土地査定を受けて最新の価値を知ろう!一括査定で複数社へ依頼

土地の売却を検討している場合、査定依頼からスタートすることがおすすめです。所有している土地がどのくらいの価格で売却できるかを査定額から判断しましょう。土地査定を受けることで近隣土地の最新相場を知ることもできます。
この記事では土地査定の基本的な条件について解説します。査定の際にチェックされるポイントについても解説しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

土地の査定は売却前に必須

土地の査定は売却活動を行う前には必ず行うようにしましょう。査定を利用しておくことで自分が所有している土地がどの程度の価値があるのかを知ることができます。相場を把握しておくことにどのような意味があるのでしょうか。
土地査定は複数社への依頼がおすすめです。複数社に査定を依頼することで当然、査定額の比較ができます。いくつかの土地価格を把握しておくことで相場を理解することにつながると考えましょう。
相場を理解しておかないと適正価格よりも安く売却してしまう恐れがあることも理解しておきましょう。

土地の査定で価値が決められるポイント

土地査定で価値を決定するにはいくつかのポイントをおさえておく必要があります。

周囲の似た土地での売却実績

土地の査定は取引事例比較法に基づいて行われます。取引事例比較法は査定を依頼した土地に似た土地を探し、過去の取引事例を参考にして査定額を算出するのが一般的です。
具体的には間口の広さの違い・面積や地形の違い・取引時期の違いなどがポイントです。これらを補正した額を査定額として提示するようになります。
参考とする取引事例はできるだけ直近のものを選択することが望ましいとされているのが特徴です。3〜6カ月が適当とされますが、どうしても十分な情報を得ることができない場合には最高で5年ほどまで遡ることもあります。
この場合、取引時期が異なると時期の違いによる経済情勢の違いを考慮する必要が出てくる点には注意が必要です。

指定地域の売却実績を調べる方法

売却したい土地のあるエリアを絞って売却実績を調べるほうがより正確な査定額を算出することができる点も特徴です。エリアを指定して売却実績を調べる方法について解説します。
指定した地域の売却実績を調べるには土地総合情報システムを利用する方法があります。土地総合情報システムは国土交通省が運用しているWebサイトです。不動産の取引価格や地価公示・都道府県地価調査の価格を閲覧することができます。
土地総合情報システムでは、不動産取引価格情報検索、地価公示・都道府県地価調査、不動産取引価格アンケート回答の3つの機能が利用可能です。不動産の種類別に取引相場を確認することができる点が特徴になります。

土地の周囲にある施設

査定では土地の周囲にある施設も重要なポイントです。たとえば土地から最寄駅やバス停が近いことは高いポイントになります。また役所や病院、学校などの施設も近いほど価値が高くなる点も特徴です。具体的には徒歩10分以内にどのような施設があるかで価値が決まると考えておきましょう。
さらに商業施設の近さも価値を上げるポイントになります。徒歩5分のエリアにどのような商業施設があるかを考えてみましょう。
逆に徒歩20分圏内に商業施設がない場合には価値が下がるといえます。さらに工場や高圧電線などがある場合も価値が下がる点は理解しておきましょう。

土地の形状による使い勝手のよさ

土地の形状も価値を判断するための材料です。土地の形状については土地があるエリアの標準的な整形地と比較して不整形の度合いを判断します。
減点法で評価されるため整形地を減点0とすると不整形でマイナス10点、極端な不整形はマイナス30点とされている点を理解しておきましょう。
不整形地とは奥行きが極端に長い、間口が狭いなどの特徴があります。さらに傾斜がある場合は造成が必要となるため需要が下がる可能性も考えておきましょう。

土地に設定された利用用途の制限

土地がある地域や面している道路の幅などで、土地に建てるものの面積や高さが制限されることがあります。これも査定額に大きく影響するため注意が必要です。
建てることができる建物が多いほど査定額もアップすると考えてよいでしょう。建てられるものが多いほど土地の購入を希望する人が増えるということになるため価値も高くなるということです。
逆に制限がかけられていて建てられるものの範囲が小さい土地ほど価値が下がる可能性は高くなります。

