家の買取相場はいくらになる?最新情報の調べ方と損をしないコツ

家の売却の方法には、不動産会社に仲介を依頼して買手を探してもらう方法の他に、不動産会社に直接買取してもらう方法もあります。不動産会社によっては、仲介での売却がうまくいかなかったときのために、一定期間内で買手が見つからなかったときに買取りする買取保証を付けているところもあります。

実は、不動産会社による直接買取で売却すると、仲介での売却よりも売却価格が安くなってしまいます。仲介手数料を支払ったとしても、最終的に手元に残るお金は仲介で売却した方が多くなります。

この記事では、家を不動産会社による買取で売却することを検討している方のために、家の買取の相場は仲介と比較するとどのくらい安くなってしまうのか、より高額で買取してもらうためにはどのようなコツがあるのか、後悔せずに満足できる買取を実現するために必要なことについて解説します

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

家の買取相場は仲介の7割が目安

仲介での売却と比較すると、買取での売却価格は7割程度になってしまいます。

仲介での売却では仲介手数料を不動産会社に支払いますが、法律で定められている上限金額は売却金額の3%から5%です。仲介で1,000万円の家を売却した場合、仲介手数料は40万円弱です。差額の約960万円は手元に残ります。

しかし、同じ家を不動産会社による買取で売却すると仲介の7割なので700万円しか手元に入ってきません。

まずは、どうして買取では仲介よりも安くなるのか解説します。

買取は家の再販をするから仲介より安い

不動産会社は買取をした家をリフォームして再販します。再販するときの売却相場も、仲介で売却するときの売却相場と変わりません。不動産会社もリフォーム代と不動産会社の利益を出さなければいけないので、売却相場の7割から高くても8割程度での買取になってしまいます。

仲介手数料がかからないから買取の方がお得だとすすめられることもありますが、実際には手元に残る金額は買取の方が少なくなる点は理解しておきましょう。

家の価値が決まるポイント

不動産会社による買取で売却する場合にも、不動産会社による査定が行われます。不動産会社は査定額を次のようなポイントを見て決めています。

  • 立地
  • 築年数
  • 内装・外装
  • 設備
  • 土地の形状と面積
  • 接道状況
  • 生活の利便性
  • 境界線
  • 権利関係

築浅で便利な立地にある物件であれば売れやすいので買取でも比較的高額査定が見込めます。しかし、一戸建ては築10年で、マンションは築25年で、仲介での売却相場が新築時の半額程度になってしまいます。買取ではその約7割なのでさらに安くなってしまいます。

また、それぞれの物件ごとの使用状況や補修やリフォームの回数などによって、家の状態は大きく変わります。水回りや外壁塗装などの補修をこまめにして、きれいな状態を保っている家の方がより高額査定が見込めます。

最新の家の買取相場を調べる方法

家を売却するときには、不動産会社の言い値に従うのではなく、事前に自分で売却相場を調べておいた方がいいでしょう。自分で相場を把握していれば、不動産会社が提示する査定額が適切な金額かどうかを、自分で判断できます

仲介の場合には、売り出し価格を自分で決められるので、不動産会社の査定額に必ずしも従う必要はありません。しかし、不動産会社による直接買取の場合には、不動産会社が提示する査定価格がそのまま買取価格になります。

手元に入ってくる金額が査定額そのものなので、不動産会社が提示する金額が妥当なものかどうかを自分で判断できるようにしておくことが、仲介での売却よりも重要になります。こちらでは、不動産会社による直接買取で家を売却する前に、自分で家の買取相場を調べる方法を解説します。

買取の一括査定サイトを使う

不動産会社による直接買取の相場を調べられる最も簡単な方法は、買取専門の不動産一括査定サイトを利用することです。一括査定サイトであれば、一度の入力作業で複数の不動産会社からの査定を取り寄せられます。

複数の不動産会社の査定額を比較できるので、その中で最も高額査定を付ける不動産会社に買取してもらえます。まずは、買取専門の一括査定サイトを利用してみましょう。

仲介の一括査定の結果から推測

不動産会社の中には、買取も行っていても、買取専門の不動産一括査定サイトには登録していない不動産会社もあります。一括査定サイトの利用には、さまざまなコストがかかるために、不動産会社の方も利用するサイトを絞り込んでいることも多いためです。

