家の査定をするならネット!メリットデメリットやおすすめサイトとは

家を売却するのであれば、不動産会社にどのくらいの価格なら売れそうか、査定をしてもらうところから始まります。査定は近所の不動産会社に直接依頼することもできますが、最近ではネット査定を利用する方が増えています。
一口にネット査定と言っても、その種類はいくつかあります。匿名で査定できるネット上のシステムもあれば、物件情報だけではなく依頼者の名前や住所と言った個人情報の入力が必要なシステムもあります。
不動産会社で直接比較する査定と比較すると、ネット査定にはメリットもあればデメリットもあります。この記事では、これから家の売却を検討中の方に向けて、ネット査定とはどういった仕組みで、利用しても本当に大丈夫なのかどうか、また、信頼性の高いネット査定の選び方について詳しく解説します

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

家の査定をネットでする3つのメリット

通常の査定は、売却したい家の近所にある不動産会社を探して、直接電話をかけるか、ホームページのお問い合わせフォームなどから査定の依頼をします。ネット査定は、スマホやパソコンから査定するものです。このネット査定には、通常の査定依頼と比べると次のように3つのメリットがあります。

  • 査定を依頼する手間が省ける
  • 査定結果を比較すると家の相場がわかる
  • 質の高い不動産会社に出会いやすくなる

この3つのメリットについて詳しくみていきましょう。

査定を依頼する手間が省ける

ネット査定であれば、自分で不動産会社を見つける手間を省けます。複数の不動産会社に一度の入力作業だけで査定依頼できる一括査定サイトであれば、ほんの数分の手間だけで複数の不動産会社とつながることができます。
ネット査定を利用せずに自分で不動産会社に直接査定を依頼する場合には、自分で1軒ずつ不動産会社を探して、電話をかけたり入力フォームに入力しなければいけません。もしも、複数の不動産会社に査定依頼したいと考えている場合には、不動産会社の数だけ、物件情報の説明や入力の手間をかけなければいけません。
ネット査定の一括査定を利用すれば、その手間をたった1回にすることができます。
また、時間的な制約を受けにくい点も見逃せません。不動産会社に直接電話をかけるときには、不動産会社の営業時間内にかけなければ電話はつながりません。
しかし、ネット査定で利用しているネット上のシステムは365日24時間稼働しています。早朝でも夜中でも、休日でもいつでも都合のいいときに査定依頼を出せます。物件情報など査定に必要な情報をあらかじめ調べておけば、仕事から帰った後や、仕事中の空き時間などの数分の空き時間で、スマホからでもパソコンからでも査定依頼が出せます。
簡単な手間だけで査定依頼を出せるのがネット査定のメリットです。

査定結果を比較すると家の相場がわかる

自分で1軒ずつ不動産会社に査定を依頼した場合には、依頼した不動産会社の査定額しか知ることはできません。複数の不動産会社からの査定を比較したければ、自分で査定依頼を何社にも出さなければいけません。
しかし、ネット査定で一括査定サイトを利用すれば、一度の入力作業だけで複数の不動産会社の査定を取り寄せられます。
実は、不動産の価格には決まった価格がありません。同じ一戸建てやマンションを査定しても、不動産会社によって時として数百万円レベルの大きな差が出ることもあります。
ネット査定の一括査定を利用すれば、簡単な手間で複数の不動産会社の査定額を比較して、おおよその相場を把握したり、高額査定を出す不動産会社を見つけることができます

質の高い不動産会社に出会いやすくなる

不動産会社には良心的な対応をしてくれる質のいい会社もたくさんあります。しかし、とても残念なことですが、顧客の利益よりも自社の利益を優先する会社や、実力も無いのに自分の営業成績を伸ばすことしか考えていないたちの悪いスタッフが多い会社もあります。
ネット査定の不動産一括査定サイトの中には、提携する不動産会社にかなり厳しい基準を設けているサイトがあります。悪徳不動産会社を排除して、サイトの信頼性を高めるために、サイトに寄せられるクレームの内容が酷すぎる会社は、こまめに提携を解除しているサイトもあります。
利用者の方も利用するサイトを厳選することが大切ですが、不動産会社を厳選している不動産一括査定サイトを選べば、質の高い良心的な対応をしてくれて、営業力のある不動産会社やスタッフと出会える確率が高まります