査定を受ける土地の広さ

土地の査定額は土地の面積とも関係してくる点は理解しておきましょう。土地単価が同じであれば面積が広いほど査定額は高額になります。ただし同エリア内で狭い土地と広い土地の単価が同じということはあまりありません。
また面積が広いから必ずしも高額査定になるとはいえない点も注意が必要です。土地面積が広くなると高額になるエリアと広くなると単価が低くなってしまうエリアがあります。
土地が広くて高額査定になるのはオフィスビルやマンションを建てることができるエリアです。こうしたエリアの場合、狭い土地は価格が低くなりがちになります。
このように広さ=査定額という単純な公式は当てはまらないことも把握しておくことが大切です。

土地の地下の状態

土地は見た目や形状、広さだけでなく地下の状態も査定額に影響を与えます。もしも地下に問題がある場合には査定額が低くなるでしょう。
たとえば、土壌汚染があったり地下埋設物があると価値が下がります。土壌汚染があった場合には専門家による調査が必要となり、査定が利用できないケースがある点は注意が必要です。
とくにマンション建設など大手に売却する場合には土壌汚染がないことを証明するための調査が必要になる点も理解しておきましょう。
また水道管の引き込み工事が必要な土地の場合も査定価格が低くなる可能性があります。

土地の査定は2種類の方法で依頼

机上査定と訪問査定の2種類が査定方法の基本です。これらの違いについて理解したうえでどのような査定を依頼するかを考えましょう。

立地や広さのデータで結果を出す机上査定

机上査定は実際の土地をみることなくデータを参考に査定額を算出する方法です。簡易査定と呼ぶこともあります。

  • 過去の成約価格
  • 現在、売却活動中の物件価格
  • 路線価や固定資産税評価額などの公的価格
  • 景気情勢
  • 土地の立地
  • 土地の広さ
  • 土地の利便性

こうした情報を参考に土地の査定額の目安を算出します。机上査定のメリットはすぐに結果を知ることができる点です。

現地で土地を確認する訪問査定

訪問査定は不動産会社が土地を確認してから査定額を算出します。

  • 過去の成約価格
  • 現在、売却活動中の物件価格
  • 路線価や固定資産税評価額などの公的価格
  • 景気情勢
  • 土地の立地
  • 土地の広さ
  • 土地の利便性

このようにおおよそ机上査定とチェックポイントは変わりません。ただし、訪問査定は現地を訪れて担当者が実際に土地を確認しているため机上査定よりも正確な査定価格が算出される点が特徴です。ただし机上査定がすぐに結果が出るのに対して訪問査定は結果が出るまでに時間がかかることを理解しておきましょう。

土地の価値は無料の一括査定サイトで調査

土地査定には2種類ありますが土地の売却を決定していないタイミングでは机上査定でおおよその査定額を知ることをおすすめします。手間をかけずに土地査定を行うにはどのような方法があるのでしょうか。
とくに利便性の高い無料一括査定サイトの概要について解説します。

一括査定サイトで土地の価値を調査するメリット

土地の査定を依頼したいけれど、まだ本格的に売却するか決めたわけではないという人もいるでしょう。査定額を把握してから検討したいという場合にも机上査定はおすすめです。
一括査定サイトはインターネット上で土地の情報を入力して複数社に一括で査定依頼ができます。簡易的でも簡単にすぐに査定額を把握したい場合には一括査定サイトの利用がおすすめです。
とくに査定については1社のみでなく複数社への依頼がおすすめとなります。相場をしっかりと把握することで本格的に売却活動をする際に売り出し価格を決定することが可能となるでしょう。

