マンションから戸建てへ住み替えるメリットとデメリットを解説

マンションから戸建てへの住み替えには、さまざまなメリットとデメリットがあります。両方を把握した上で、住み替え先を選ぶことが大切です。住み替えの方法や検討すべきポイントなども知り、マンションから戸建てへの住み替えを成功させましょう。
マンションから戸建てへの住み替えには、さまざまなメリットとデメリットがあります。そのため、両方を正しく把握して、住み替えによって得をするのか、より理想とする暮らしを実現できるのかを確認しておくことが大切です。
住み替えは大きなイベントであり、多額の資金を必要とすることも多いです。お金の面での心配も多いため、失敗しないためには住み替えについての理解を深める必要があります。
メリットとデメリットだけではなく、住み替えの方法まで把握して、スムーズにマンションから戸建てへの住み替えを実現しましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

マンションから戸建てへ住み替えるメリット

マンションから戸建てに住み替えるメリットとしては、次のものがあげられます。

  • 土地を手に入れられる
  • 騒音を気にしなくていい
  • 維持費が安くなる
  • 自由度が高い
  • リバースモーゲージが将来利用できる
  • 光回線が利用しやすい
  • プライベートな空間を作れる

メリットを把握して、マンションから戸建てに住み替える魅力を知っていきましょう。

土地を手に入れられる

マンションと比べると戸建ては利用できる土地が広く、自由に使える土地を所有できる点は大きなメリットです。マンションでも個人の土地を所有することは可能ですが、あくまで敷地の利用権であって、共有スペースまで個人所有できるわけではありません。

つまり、マンションの場合は所有できる土地や利用に制限がありますが、戸建ての場合は制限が少なく、より広い土地を所有して、自由に使うことができます。

土地の広さにもよりますが、余裕があるなら大きな庭を手に入れたり、余った土地を活かして駐車場利用することも可能です。また、所有する土地は自分の資産となり、売買できるだけではなく相続遺産として将来子どもや孫の世代に遺産を残せることもメリットです。

騒音を気にしなくていい

マンションのように集合住宅だと騒音が気になることも多いですが、戸建てではこの心配が少ないです。上下階や左右の住宅と壁で繋がっていないため、お互いの生活音が気になりづらく、騒音問題は起きづらいです。

隣接する住宅との距離が近い場合でも、窓を閉めるだけで周囲の音は聞こえづらくなり、より閑静な環境で暮らしやすくなります。自分と他の住人の生活音が気にならないことで、騒音トラブルが起きづらい点も、マンションから戸建てに住み替える魅力です。

維持費が安くなる

マンションよりも戸建て住宅のほうが、家にかかる維持費が安くなりやすい点も住み替えの魅力です。マンションの場合は毎月の家賃の他に次の費用がかかります。

  • 管理費
  • 修繕積立金
  • 利用する場合は駐車場・駐輪場代金

分譲で購入する場合も同じであり、毎月の住宅ローンの支払いに加えて、上記の費用がマンションではかかります。

しかし、戸建ての場合は管理費や修繕積立金は不要であり、広い土地があるなら駐車場や駐輪場を自宅に作ることが可能です。住宅購入代金はそれぞれかかるものの、購入してからの維持費が安くなりやすい点は、大きなメリットです。

自由度が高い

自宅の改装や手入れ、ペットの飼育など自由度が高くなることも、マンションから戸建てに住み替えるメリットの1つです。注文住宅で購入するなら、建築時に希望を伝えることで、より自分の理想とする住居を手に入れられます。

間取りや内装・外装のデザインはもちろん、導入する設備や搭載する機能まで自由度が高いため、自分の理想にフィットする家を手に入れやすくなります。

また、住んでから家に手を加える場合の自由度も高く、リフォームやリノベーションも行いやすいです。マンションでもリフォームなどの手入れは可能ですが、あくまで管理規約の範囲内でしか手を加えることができません。

そのため、実際に行いたい工事があっても、管理規約の内容次第では制限が出てしまい、自由に改装できないこともあります。

また、マンションではペットの飼育が禁じられていることもありますが、戸建ての場合にはこの制限がありません。暮らしにおける自由度は、マンションよりも戸建てのほうが高いといえます。

リバースモーゲージが将来利用できる

将来的にリバースモーゲージという融資制度が利用できることも、戸建てならではの魅力です。リバースモーゲージは自宅を担保にして融資を受ける制度であり、対象は戸建てのみです。つまり、マンションは分譲で購入していたとしても、リバースモーゲージ制度は利用できません。

リバースモーゲージで融資された資金の使い道は自由であり、住み替え資金にするだけではなく、生活資金としても利用できます。

また、借り入れた資金はリバースモーゲージの契約者が亡くなった後に、担保にしている家を売却することで返済できます。老後資金を手に入れやすいだけではなく、契約者が亡くなった場合でも、子どもや孫に負債を残さずに済む点はリバースモーゲージの魅力です。

光回線が利用しやすい

マンションよりも光回線を利用しやすい点も、戸建てに住み替えるメリットです。マンションでも光回線は利用できますが、基本的にはマンション全体で契約している回線を利用します。