家の査定をネットでする3つのデメリット

家を売却するための査定に、ネット査定を利用することには、ここまでみてきたようなメリットもあれば当然デメリットもあります。しかし、デメリットもしっかりと理解しておけば、利用する前に、自分で利用してもいい、デメリットを避ける工夫をしているネット査定を選ぶこともできます。
ネット査定を利用する際に気をつけて、対策をとっているサイトを選ばなければいけないデメリットとは次の3つです。

  • 個人情報が悪用される恐れ
  • 査定を依頼した不動産会社からの電話
  • 一括査定サイトは未登録の不動産会社へ査定依頼できない

それぞれ詳しく解説します。

個人情報が悪用される恐れ

ネット査定の中の一括査定サイトを利用するときには、名前や住所、メールアドレスなどの個人情報の入力が必要です。個人情報を入力して送信するときには、情報が流出して悪用される危険性があります。暗号化していないサイトから個人情報を送信すると、サイトのセキュリティを突かれて個人情報が流出する恐れがあります。利用する前にサイトのセキュリティを確認しましょう。
近年では暗号化されているサイトには、ブラウザの仕様で鍵のマークなどが表示されるようになっています。まずはこうした暗号化のマークのあるサイトかどうかを確認しましょう。また、さらにプライバシーマークなど個人情報の扱いが適切なサイトであると評価されているサイトであればより安心です。

査定を依頼した不動産会社からの電話

ネット査定で個人情報を入力したことによる個人情報の悪用の恐れは、ネット上からの流出に限りません。査定を依頼した不動産会社が、査定のために提供された個人情報を適切に扱わないこともあります。
特に多いのが迷惑電話を大量にかけてきたり、迷惑メールを頻繁に送りつけてくるような行為です。ネット上から依頼する一括査定であっても、査定結果の連絡や、物件の詳細情報の確認のために数度の電話はかかってくることはあります。これは必要最低限の電話なので仕方がない面もあります。
しかし、必要以上に営業電話をしつこくかけてくる不動産会社も少なくありません。ネット査定を敬遠する方が増えた理由が、この後からやってくるしつこい営業電話です。
ネット上の一括査定サイトの中には、提携している不動産会社にしつこくて迷惑な営業電話をかけることを禁じているところもあります。ネット査定を選ぶときには、不動産会社に営業電話を禁じているサイトを選ぶことが大切です。

一括査定サイトは未登録の不動産会社へ査定依頼できない

ネット査定の中の一括査定サイトを利用するときには、査定依頼を出せるのはサイトと提携している不動産会社だけだという点も、人によってはデメリットに感じる点です。
一括査定サイトは、適当に全国にある不動産会社を片っ端から掲載している訳ではありません。1軒1軒の不動産会社と提携する契約を結んでいます。中には、一括査定サイトを利用しなくても自社だけで十分に営業ができるという理由で、評判のいい不動産会社が提携していないこともあります。
一括査定サイトと提携していないために、依頼者が査定を依頼したい不動産会社に査定依頼できないことも当然あります。
実は、不動産の査定は何件取り寄せても無料でできます。もしも、査定を依頼したい不動産会社がネット査定と提携していない場合には、直接その会社に電話したりホームページのお問い合わせフォームから送信したりして査定依頼できます
一括査定サイトでの査定と合わせて比較してみるのも、査定額や査定のポイントになる点を不動産会社ごとに比較できるので、またおすすめです。

ネットで依頼できる家の査定は4種類

家を査定するのにネット査定を利用すると言っても、ネットから依頼できる査定の査定方法にはいくつか種類があります。それぞれの査定方法には、メリットもあればデメリットもあります。どのような査定方法があり、それぞれどのような特徴があるのか解説します。

家査定のポイントや注意点については「はじめての家査定!査定するまでの進め方と依頼のポイント・注意点」も参考にしてください。

机上査定

ネット査定には、複数の不動産会社に一括査定サイトを通して査定を依頼する方法があります。一括査定サイトに売りたい家の築年数や間取り、住所などの物件情報と依頼者の住所や電話番号、名前などの個人情報を入力すると、依頼を受けた不動産会社でまずは机上査定を行います。
机上査定とは、言葉の通り机の上で扱えるデータ、つまりサイトに入力された物件情報のデータとそのエリアの相場の傾向だけで査定を行う方法です。
不動産の取引価格には、地域と面積、築年数、物件の種類などによっておおよその傾向があります。依頼者が入力したデータと、近隣地域の相場から査定額を算出します。
近隣地域の相場や売りたい家のおおよその評価を知るのには役立ちます。しかし、特に一戸建ての場合には物件それぞれの状態の差が大きいので、机上査定だけでは正確な評価が難しいこともあります。

