家の売却は匿名査定でできる!3つの方法とメリットとデメリット

不動産の売却を考えると一番気になるのはいくらで売れるのかですね。選択する不動産会社によって査定価格はさまざまなので、複数社に訪問査定を依頼して金額を比較するのが一般的です。
しかし、まだ売るかどうか迷っている段階で複数の不動産会社に査定依頼をすると、営業の電話がたくさんかかってきたり、個人情報が伝わったりするのが困ることもあります。
そんな悩みを解消してくれるサービスが近年登場しています。匿名査定です。物件の概要を伝えるだけで、匿名で周辺の相場価格から大体の目安を教えてくれるサービスです。
氏名も電話番号も伝えることなく家の売却価格がすぐに簡単に調べられます。ここでは家を売却する際に匿名査定サービスを利用する方法とメリットとデメリットについて紹介していきます。
家の売却を考えようかと迷っている人は、まず匿名査定でどれくらいの価格で売れるのか見込みを立てて検討をはじめると、目安がわかって計画が立てやすくなります。それでは匿名査定について詳しくみていきましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

家の売却で行う査定方法

家を売却するにあたってはいくらで売れるのかが非常に重要です。売却価格は最終的には買主との交渉で決定します。しかし、売り出すにあたっては相場価格と比べながら、売出し価格を決める必要があります。
ここでは売却価格の目安となる査定価格の出し方について3つの方法を紹介していきます。近年人気な匿名査定、自分で調べる机上査定、不動産会社に依頼する訪問査定です。ここではそれぞれの特徴について紹介していきます。まずは査定の方法について理解しましょう。

匿名査定

匿名査定はインターネットを利用して、住所や築年数などの物件情報から、周辺相場を基に査定価格を見積もる方法です。入力する情報は物件情報と結果を受け取るメールアドレスのみで査定が受けられます。
個人情報の入力がほとんどないので、営業の電話がかかってることもありません。また、すぐに結果がわかるので、売却をはじめるかの判断材料として便利なサービスです。
匿名査定はさまざまなサービスが提供されているので、各社の強み、弱みを理解して、自分にあったサービスを利用するのがおすすめです。弱みを補うように複数のサービスを利用することで、目安となる価格帯を絞ることも可能です。

机上査定

机上査定は不動産会社に物件情報を伝えて、公図や登記事項証明書(登記簿謄本)など書面から不動産のプロが査定を行う方法です。公的に手に入る書類を利用して概算の査定金額を算出します。
匿名査定に比べてより詳しい物件情報がわかるので、精度の高い査定価格が手に入ります。書類を手に入れるために依頼主の個人情報を不動産会社に伝えて査定を依頼する必要があります。
なので不動産会社との対応は不可避です。複数社に依頼すればその分営業の応対も必要です。机上査定を依頼してから査定価格がわかるまで数日は要します。ただし、売却の意思がはっきりしていて、依頼する不動産会社を比較したい場合には、複数社に机上査定を依頼するのが向いています。
各社の査定金額とサービス内容から依頼する不動産会社を絞り込むのに役立ちます。机上査定を複数の不動産会社に依頼するなら「すまいステップ」の無料一括査定依頼サービスが便利です。
すまいステップなら簡単な情報入力で周辺にある複数の不動産会社に査定依頼が可能です。送られてきた中から気になる不動産会社に机上査定を依頼するのに便利なサービスです。

訪問査定

売却する物件を不動産会社の社員が実際に訪問して、不動産価値を査定する方法です。建物の状態や周辺の状況、設備などの情報を査定に加味して、最も精度の高い査定価格がわかります。ある程度依頼する不動産会社を絞ったところで訪問査定を依頼して最終的な決定を下すのに役立ちます。
基本的に訪問査定には立ち会いが必要です。日程を調整して査定を受けるための時間を確保する必要があります。机上査定を行った上で、実売価格を詰めるのに利用されます。査定を依頼してから訪問がスムーズに進んでも、1〜2週間は査定価格を知るのにかかります。
査定価格は不動産会社の担当者によって大きく変わることがあります。机上査定でも紹介したように、複数の不動産会社に査定を依頼して条件のよいところと契約しましょう。