買取専門の不動産一括査定サイトに登録していない不動産会社も探したいのなら、仲介の一括査定サイトも利用してみるといいでしょう。買取の一括査定サイトと比較すると、すまいステップのような仲介の一括査定サイトの方が登録している不動産会社の数が多く、不動産探しの選択肢が広がります。

買取の金額は仲介での7割程度だということを念頭に査定結果を見れば、おおよその買取額を計算できます。

仲介向けの不動産一括査定サイトのすまいステップなら、全国から厳選した良心的な不動産会社の中でも、さらに実務経験豊富な営業担当者が査定してくれます。仲介の査定結果から買取をしてもらえないか聞いてみることももちろんできるので、ぜひ一度利用してみましょう。

不動産取引価格情報検索を使う

不動産取引価格情報検索とは、国土交通省が運用している土地情報システムの中のサイトです。実際に不動産を売却した方へのアンケートで実際の売却価格を集めて、個人情報を特定できない形で公表しています。

全国各地の、マンション、一戸建て、土地の売却価格を実際の成約価格で調べることができます。また、2005年からのデータが公開されているので、売却相場の動きを調べることもできます。

こちらも、買取であれば7割程度になることを念頭にして見れば、おおよその売却価格の目安や相場の動きを知るための資料にできます。

不動産のポータルサイトで似た条件の家を探す

大手の不動産会社では、扱っている物件の売却情報を公開しているポータルサイトを開設しています。ポータルサイトを調べると、近隣地域で売却した物件と同じような物件が、実際に、どのくらいの価格で売り出されているのかを調べることができます。

不動産会社に査定を依頼しても、正確な買取価格を査定するためには、1週間から2週間程度の時間がかかります。データだけで査定する机上査定なら早ければ当日中にできますが、実際に不動産会社のスタッフが家までやってくる訪問査定を受けなければ正確な査定額はわかりません。

訪問査定は依頼してから、不動産会社と日程を合わせて、訪問調査してもらうのに数日、訪問調査から査定結果が出るまでにさらに1週間程度かかります。買取価格をすぐに知りたいときには不便です。

不動産会社のポータルサイトであれば、売り出し価格をすぐに調べられます。しかも、今現在売りに出されている物件なので、現在の相場を把握できます。売り出し価格の7割程度で計算すれば、買取相場もわかります。

ただし、通常は購入希望者が現れると値引き交渉が行われます。値引き交渉の結果は、ポータルサイトには掲載されないので、実際の売却価格はわかりません。ポータルサイトに掲載されている価格は、おおよその目安になる価格だと考えた方がいいでしょう。

家を高額で買取してもらう4つのコツ

家の売却を、より高額で売却できる不動産会社に仲介してもらい買主を探してもらう方法ではなく、仲介による売却の7割程度になってしまう不動産会社による直接買取を選ぶのは、いろいろと込み入った理由がある場合がほとんどです。

中には、仲介で売却できなかったために買取に切り替える場合もあります。しかし、最初から買取を希望する方の多くが、即現金化できる買取のメリットを選んでいます。仲介では買主を探すのにとても時間がかかるためです。

家をすぐに現金化しなければいけないような事情がある場合には、より高額で売却できた方がいいでしょう。仲介での7割程度になってしまうとしても、買取での高額売却を目指すためのコツがあります。こちらでは、より高額で不動産会社に買取してもらうためのコツをお伝えします。

買取価格が高い不動産会社を選ぶ

仲介での査定は、「このくらいの金額ならおそらく売りやすい」という不動産会社からの提案の金額です。実際には査定額で売れないこともあります。しかし、不動産会社による買取の場合には、中古車やブランド品を買取店に買い取ってもらうときと同じように、査定額が即買い取ってもらえる金額になります。

買取での売却を希望する場合には、必ず複数の不動産会社に査定してもらい、最も高額な査定額を付けたところに売却しましょう。そうすればより高額での売却が可能になります。

仲介の売却価格を参考に価格交渉する

不動産会社による直接買取を希望する場合でも、不動産会社との価格交渉が可能です。不動産会社は不動産売買のプロなので、あの手この手でより安い価格を提示しようとしてくるでしょう。

そのような場合には、買取での売却価格は仲介での7割程度だという知識を役立てましょう。事前に、自分で仲介での売却相場を把握していれば、その7割程度の金額がどのくらいになるのかも計算できます。

