戸建ての査定で見られるポイントは7つ!複数社へ依頼して比較しよう

戸建ての売却を検討している場合、不動産会社に査定を依頼することからはじめましょう。査定を依頼する場合にはどのような不動産会社にどのように依頼すればよいのでしょう。できるだけ高額査定を出してもらうにはどのようにすればよいかも考えておきたいポイントです。
この記事では戸建ての査定で不動産会社に見られるポイントについて解説します。不動産会社に選び方についても解説しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

戸建ての査定は7つのポイントをチェック

戸建ての査定を依頼する場合には、不動産会社がどのようなポイントをチェックするかをおさえておくことが重要です。査定でチェックされるポイント7つを紹介します。査定の際の参考にしてください。

戸建ての立地

住居を選択する場合、周辺環境の利便性は重要なポイントです。自分が居住すると仮定してどのような施設が周辺にあると便利かを考えてみましょう。駅やバス停・スーパー・コンビニ・役所など、生活に必要な施設があるかどうかは査定額にも大きく影響します。
周辺環境は施設や交通の利便性だけでなく日当たりや風通しのよさなども関係するでしょう。ある程度の自然もあり利便性もよい立地にある戸建ては比較的に人気が高いと考えられます。査定を依頼する場合、自宅の立地が客観的にみてどのような条件にあてはまるかを考えてみましょう。

戸建ての広さ

査定に関係するポイントには戸建ての広さもあげられます。土地の面積や建物の延べ床面積がどのくらいあるかを事前に調べておくとよいでしょう。広いほうが高額査定になる可能性が高くなります。ただし。あまりに土地が広い場合は売れにくくなる場合もあることは理解しておきましょう。
広すぎる敷地は税金が高額になることや使い道に困るという理由からコンパクトに暮らしたい買主からは敬遠されてしまうこともあります。広い戸建ての売却が得意な不動産会社を選択することで売れにくい条件の戸建てもうまく売却できる可能性があることも覚えておくとよいでしょう。

戸建ての間取り

戸建てを売り出す場合は家族で生活している人をターゲットにするケースが大半です。そこでチェックポイントとなるのが間取りになります。部屋数だけでなく流行を取り入れた間取りであることなども査定の際にチェックされる項目です。
ウォークインクローゼットやIH・浴室乾燥機などの設備も重要ポイントになります。また流行にこだわりすぎて生活しにくい導線になっている場合には売れにくくなってしまう可能性も考えておきましょう。
間取りや設備でどのくらいの層をターゲットにして売り出すかを不動産会社は検討するのです。そのため戸建ての間取りは査定で重要なポイントになります。

戸建ての築年数

戸建ての売却では築年数も査定額に大きな影響を与えるポイントです。基本的には築年数が古いほど査定結果は安くなります。
木造の戸建ての場合、新築から築10年ほどで価格はおおよそ半分まで下がると考えておきましょう。築15年ほどまでは下落率が比較的大きくなりますがそれをすぎると緩やかになります。築20年でほぼ横ばいと考えてよいでしょう。
とくに中古住宅の購入で住宅ローン減税が利用できるのは原則として築20年以内と決められている点も注目しておきたいポイントです。控除を利用したい人にとっては築10年以内の物件がもっとも魅力的といえるでしょう。
さらに木造住宅の場合には耐震性もチェックポイントとなります。2000年6月以降に建築確認が行われた物件に関してはそれ以前の物件と比較して耐震性への信頼度が高くなると考えられるでしょう。

戸建てがある土地の形や地中の状態

戸建ての場合、建物ばかりに目がいきがちですが査定では土地や地中まで査定の判断材料となることを理解しておきましょう。訪問査定の際に、建物の下や庭にコンクリートの塊などの地中障害がないかなどを確認されることがあります。
過去に地下室があった、貯水槽があったという場合にはしっかりと不動産会社に伝えるようにしましょう。地中に障害物があることを知っていて不動産会社に伝えなかった場合。物件の瑕疵(かし)にあたると判断されてしまうこともあります。
これを契約不適合責任と呼び、査定額がでたあとや売却した後にこれらの事実が発覚すると責任を問われることになるでしょう。
さらに土地の形も査定額に影響を与えます。不整形であったり旗竿であったりした場合には同じ面積の土地でも査定額が安くなる可能性が高くなるでしょう。