利用する一括査定サイトの選び方

一括査定サイトはさまざまな会社が運営しています。基本的にはほとんどが無料で利用できるため場合によっては複数のサイトを利用するという人もいるでしょう。ただ、一括査定サイトを利用すると査定を依頼した不動産会社から電話やメールで連絡がくるようになります。
多くのサイトを利用して、多くの企業にまとめて査定を依頼してしまうと、その対応に追われることになる点は注意しておきましょう。無料とはいえ一括査定サイトは限定して利用することがおすすめです。
ではどのようなサイトを利用すればよいのでしょうか。具体的には次のような項目をチェックして選ぶことをおすすめします。

  • 査定してくれるエリア
  • 登録している不動産会社を厳選しているかどうか
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 査定額が正確かどうか
  • 利用者からの口コミ

一括査定サイトのなかには査定できる範囲を絞っているものもあります。とくに都市部に特化しているサイトが多くあるため最初にエリアの確認はしっかりと行っておきましょう。
不動産会社の厳選については、多くの不動産会社と提携しているかどうかよりも、数は少なくても優良な不動産会社を選んでいるかを確認することが大切です。一括査定サイトが無料で運営できるのは、不動産会社にユーザーを紹介することで利益を得ているからと考えましょう。
そのため少しでも多くのユーザーを紹介して利益を得るために数多くの不動産会社と提携するサイトも少なくありません。数が多いから質が悪いかというとそうではありませんが、なかには提携先を厳選していないサイトもあるため注意が必要です。
サイトのなかに悪徳業者を排除する仕組みや、不動産会社の選定基準などが明示されているかどうかを確認することが、優良なサイトを選ぶためのポイントになります。
さらに土地の情報や個人情報を入力するという点で、これらの情報の取り扱いに慎重であるサイトを選ぶということも重要になるでしょう。個人情報保護方針やプライバシーポリシーなどをチェックすることも忘れないようにしましょう。
過去にそのサイトを利用した人の口コミを参考にするというのもひとつの方法です。ただし、口コミは誰でも記載することができるので信憑性についてはしっかりと判断することが大切になります。

一括査定サイトのおすすめはすまいステップ

一括査定サイトでおすすめなのはすまいステップです。すまいステップでは独自の基準で全国の優良な不動産会社とのみ提携しているため安心して利用することができます。
一度の情報入力で同時に査定依頼できるのは4社までです。査定依頼後の対応を考えても4社程度が負担もなく比較もしやすい数であるといえるでしょう。

すまいステップで土地の査定依頼を出す流れ

すまいステップで土地査定を依頼をする方法は次のとおりです。すまいステップではチャット形式で情報入力を進めていきます。必要項目は次のとおりです。

  • 土地の所在地
  • 土地面積
  • 希望売却時期
  • 氏名、年齢、メールアドレス

必要事項を入力したら査定の方法を選択します。「訪問査定を希望しますか」という質問に「はい」と答えた場合には訪問査定を依頼することも可能です。
ここまできたら不動産会社に要望を伝えます。これは任意です。不動産会社に伝えたい要望がある場合には「はい」を選択してから要望を入力しましょう。
次にあなたの希望にあった不動産会社が厳選して紹介されます。そのなかから査定を依頼したい不動産会社を選びます。不動産会社を選んだら「無料査定スタート」というボタンを押して査定依頼完了です。
査定依頼をしたら不動産会社から連絡が来るのを待ちましょう。早ければ数分で連絡が来ます。申し込みが夜間や不動産会社の定休日であった場合には連絡に少し時間がかかることもあるでしょう。
メールまたは電話で連絡が来るので、メールチェックも忘れないようにしておくことをおすすめします。

土地の査定を受けるときの注意点

土地の査定を受ける際に注意しておいたほうがよいポイントがいくつかある点にも注意が必要です。土地査定を依頼する場合に注意したい点について解説します。

土地の査定結果と実際に売却できる価格は違う

土地査定を受ける場合、とくに机上査定では査定額の高低で一喜一憂しないことが大切です。査定結果は不動産会社が直近の3カ月で売却できるだろうと判断した価格となります。これはあくまでも目安であると考えましょう。
売却価格は購入希望者との交渉などで下がることもあると理解しておくことが大切です。