仲介での売却相場の7割よりも安い査定額を提示されたときには、仲介での売却価格を基にして価格交渉を進めましょう

買取保証を使う

もしも家を売却するのに時間的な余裕がある場合には、いきなり不動産会社による買取に応じるのではなく、最初は買取保証付きの仲介での売却を目指しましょう。売却までに3ヶ月から4ヶ月程度の時間的な余裕があれば、仲介で売却できる可能性が高まります。

買取保証とは、仲介で売却できなかったときには、不動産会社が直接買取をするという保証を付けて、仲介の契約である媒介契約を結ぶものです。媒介契約から3ヶ月で買主が見つからなかったときには、買取するという契約が一般的な買取保証の契約です。

仲介での売却であれば仲介手数料の支払いが発生しますが、支払手数料は売却金額の4%程度です。1,000万円で売却できれば40万円程度の仲介手数料で約960万円手元に残ります。仲介で3,000万円で売却できれば仲介手数料は約120万円で、約2,880万円手元に残ります。

仲介の7割になる買取では、1,000万の物件は700万円に、3,000万円の物件は2,100万円になってしまいます。仲介手数料を支払ったとしても、手元に残るお金は仲介での売却の方が買取よりも多くなります。仲介で売却できる可能性が少しでもあるのなら、仲介での売却を目指しましょう。

売却価格が上昇している時期に買取を依頼する

不動産価格は常に一定のものではなく、常に相場が変動しています。不動産相場の動きを見極めるのは投資のプロでなければ難しいところもあるのですが、不動産相場が安い時期ではなく、できるだけ高い時期を狙って売却すれば、より高額での不動産会社による買取を狙えます

不動産価格の推移を把握する方法は難しいのですが、まずは株価の動きには常に注目していましょう。不動産、特にマンション価格は株価の上昇の後で上昇に転じます。株価が上昇し始めたら、マンションを売却に出すタイミングを見計らいましょう。

また、景気の動向も不動産価格を大きく左右します。景気が好調なときには不動産価格は上昇して、悪くなれば下がってきます。内閣府が毎月発表する月例経済報告をチェックして、景気の動向にも敏感になっておきましょう。

年単位での不動産価格の推移を把握するのであれば、不動産取引価格情報検索で2005年からの売却したい家と同じ地域の同じような物件の売却価格の動きを把握しておきましょう。不動産の売却相場は大きな波のような形で変化します。定期的に動く波の動きを把握することで、売却するタイミングを見計らいましょう。

家の買取をしてもらうときの基礎知識

不動産会社に家を直接買取してもらうと、仲介での売却の7割程度の価格でしか売れません。そのことをよく理解せずに、不動産会社の言うがままに買取に応じてしまうと、大きな損をしてしまうことになります。不動産会社による直接買取を選択する前に、理解しておくべき基礎知識をこちらでは解説します。

家の買取にかかる期間

不動産会社による直接買取の最も大きなメリットは、売却までの時間が大幅に短縮できることです。仲介による買取では、買主を探して見つけるまでに何ヶ月もかかるのが一般的です。最短でも3ヶ月程度、時間がかかるときには半年以上かかることもあります。さらに、買主が見つかってからも、価格交渉から契約締結、引渡しまでに1ヶ月半から2ヶ月程度かかります。

しかし、買取であれば必要な書類さえそろっていれば、買取を依頼してから最短で3日、長くかかっても1ヶ月程度で買取が完了します。とにかくスピーディーに家の売却が進められるのが不動産会社による直接買取のメリットです。

なお、買取での売却は次のような流れで進みます。

  1. 査定
  2. 不動産会社との価格交渉
  3. 売買契約締結
  4. 引渡しと決済

買取費用は仲介の売却より安い

ここまで何度もお伝えしてきているように、不動産会社による直接買取は仲介での売却よりも安い金額でしか売却できません。仲介手数料を支払ったとしても、仲介で売却した方が手元に残るお金が多くなることは理解した上で利用しましょう。

ただし、仲介で一般の方に売却するときと違い、不動産会社による直接買取であれば、不動産会社が買取後に不要品の処分やハウスクリーニングをしてくれます。片付けや掃除などの手間をかけずに、そのまま引き渡せるというメリットがあります。

自分で手間とある程度のコストをかけても仲介でより高額での売却を目指すか、安くなってもスピーディーに手間もかけずに直接買取で売却するか、仲介と買取のメリットとデメリットをしっかりと考えた上で、どちらがいいのか選びましょう。