匿名査定とは

それでは匿名査定とはどのようなサービスなのか紹介していきます。新しいサービスなので、便利そうだけど何ができてどこに注意するのかわかりやすく解説していきます。匿名査定を上手に利用して納得のいく不動産売買を目指しましょう。

匿名査定の概要

不動産を売却したい理由は人それぞれです。いま所有する家にどれくらいの価値があるのか概算を知りたい、買ったときより高く売れそうなら売却しようかなど、これから家の売却を考えはじめるきっかけに匿名査定は向いています
売却を予定する物件の情報とメールアドレスを入れるだけで、周辺相場から大体の査定価格をすぐに知れます。サービスによって匿名査定依頼後すぐに結果がわかるものから2日程度でわかるものなどさまざまあります。後ほど主な匿名査定サービスについて紹介しますので、参考にしてみてください。

匿名査定の流れ

不動産の匿名査定は以下のような流れで利用します
1. 売却物件情報を入力する
2. 利用登録をする
3. 結果を受け取る
4. さらに詳しく知りたい場合は不動産会社に連絡する
まずは査定に必要な物件情報を専用フォームに入力していきます。物件の種別、所在地、マンション名、間取り、専有面積、所在階、日当たりの方角、築年数、居住状況、査定依頼の理由などを入力する必要があります。
物件情報を入力したら連絡先の情報を登録します。メールアドレスの他、Yahooやfacebookのアカウント連携を利用して登録できるサービスもあります。必要な手続きを済ませて、匿名査定を依頼したらすぐに査定結果が送られてきます。
匿名査定の利用の流れはこれだけです。不動産会社からの電話や訪問などを受けないで、家がどれくらいの価値があるかすぐわかります。さらに売却に向けて詳しく知りたい場合は、紹介のある不動産会社に問い合わせるか、机上査定や訪問査定の一括査定依頼サービスを利用するとよいでしょう。

家の査定を匿名で行う3つの方法

現在提供されている匿名査定サービスは大きく分けて3つの種類に分類されます。物件の売出し価格から算出するものと、実際の成約価格を基に算出する方法、AIを使った算出方法です。ここではそれぞれの特徴について紹介していきます。

売出し価格から割り出す匿名査定サービス

主に不動産会社を通さないで、ネットに公開されている不動産の物件情報をベースに売出し価格から査定を行うサービスです。簡単な情報入力で、大体いくらぐらいで売り出されているかの情報をつかめます。
査定価格は幅が広く、概算価格を知りたいときに便利なサービスです。

レインズから割出す匿名査定サービス

不動産会社に匿名査定を依頼しているサービスでは国土交通大臣指定の不動産流通機構による不動産流通標準情報システム「REINS(レインズ)」を利用して、実際の成約価格をベースに概算査定が行われます。実際に売却された価格を基に計算が行われるので訪問査定との差額は小さくなります。
机上査定を依頼しなくても自身で同一エリア内の相場価格を簡単に知ることができます。

AI匿名査定サービス

AI(人工知能)を利用して価格を査定してくれるサービスです。物件情報から過去の売買実績や周辺情報をAIが分析して高い精度で査定価格を算出してくれます。査定価格と一緒に将来の価格推移分析も表示してくれるサービスもあります。
AI査定ではレインズを利用できないため、サービスを提供する不動産会社の売買実績を学習して計算を行っています。売買実績の多い大手ほど査定精度は上がりますが、レインズに登録されている成約価格情報数には及ばないため、参考情報としての活用に限られます。

家査定を匿名で行うメリット

匿名査定サービスを利用するメリットはどのようなものがあるでしょうか。個人情報を入力しなくても簡単におおよその査定価格がわかる手軽さが人気です。ここでは匿名査定のメリットについて紹介していきます。上手に利用して売却活動に活かしましょう。