匿名査定

匿名査定も、机上査定と同じように入力されたデータだけで査定を行う方法です。机上査定との違いは、机上査定では住所や名前などの個人情報の入力が必須ですが、匿名査定では個人情報は入力せずに、完全に匿名で査定できます
住所も伝えないので、売りたい家そのものの査定はできません。しかし、近隣地域で似たような物件の売却相場から、おおよその査定額を算出します。
正確性で言えば机上査定の方がより正確な査定ができますが、匿名査定でも売却価格のおおよその傾向を把握することはできます。個人情報を提供しなくて済むので、売却を検討し始めた段階や、売ろうかどうしようか迷っている段階で利用するといいでしょう。

AI査定

AI査定とは、人工知能のAIを活用した査定のシステムです。不動産会社などがホームページで開設していて、その不動産会社や提携している不動産会社の今までの販売実績や、公的に公表されているデータなどをAIに学習させています。
利用者がサイトに物件情報を入力すると、AIが蓄積したデータを基に査定額を算出してくれます。サイトに物件情報を入力してから査定額が出るまで遅くても数分以内なので、素早く査定結果を知りたいときにおすすめです。
ただし、査定結果の正確性は、それぞれのサイトがAIに学習させているデータ量やデータの正確性などによって大きく左右されます。利用するのであれば、複数のサイトを利用してみることをおすすめします。

訪問査定

ネット査定の不動産一括査定サイトで複数の不動産会社から机上査定の結果が届いたら、次の段階で訪問査定を受けることが一般的です。通常は、いきなりネット査定から訪問査定へ進むことはありません。
机上査定の結果から、訪問査定を受ける不動産会社を厳選します。机上査定での査定額やその査定額になる理由などを見極めることが大切です。また、電話やメールでのやりとりの対応なども考慮しましょう。
訪問査定を依頼して日取りを決めると、その日に不動産会社のスタッフがやってきます。訪問査定では家や庭を隅々まで実際に見て調べて、必要に応じて書類の確認なども行います
机上査定の結果と実地調査の結果を基にして、机上査定よりもより正確な査定額を算出します。訪問査定の結果は調査から1週間ほどかかります。

利用するネットの家査定サイトの選び方

ここ数年、家を売却したい方のための、不動産のネット査定サイトも増えてきました。いろいろとあるネット査定サイトの中から、どのサイトを選んだらいいのか悩んでしまう方もいるでしょう。こちらでは、ネット査定サイトの選び方について詳しく解説します。

家がある地域の査定に対応

ネット査定サイトの中には、対応する地域や物件の種類を限定しているサイトもあります。売りたい家がある地域や種類に対応しているサイトを選びましょう
ネット査定サイトには、全国対応でマンションでも一戸建てでも扱っているサイトもあります。しかし、中には首都圏のみ、四大都市圏のみなどとエリアが限定しているサイトもあります。また、一戸建ては扱わずにマンションのみを扱っているというサイトもあります。
都市部ではなく地方の一戸建てを売りたい場合には、全国対応しているサイトを選ぶことをおすすめします。

個人情報の扱いやセキュリティの安全性

ネット査定サイトを選ぶときには、セキュリティ面での対応がどうなっているのかも確認しましょう。特に、名前や住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報の入力が必須のネット査定サイトの場合には、サイトが暗号化されているか、プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をサイト内に掲載しているかを必ずチェックしましょう。
また、できることならプライバシーマークを取得しているサイトであれば、第三者機関によって個人情報が適切に取り扱われていることが証明されているので、より安心して利用できます。
ただ、近年では通信の暗号化技術の発展で、サイトを厳重にSSL化してあれば、プライバシーマークを取得していないこともあります。プライバシーマークについてはケースバイケースで判断してください。

査定の依頼先を厳選

ネット査定の中でも、サイトを通して不動産会社に机上査定の依頼をする一括査定サイトの場合には、依頼先となる不動産会社をどのように集めているのか、その方針もチェックしましょう。
提携している不動産会社の数ばかりが多くて、査定後の営業電話をしつこくかけてきたり、入力した個人情報を他の用途に流用したりするような質の悪い不動産会社ばかりでは、せっかく取り寄せた査定結果も信頼できません。
一括査定サイトの中には、提携する不動産会社や対応に当たる営業スタッフに独自の基準を設けて、その基準に達しない会社とは提携しないというところもあります。また、質の悪い不動産会社との提携は解除することも辞さないサイトもあります。
提携する不動産会社を選ぶ方針が明確で、利用者が安心して利用できるものになっているサイトを利用することをおすすめします。

