引件数が多く、郊外のエリアでの需要が高いため、高値で売却できるケースも多いです。

土地

2008年のリーマンショック以来、横浜の地価は上昇傾向にあります。地価が上昇しているため、土地は好条件で売却しやすいです。ただし、地価の上昇はいつまで続くか不明であるため、お得に売却したいなら価値が上がっている今のうちに手放すことがおすすめです。

横浜の不動産を高く売却するためのポイント

横浜にある不動産を高値で売却するには、いくつかポイントがあります。

  • 取引が多い売却の時期を選ぶ
  • 売却相場の把握に努める
  • 多くの実績を持つ不動産会社に依頼する
  • インスペクションを実施する
  • エリアごとの特性を把握する

細かいポイントを把握して売却活動に臨み、少しでもお得に不動産を売りましょう。

取引が多い売却の時期を選ぶ

不動産を好条件で売却するには、取引が多い時期を選ぶことが大切です。横浜では2~3月や9~10月に不動産取引が増えやすいため、これらの時期が狙い目でしょう。

2~3月や9~10月に取引が増えるのは、新生活を目前にして住居を構える人が多いことや、転勤などで他の地域からの人の流入が増えることが理由です。

不動産需要が増えることで高値で売却しやすくなりますが、上記の時期を過ぎると需要は一気に減り、売却条件も悪くなります。不動産は3ヶ月から半年程度が売却期間の平均であるため、狙い目の時期に売れるように余裕を持ってスケジュールを組んで売却活動に臨みましょう。

売却相場の把握に努める

不動産を売り出す前には、売却相場を把握しておくことが大切です。相場を把握しておくことで、いくらで売り出すと売れやすいのか、損をしないのかが判断できます。また、相場価格を理解しておくと、不動産会社が提示する査定に対して、どれくらいの金額が適切なのかも判断しやすくなります。

括査定サイトで複数の不動産会社から査定を受けておくと、各社が提示する条件の比較が可能です。最低3社以上を目安に査定を受けておくことで、それぞれの査定額を比較して、よりリアルな相場価格がわかります。

一括査定サイトのすまいステップは、物件情報を登録すると複数社から同時に査定を受けられます。効率的に査定額の比較ができるため、売却相場がどれくらいなのかを理解しやすいでしょう。

多くの実績を持つ不動産会社に依頼する

売却を依頼する不動産会社は、実績を確認しておくことが大切です。横浜での不動産売却実績が豊富なら、その地域での売り方のノウハウを蓄積している可能性が高く、好条件で売却しやすくなります。

また、実績が豊富なら、横浜で不動産購入を考えている顧客を抱えている可能性も高く、スムーズに買主を見つけられるでしょう。不動産会社によって実績やどの種類の不動産売却に強みがあるかは異なります。

仲介を依頼する不動産会社は複数社で比較し、実績が豊富で信頼できる業者を見つけることが、売却を成功させるポイントです。

インスペクションを実施する

家を売るなら、事前にインスペクションを実施しておくことがおすすめです。インスペクションの実施によって家の詳細な状態を調査しておくと、買主に安全性に問題がないことをアピールしやすくなります。

また、調査によって問題が発覚した場合は、売却前に対処することも可能です。家の状態を正しく把握してから売却することで、引き渡し後に契約不適合責任を追及されるリスクも減るため、安全かつ好条件での売却を実現しやすいです。

エリアごとの特性を把握する

横浜はエリアごとに特性が異なるため、この違いを把握しておく必要があります。例えば中心地ならマンションの需要が高く、西部地域や郊外などは、戸建ての需要が高いです。

エリアによってどの不動産の需要が高いかが異なるため、それぞれの特性を把握して不動産売却に臨むことで、需要を獲得して好条件で売却しやすくなります。

横浜の不動産を売却するときの注意点

横浜の不動産を売却する際には、注意すべきポイントもあります。

  • マンションの開発に規制がある
  • 新築より中古マンションの流通が活発
  • 売却が難しいときは買取を検討する

売却成功のポイントに加えて注意点も理解しておくことで、失敗なく不動産売却を行いやすくなります。

マンションの開発に規制がある

横浜は乱開発を防ぐために、新築マンションの開発が規制されています。住宅地としての人気があり、マンションが増えすぎてしまうことが、開発規制をかけられた理由です。

規制によって新たにマンションは建設されない状況であるため、新築マンションを投資用に購入し、売却することは難しいと考えましょう。

新築より中古マンションの流通が活発

開発規制によって新築マンションの建設は規制されており、新築マンションの供給は少ないです。そのため、横浜の市場では新築よりも中古マンションのほうが供給が多く、取引も活発です。

需要の少ない新築マンションよりも、市場が活発に動いている中古マンションのほうが好条件で売却できるケースがあることは、エリアの特性として理解しておく必要があります。

売却が難しいときは買取を検討する

不動産を所有するエリアや物件の状態によっては、仲介による売却が難しいこともあります。個人の買主を見つけて売却することが難しいなら、仲介ではなく不動産会社による買取を検討することがおすすめです。

買取なら不動産会社との契約のみで引き渡しが行えるため、最短1週間程度での売却が可能です。ただし、買取の売却価格は仲介相場の7~9割程度であり、売却価格は下がると考えましょう。

仲介よりも安値での取引にはなるものの、素早く売却でき、かつ確実に現金化ができるため、仲介での売却が難しいと判断したなら、買取に切り替えることがおすすめです。

コツを覚えて横浜の不動産売却を成功させよう

横浜での不動産売却を成功させるには、売却のコツを覚えておくことが大切です。不動産の種類によって需要が変動したり、エリアによってどの不動産種別が人気だったりするのかは、押さえておきたいポイントです。

横浜ならではの地域性や不動産市場の動きを把握しておくことが、売却を成功させるポイントといえます。地域性を正しく理解し、工夫して売却活動に臨むことで、横浜での不動産売却を成功させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?