個人情報がもれない

まだ家を売るかどうか迷っている段階で不動産会社に査定を依頼すると、営業の電話がかかってきても応対に困ります。匿名査定なら個人情報を提供しないので、複数のサービスを利用しても電話応対に追われることなく、家の価値が見極められます。
実際に売却するにはより正確な査定が必要ですが、購入時より上がっているか、下がっているかを確認するには十分な機能をもっています。匿名査定の結果を見て売却を決める一歩を踏み出すのに役立つサービスです。

すぐに査定価格がわかる

匿名査定は査定価格がすぐわかるのも便利な点です。机上査定や訪問査定では数日から2週間程度待たないと査定価格がわかりません。とはいえ自分でいくらぐらいで販売されているか調べるのも大変な作業です。
匿名査定なら瞬時に査定結果が出るサービスもあり、気軽に利用できるのも魅力の1つです。生前の遺産整理や相続の際の売却の見極め、ライフプランの見直しなど、資産の活用を考える際にも役立つサービスです。

家査定を匿名で行うデメリット

それでは匿名査定のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。匿名査定は概算見積もりなので、実際に売却するために査定額を利用することはできません。ここでは匿名査定のデメリットについて紹介していきます。

精度が低い

不動産の査定には物件の状態や設備、眺望、周辺環境などが大きく影響します。配管が老朽化していたり、壁が壊れているなど、著しく状態が悪いと査定価格は下がります。逆にバリアフリー対応や耐震リフォームを行っていれば査定価格は高くなります。匿名査定ではこれら物件の状態は加味されないので、精度は低くなります
また、多くの匿名査定サービスで売買が確定した成約価格ではなく、市場に売り出したときの価格を基に計算されます。売出し価格と成約価格には数百万円の差がつくこともあるので、査定価格も数百万円の間で提示されることが多いです。
AI匿名査定も増えてきていますが、レインズのデータは利用できないので、無料で公開されている売出し価格と運営する不動産会社の売買実績データを基に学習します。そのためマンションなどの査定がしやすい物件では訪問査定と近い査定価格が出る場合もありますが、データの少ない戸建てや特殊な物件、地方の家などは精度が低くなります。
そのため概算査定といった扱いでしかなく、場合によってはあいまいな査定価格がでることもあります。売却を真剣に考えているなら机上査定を複数の不動産会社に依頼する方が手間が省けます。

匿名査定から売却はできない

匿名査定は査定額に納得がいったからといって、その金額で交渉をはじめることはできません。匿名査定はあくまでも周辺の売却実績などを基に概算査定価格が算出されているので、売却を急ぐなら訪問査定から依頼する方が早く売却活動に入れます。できるだけ早く売却を考えているなら、不動産会社に物件情報や個人情報を伝えて、相談しながら査定を進める方が早く売却できます。
匿名査定サービスはあくまでも概算見積もりで売却の一歩を踏み出すのに利用するのがおすすめです。不動産会社に匿名査定の結果を持っていっても参考価格にしかならないので、注意しましょう。
相続が発生して売却を検討する必要があるのか検討したり、銀行の担保に有効かを検討するのに役立ちます。

手軽にスピーディーに査定ができるがあくまでも目安の金額がでる

いま家の相場はいくらぐらいなのか簡単にチェックできるのが匿名査定のよいところです。手軽にスピーディーに査定ができるので、いつでも思いついたときにチェックできます
しかし、匿名査定の査定金額はあくまでも目安の金額です。実際に売買をしようと思ったら訪問査定までして、正確な査定金額を用いて交渉をしましょう。匿名査定でこの金額が出たのだからといって不動産会社に言っても通用はしません。
住んでいた家の売却を考えはじめるときに、価値があるのか、ないのかを判断するのに便利なサービスです。匿名査定自体は無料でいつでも使えるので上手に活用して、より高い成約をめざしましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?