おすすめのネットの家査定はすまいステップ

家を売却するためのネット査定サイトの選び方がわかっても、どうすれば実際にそのようなサイトに出会えるか、却って困ってしまうと言う方もいるでしょう。検索エンジンで検索しても、検索結果に出てくる不動産のネット査定サイトはとてもたくさんあります。どのサイトがその条件に合っているサイトか、見極めるのはなかなか大変です。
そこで、これから家を売ろうと考えている方には強く「すまいステップ」をおすすめします。すまいステップとはどのようなサイトなのか、詳しくみていきましょう。

すまいステップの特徴

すまいステップを運営しているのは株式会社Speeeという、インターネット関連事業を行っている会社です。この会社では、すでに他の不動産一括査定サイトを運営していて、業界ナンバー1の成果を上げています。
すまいステップは、さらに利用者にとって安心して利用できるものにするために、より提携する不動産会社を厳選して登録しています。
すまいステップに査定依頼を出すと、一度に最大4社からの査定依頼を取り寄せることができます。4社の机上査定の結果を比較して、訪問査定やその後の仲介を依頼する不動産会社を見極めることができます。

すまいステップがおすすめの理由

すまいステップがネット査定サイトの中で特におすすめな理由は次の3点です。

  • 悪質業者は排除する
  • 営業担当者に厳しい条件を設けている
  • 専門家監修のコラムを多数掲載

すまいステップでは、一度登録した不動産会社でもサイトに寄せられるクレームの内容によっては提携を解除しています。できる限り良心的な対応ができる不動産会社だけを厳選できるようにしています。
また、すまいステップでは不動産会社の質だけではなく、それぞれの会社で査定に当たるスタッフの質も厳選しています。宅建取得者でかつ5年以上の実務経験者しかすまいステップの担当にはなれません。実績豊富で優秀な営業担当者と出会える確率が高まります。
また、すまいステップでは、家の売却が初めての方に向けて、さまざまなお役立ちコラムを掲載しています。コラムは不動産業界の専門家が監修しているとても精度の高いものばかりで、すまいステップのサイトだけで家の売却に関する必要な情報を集められます。

すまいステップで家の査定を依頼する手順

すまいステップで家の査定を依頼してから仲介を依頼する不動産会社を決める手順は次の通りです。

  1. すまいステップのサイトに情報を入力して送信
  2. 最大4社からの机上査定が届く
  3. 訪問査定を依頼する不動産会社を選ぶ
  4. 訪問査定を依頼
  5. 訪問査定
  6. 仲介の依頼である媒介契約を依頼する不動産会社を決定
  7. 媒介契約を締結

すまいステップのサイトへは、査定を依頼したい家の住所と築年数や間取り、面積などの物件の状態、依頼者の名前や電話番号などの連絡先などを送信します。
すると数日以内に最大4社からの机上査定が届きます。その中から、訪問査定を依頼する不動産会社を2社ほど選びます。選ぶときには査定額だけではなく、査定額の理由や電話などでの対応の印象なども選ぶときのポイントにしましょう。
訪問査定の時には、物件に関する資料があると査定がスムーズに進みます。用意しておいた方がいい資料は次の通りです。

  • 購入時の売買契約書
  • 購入時のパンフレット・チラシ
  • 重要事項説明書
  • 間取り図
  • マンションなら管理規約や使用細則
  • 一戸建てなら地籍図・測量図

訪問査定の結果から、仲介を依頼する不動産会社を決めて媒介契約を結びます。

家の査定をネットでするなら利用サイトから厳選しよう

この記事では、家の査定をネット査定でするのはどうなのか、ネット査定にはどのようなものがあり、どのサイトがおすすめなのか解説してきました。家の売却のネット査定を受けるときには信頼性の高いサイトをしっかりと選ばないと、個人情報の流出や営業の電話に悩まされてしまう可能性があります。
その点、すまいステップでは不動産会社に机上査定後のしつこい営業電話を禁じています。個人情報の扱いなども信頼性の高い不動産会社を厳選して選んでいます。安心して利用できるサイトなので、家の売却を検討中なら一度査定依頼をしてみることをおすすめします。

【完全無料】うちの価格いくら?