戸建ての建物部分や設備の劣化

戸建ての査定では建物部分や設備の劣化も重要なポイントになります。建物部分でチェックされるのは屋根や外壁・塗装が破損していないかです。木造住宅であれば柱の腐食やシロアリなどの被害も重要なポイントです。
外壁が色あせていたりひび割れが入っていたりするとマイナス要素になるでしょう。床下の腐食やシロアリ駆除の履歴がある場合も不動産会社に知らせることが必要です。リフォームの履歴がある場合にも同様に伝えておく必要があります。
もうひとつのチェックポイントについては水回りや冷暖房機能などになります。これらの設備がどの程度劣化しているかは査定額に大きく影響する点です。場合によっては売却前にリフォームや設備の新設をしたほうが査定額がアップする可能性が高くなります。

戸建ての周囲の環境

戸建ての場合は周辺の環境も査定ポイントになります。日当たりや風通しのよさも査定額に影響するでしょう。毎日の生活では洗濯や換気のしやすさも大切なポイントです。快適な生活を送るためには生活空間だけでなく周辺環境のよさも必要条件になります。
建物自体はとてもよい条件であっても日当たりが悪かったり騒音がひどくて窓が開けられなかったりすると査定額が下がる可能性が高くなるでしょう。また工場が近いなどという理由で外気に気になる臭いがある場合も査定額に影響を与える可能性があると考えておくことが必要です。

戸建ての価値は3種類の方法で査定

査定と一言でいっても具体的にはどのような方法で行われるのでしょうか。査定の方法には3つのパターンがあります。机上査定・AI査定・訪問査定この3パターンについて解説します。

不動産会社の担当がデータから算出する机上査定

簡易査定とも呼ばれる査定方法が机上査定です。この場合は不動産会社は実際に建物を見にくることはありません。売主が不動産会社に提供した情報を参考にして不動産会社が査定額を導き出す方法です。
参考にする情報としては立地や間取り・築年数があげられます。これらを参考に過去の似た物件の売却実績などから査定額を算出するのが机上査定です。
この場合、実際に物件を見たわけではないため算出された査定額はあくまでも目安と考えておくことが必要になります。

ビッグデータを活用したAI査定

不動産査定でもAIが利用される時代になっています。特化型人工知能を利用した査定方法です。AI査定は比較的気軽に利用でき、情報を入力するとすぐに結果が出る点が魅力とされています。
AI査定では匿名で利用できるサイトも多いため、この点も利用しやすいと考える人が多いでしょう。入力を求められるのは住所とメールアドレス程度です。
さらに不動産会社などからのメールや電話による連絡を受けることもないためとりあえず簡易的にでも査定額を知りたいという場合には便利です。
ただし、不動産査定を行うためにはAIに取引事例をより多く学習させておくことが重要なポイントになります。このポイントをクリアするには戸建ての販売実績が豊富な不動産会社が関連しているサイトを利用することがおすすめです。
AIが保有している情報量としてはマンションのほうが多いことがあります。これはマンションは同じ立地で同じ間取りの物件が複数あるため販売実績が自然と多くなるからと考えられるでしょう。これに対して戸建ての場合はそれぞれの物件で条件が異なるため情報が自然と少なくなります。
戸建ての査定でAIが活用されることがまだ少ないのはこのような理由からだと考えておきましょう。AI査定は算出された価格が必ずしも売却価格につながるということは少ないという点も理解が必要です。

戸建ての状態を直接確認する訪問査定

戸建ての査定で売り出し価格を決定するなら訪問査定を行うことをおすすめします。机上査定やAI査定も便利で魅力的です。ただしここで算出される価格についてはあくまでも目安と考えておきましょう。
なぜなら実際の物件を見ていないからです。実際に訪問して不動産を見ながら細かなチェックを行う訪問査定では正確な査定額を算出してもらえる可能性が高くなります。まずは机上査定やAI査定で目安を理解しておき、契約を結びたい不動産会社がみつかったら訪問査定を依頼してみましょう。
ほかの査定と比較すると査定額が決まるまでに時間がかかるのがデメリットになることもありますが、査定額の精度はもっとも高くなります。

戸建ての査定依頼をする手順

戸建ての査定を依頼する場合、どのような手順を踏むことが望ましいのでしょうか。査定依頼の手順を間違えると正確な査定額を算出することができなくなることもあります。売却で損をすることがないように査定依頼をする手順について解説します。