家の状態が悪いと買取不可

不動産会社が直接の買取に応じるのは、不動産会社がその後に売却できる見込みがあると判断した物件に限ります。リフォームや修繕をしても、売却するのは難しいと判断した家は、買取には応じてもらえません

ただし、建物としての売却が難しくても、土地や古家付きの土地としての売却の可能性はあります。土地として売却する場合には、家を解体する費用を負担しなければいけません。自分で活用できない家を持ち続けるデメリットと解体費用の負担とどちらが大きいのかよく検討しましょう。

築年数がたちすぎていて、家の状態が悪い場合には、土地としての売却の可能性はないか、探ってみることもおすすめします。

家の買取の前に試すべき売却の対策

不動産会社から買取をすすめられる場合には、最初は仲介での売却を依頼して媒介契約を結んでいたのに、なかなか買手が見つからないために、買取を提案される場合があります。

買取保証を付けていたわけではないのに、本来の売却価格の7割になってしまう買取に応じることに納得できないという方もいることでしょう。こちらでは、仲介で売却したいのに、不動産会社から買取を進められた場合の対処法について解説します。

最新の相場で売り出し価格を決める

不動産会社が買取に応じる家というのは、不動産会社が売る自信がある家に限られます。不動産会社が売るのは難しいと判断した家に、買取の話を持ちかけてくることはありません。

不動産会社から買取の話を持ちかけられたということは、売ろうとしている家には需要があるということです。需要があるのに売れない理由は、値付けに失敗しているためです。相場の価格よりも高額で売り出していないか、もう一度周辺地域の似たような物件の売却相場を調べてみましょう

相場とかけ離れた価格で売り出している場合には、相場に沿った価格に設定し直してもう一度売りに出してみましょう。

家を探している方も、高額な買い物なのでいろいろなことを調べて物件探しをしています。相場よりも高すぎる物件は、いい物件であってもなかなか買手はつきません。

仲介を依頼している不動産会社を変える

家が売れるか売れないかは、仲介を依頼している不動産会社の営業担当スタッフの実力にも大きく左右されます。適正価格で売り出していて、そこそこ需要もあるはずなのに、半年たっても売れない場合には、不動産会社を変えてみるものいいでしょう。

また、不動産会社によっては売却の仲介手数料と購入の仲介手数料の両方を自社で得ることを狙って、売却情報を他の不動産会社に流さなかったり、他の不動産会社からの問い合わせをブロックしていたりする囲い込みを行うこともあります。問い合わせや内覧の件数が少なすぎる場合には、囲い込みを疑って、不動産会社を変更することを検討しましょう。

仲介の契約である媒介契約は3ヶ月ごとに終了して更新します。契約期間中の契約終了は違約金が発生する恐れがありますが、更新のときに更新せずに契約終了すれば問題ありません

広告や内覧の対応を見直す

購入する家を探している人は、チラシやタウン誌、Webサイトの広告を見て内覧するかどうかを決めます。購入するかどうかは、価格などの条件と内覧での印象で決めます。

内覧に来てもらわなければ購入には結びつきませんし、内覧での印象が悪ければ購入には至りません

内覧に来る人の数が少ない場合には、広告の内容を見直しましょう。広告に掲載する写真は、明るくて広々とした部屋の雰囲気を伝えられるように工夫することをおすすめします。

また、内覧のときの印象を良くするために、部屋の片付けや掃除は事前にしっかりとしておきましょう。また、内覧時の対応は不動産会社のスタッフに任せっきりにせずに、質問には自分の言葉で答えるなど、誠実な対応を心がけましょう。

家の買取は最新の相場で業者を探そう

仲介ではなく不動産会社による買取で売却すると、どうしても売却価格が安くなってしまいます。しかし、売却まで時間がないときや、どうしても仲介で売れないときの最後の手段として、直接買取の選択肢がなくてはならない場合もあります。

しかし、直接買取であっても、できる限り高額で売却するためのコツはあります。不動産会社に不当に安く買い叩かれないようにするためにも、しっかりと自分で相場を調べて、相場に沿った適正価格で買取してくれる不動産会社を見つけましょう

全国各地の良心的な不動産会社を数多く集めているすまいステップなら、それぞれの地域で実績豊富なスタッフが買取の相談にも応じてくれます。不動産会社による直接買取での売却を検討している方も、仲介での売却相場を把握できるので、すまいステップでの一括査定を利用してみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?