売却を依頼する不動産会社は査定結果だけで選ばない

査定額を複数社に依頼したら各社バラバラの額を提示してくるでしょう。できるだけ高額に土地を売却したいというのが売主の本音です。ただし、極端に高額な査定額を提示してくる不動産会社には注意が必要である点は注意しておきましょう。
残念なことに不動産会社のなかには顧客確保のために相場よりも高額な査定額を提示してくる不動産会社もあります。この場合は、最終的に値下げされて想定よりも低い価格で売却することになりかねません。
ここで大切なのは査定結果の根拠を正確に説明できる不動産会社であるかどうかです。担当者と話をしてみて信頼できる会社であるかどうかをしっかり確認してから契約するようにしましょう。

土地の不具合は隠さない

査定を依頼するタイミングでわかっている不具合がある場合には正直に不動産会社に説明しておくことが大切です。不具合を知っていたのに隠していたとなると後々トラブルに発展することがあります。不動産会社が気がついて売却前に不具合を伝達できればよいでしょう。
ただこうなると不動産会社からの印象は悪くなると考えておく必要があります。また何も伝えないままで成約してしまった場合に、あとで不具合がみつかってトラブルに発展すると、賠償請求をされてしまうこともあると考えておくことが大切です。
こうならないためにも訪問査定の段階で認識している不具合についてはすべて伝えておきましょう。

土地の査定を受ける前の気になる疑問

土地の査定を受けてみたいけれど気になることがあって躊躇しているという人もいるでしょう。土地の査定を受ける前の気になる疑問について解説します。

査定公示地価を受けずに土地の価値を調べる方法はあるか

不動産会社に査定を依頼せずに自分で土地の価値を調べる方法がないかと考えている人もいるでしょう。自分で土地の価値を調べるにはまず周辺の土地相場を知ることが必要です。周辺の土地相場は不動産ポータルサイトなどで調べることもできます。
ただ、より正確な価格を知りたい場合には土地の公的な評価額を確認することがおすすめです。公示地価や相続税路線価、固定資産税評価額を知ることでおおよその土地価格を推定することが可能になります。
公示地価は国土交通省が毎年3月に発表される、毎年1月1日時点の価格です。公的な地価データとしてさまざまな指標に活用されています。
相続税路線価は国税庁が毎年1月1日に調査しているデータです。相続税などを算出するための評価額となっています。
固定資産税評価額は各市区町村が3年ごとに調査しているデータです。固定資産税などの算出を行うための基準とされています。

土地査定のシミュレーションとは何か

土地の査定方法には机上査定と訪問査定以外にAI査定という方法があります。土地査定シミュレーションとも呼ばれるこの方法は匿名で査定額を算出することができる点が魅力です。
売却を希望している土地の情報を入力することで人工知能が査定額をすぐに算出してくれます。匿名ですぐに結果が出るという点では利用価値はあるでしょう。
ただし本格的に売却を考えている場合には、あくまでも参考価格となるため、訪問査定を受ける必要がある点には注意が必要です。

土地を売却するなら査定を受けて相場を把握しておこう

土地の売却を検討している場合、査定を受けることが重要です。査定を受ける場合には複数社に依頼をしましょう。所有地の正確な相場を把握することができるからです。
正確な相場を理解しておくことで不動産会社の査定額が正確であるかどうかを判断することができます。売り出し価格を正しく決定することで土地を少しでも高く売却することが可能になるでしょう。
すまいステップでは一括無料査定を利用することが可能です。同時に4社の不動産会社に査定を依頼することができます。とくに独自の基準で全国の優良な不動産会社と提携している点で安心して利用できるサイトであることが魅了です。

【完全無料】うちの価格いくら?