売却予定の戸建ての現状確認

査定を依頼する前に自分でできることを確認して済ませておくことが必要です。まずは住宅ローンの残高の確認を行いましょう。利用している金融期間に住宅ローンの残高証明書の発行を依頼すれば対応してもらえます。
住宅ローンの残高は売り出し価格を決めるためにも重要なポイントになるため正確な数字を把握しておくことが大切です。
戸建ての場合、次に大切なのは修繕履歴の確認になります。たとえばシロアリ対策や外壁塗装を行っている場合には行った年なども確認しておきましょう。定期的にメンテナンスを行っていた場合は建物の価値を維持するための行為ということで査定にもよい影響を与えます。
訪問査定を依頼する場合には間取り図や測量図などがあれば正確な情報を提供できるため書類の有無を確認しておくことも大切です。確認しておきたい書類は次のとおりになります。

  • 土地の実測図
  • 土地の境界線が確認できる書類
  • 越境の覚書
  • 設計図
  • 建築確認申請書
  • 検査済証

おおよそこれらの書類が用意できれば正確な査定を受けることができるでしょう。

希望する方法で不動産会社に査定依頼

不動産の査定については信頼できる不動産会社に依頼することが大切です。査定方法には3パターンありますが、どの方法を取るかは自分で決定してよいでしょう。ただし正確な査定額を提示してもらうには最終的には訪問査定を依頼することがおすすめです。
訪問査定の前にどの不動産会社に訪問査定を依頼するかを決定する必要があります。この段階で利用できるのが机上査定とAI査定です。机上査定の場合は自分で不動産会社に出向いたりそれぞれのホームページから査定を依頼する方法もあります。
ただ忙しい方にとっては複数の不動産会社に何度も出向くことが難しい場合もあるでしょう。そこでおすすめなのが一括査定サイトです。一括査定サイトは無料で活用できるため何社でも依頼することが可能な点が魅力になります。
おすすめはすまいステップです。すまいステップでは独自の基準で全国の優良な不動産会社と契約しているため安心して利用することができる点が魅力になります。一度情報を入力するだけで最大4社に同時に査定を依頼することが可能です。

訪問査定を依頼したらスケジュール調整

机上査定を依頼してある程度の査定額を算出してもらったらそのなかから訪問査定を依頼する不動産会社を選びましょう。訪問査定は1〜2時間程度の時間が必要と考えて自分が余裕を持って対応できる日程を提示することが大切です。
訪問査定ではすぐに査定額が出ることは少なく、とくに土地の地盤や境界などに問題があると確認に時間がかかりすぐに査定結果が出ることがないことは理解しておきましょう。

戸建てで査定を受けるときの注意点

戸建ての売却で査定を受けるときにはいくつか気をつけておきたいポイントがあります。戸建てで査定を受けるときの注意点について解説します。

査定価格で戸建ての売却は困難

査定を依頼した場合、できるだけ高額な価格を提示してくれた不動産会社と契約したくなるでしょう。ただし、査定で提示された価格はあくまでも売却の目安であるという点は理解しておくことをおすすめします。売り出し価格を決定するための参考にするという気持ちで査定を受けましょう。
実際の売却価格については買主との交渉で売り出し価格よりも定額になる可能性があることも理解しておくことが重要です。

1社だけの査定依頼では相場を見誤る

戸建ての査定では複数社に依頼することをおすすめします。1社だけの査定額で売り出し価格を決定してしまうと相場を見誤る可能性が高いでしょう。そのため机上査定で複数社に査定を依頼したうえで訪問査定を依頼する不動産会社を決定することが重要です。
査定結果は不動産会社によってばらつきがある点は最初に理解しておきましょう。複数社の査定結果を比較することで相場を把握することが大切です。

売却の依頼先を査定価格だけで選ぶと後悔

査定を依頼した結果から媒介契約を結ぶ不動産会社を選びます。ただしここで注意したいのは高額すぎる査定額を出している不動産会社です。ほかの査定額よりも極端に金額が高い場合には査定額の理由を確認してみましょう。納得できる理由であれば問題ありませんが、曖昧な回答の場合には注意が必要です。
残念ながら不動産会社のなかには顧客を確保するために相場よりも高額な査定結果を出すところもあります。この場合、最終的に相場程度の金額まで値下げしてから売却することになるケースも少なくないでしょう。
査定結果の説明に納得できる根拠があり、担当者と話してみて信頼できるかどうかまで確認してから不動産会社を決めることが重要です。

査定前にリフォームをしても損をしやすい

戸建ての売却を行う場合には売却前にリフォームをするかどうかで悩む人もいるでしょう。少しでも条件をよくしたほうが高額で売却できるかもしれないと思う人もいるはずです。確かに第一印象はアップするでしょう。さらに買い手がすぐに居住できるという点でもメリットは大きいと考えられます。
ただリフォームをすると売却価格にリフォーム費用を上乗せして売り出し価格を決定するとなかなか売却できない可能性があることは理解しておきましょう。買主はある程度の予算を決めてから購入物件を探します。そのため買主の予算よりオーバーしている価格は検討範囲に入れてもらえない可能性が高くなるからです。
買い手の分母が減ることは売却の可能性も減るということになります。リフオームのデザインが買い手の希望にあわない可能性も考慮しておくとよいでしょう。
リフォームをするのであれば、ハウスクリーニングや簡単な補修程度にとどめておいて売り出し価格を極端に高額にしないほうが売れやすいという点も理解しておくことが大切です。リフォームをする場合には不動産会社に相談してから行うとよいでしょう。

訪問査定で戸建ての良さのアピールは忘れない

査定では訪問査定がもっとも不動産のよさをアピールするチャンスだと考えておきましょう。住居の場合は実際に住んでみた人にしかわからないよさがあるものです。机上査定ではデータのみを伝えることしかできません。
訪問査定は実際に不動産を調査してもらえるため戸建てのよさを積極的にアピールしておきましょう。

戸建ての査定を受ける前の疑問

戸建ての査定を受ける際には不安や疑問を感じる人もいるでしょう。戸建ての査定を受ける前に疑問点を解消しておくことも大切です。戸建ての査定を受ける際に感じる疑問点について解説します。

査定は居住中と空き家のどちらがよいか

戸建てを売却する場合、居住したままでもよいのか空き家にしてから売りに出したほうがよいのかというのはよくある疑問です。多くの場合には居住したまま売却するケースとなるでしょう。すでに新居を購入している状態であれば空き家として売りに出すこともあります。
居住したまま売却する場合のメリットは次のとおりです。

  • 売却期間を長めに設定できる
  • チャレンジ価格で売り出し価格を設定できる
  • 家具などをおいたままで内覧できるので買主が生活イメージがしやすい

居住したまま売却する場合のデメリットは次のとおりになります。

  • 他人に自分の生活空間をみられてしまう
  • 買主の都合で内覧会を開く必要がある
  • 近隣に売却していることが知られてしまう

空き家の状態で売却する場合のメリットは次のとおりです。

  • 内覧会は買主の都合でいつでも開催可能
  • 不動産会社に内覧会を任せることができる
  • 近隣に知られないうちに引越しができる

空き家の状態で売却する場合のデメリットは次のとおりになります。

  • 資金繰りによっては早めに売却する必要がある
  • 場合によっては値下げの必要も出てくる
  • 空室なので生活イメージが持ちづらい

このようにいずれにもメリット・デメリットがあることがわかります。そのためどちらがよいとは一概にいえません。売却状況によってはどちらがよいかは変動するため不動産会社に相談してみることもおすすめです。

戸建ての相場は査定なしで調べられるか

査定を依頼する前に自宅の相場を知ることは大切です。不動産会社が提示した査定額が正確であるかどうかを判断する材料になります。査定を依頼する前に自分で相場を調べる方法にはいくつかあるため理解しておきましょう。
ひとつはレインズ・マーケット・インフォメーションの活用です。レインズ・マーケット・インフォメーションは不動産取引情報提供サイトを指します。検索したい条件を選択して検索するだけで自分が売却した不動産の相場を調べることができる点が特徴です。検索条件としては建物種別・都道府県・地域などになります。
もうひとつは土地総合情報システムの活用です。土地総合情報システムは不動産の取引価格や地価公示・都道府県地価調査の価格を閲覧できるサイトになります。2006年4月から制度化された「不動産の取引価格情報提供制度」に基づき、国土交通省が運営している不動産の取引情報サイトです。

戸建ての査定は複数社で受けて相場を調べよう

戸建ての売却を検討している場合には複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことが大切です。1社のみの査定額で売り出し価格を決定してしまうと損をしてしまうこともあります。
すまいステップでは独自の基準で全国の優良な不動産会社と契約しています。そのため無料一括査定サイトも安心して利用することが可能です。一度で同時に4社に査定を依頼できるため効率的に査定の作業が完了できる点も魅力といえます。

【完全無料】うちの価格いくら?