そのため、個人で契約先を選ぶことができず、選択肢は狭まります。戸建ての場合は利用する回線からプロバイダまで自由に選択でき、自分の利用状況に合わせた契約内容を設定できる点は大きな魅力です。

また、回線速度も戸建てのほうが安定しており、よりストレスのない環境でネットを利用しやすい点も、戸建てならではのメリットです。マンションは建物全体で契約した回線を、住人で分け合って利用します。

そのため、契約者が多かったり、同時利用者が多い時間帯だったりすると、回線が不安定になってネット速度が落ちることも多いです。

契約内容の自由度の高さに加えて、回線速度が安定し、ストレスの少ない環境でネットを利用しやすい点は、戸建てに住み替えるメリットといえます。

プライベートな空間を作れる

戸建てで2階建てなら、家族内でもプライベートな空間を作りやすい点も、マンションから住み替えるメリットです。マンションでも複数の部屋があるなら個人の空間は作れますが、それぞれが同じ階で生活しているため、距離は近くなります。

戸建てなら1階と2階で部屋を分けることができ、それぞれの距離をさらに取ってプライベート空間を実現しやすいです。家族が個人の時間を作りやすい環境にある点は、戸建てならではのメリットといえます。

マンションから戸建てへ住み替えるデメリット

多数のメリットがあるマンションから戸建てへの住み替えですが、同時にデメリットもあります。

  • セキュリティがマンションよりも不安
  • 自分で管理をする必要がある
  • 交通の便がよくないことが多い
  • 近所付き合いが増える
  • 修繕費は自分で用意する

メリットだけではなく、デメリットも把握して、マンションから戸建てに住み替えたほうがよいのかを判断しましょう。

セキュリティがマンションよりも不安

セキュリティ面で比較すると、戸建てよりもマンションのほうが優れています。マンションはオートロックがついていたり、防犯カメラが搭載されていたりすることが多いです。しかし、戸建てにはこれらの設備は導入されていないことが多いです。

セキュリティ性能を高めるためには、自身で設備導入が必要となり、手間と費用がかかります。また、戸建てのほうが窓が多いため、外部からの侵入がしやすいです。加えて、外との距離が近くなるため、人が入り込みやすいという不安もあります。

セキュリティ面を改善するには、防犯カメラや人感センサー、強化ガラスの導入なども考慮する必要があり、環境を整えるために費用と時間がかかりやすい点は戸建て住宅のデメリットです。

自分で管理をする必要がある

管理人がいるマンションとは違って、戸建ての場合は住宅の管理を自分で行わなければなりません。マンションは管理人が共有スペースの清掃や管理会社が外壁、駐車場などの整備を行います。

戸建ての場合は清掃や修繕、整備などはすべて自分で行う必要があり、維持に手間がかかりやすい点はデメリットです。

交通の便がよくないことが多い

マンションと戸建ての立地を比較すると、マンションのほうが便利な場所に建っていることが多いです。駅に近い物件が多いマンションと比べて、戸建ては駅から離れていることが多く、交通アクセスで不便を感じてしまうこともあります。

もちろん、戸建てでも駅に近い物件はありますが、購入金額が高くなったり、騒音が気になったりすることもあります。通勤や通学にはマンションのほうが便利な場合も多く、戸建ては閑静な場所に住める分、アクセスが悪くなりやすいことは覚えておきましょう。

近所付き合いが増える

戸建て住宅は周辺住民との近所付き合いが増えることも多く、トラブルが起きた場合もすべて自分で対処しなければなりません。マンションでも近所付き合いはありますが、トラブル発生時は管理組合を通して、マンションの管理規約に従って解決することが多いです。

つまり、第三者が介入してトラブルを解決してもらいやすいマンションに対して、戸建ての場合は第三者の介入がないため、すべて自分で対処する必要があります。

良好な関係が築けているなら問題はありませんが、トラブルが起きた際には解決に自分の労力を割かなければならないことは覚えておきましょう。

修繕費は自分で用意する

定期的な支払いが必要な修繕積立金がないことは戸建てのメリットですが、いざ自宅の修繕が必要になった際には、全額自分で負担しなければなりません。

マンションは積立金から費用が捻出されますが、戸建ての場合は自分で資金を用意して、修繕を行う必要があります。修繕内容によっては高額な費用がかかることもあるため、自宅を維持するためには十分に貯蓄をしておかなければならない点には注意が必要です。

売り先行と買い先行それぞれの利点

住み替えには売り先行と買い先行の2つのスタイルがあり、それぞれで利点は異なります。売り先行は先に自宅を売却してから、新居を購入する方法です。

買い先行は先に新居を購入してから、住んでいる自宅を売却します。それぞれの特徴を知り、マンションから戸建てへの住み替えでは、どちらのスタイルが自分に合っているかを判断しましょう。

売り先行の利点

住んでいるマンションを先に売却してから戸建てを購入する売り先行の利点は、次のものがあげられます。

  • 資金計画を立てやすい
  • 住み替えに時間の余裕が持てる
  • 希望に近い金額で売却しやすい

マンションの売却価格から新居の購入金額を決められるため、無理のない資金計画を立てやすい点はメリットです。また、新居の購入はマンションの売却後になるため、マンションの売却に時間をかけることができ、時間の余裕を持ちやすい点も魅力です。

じっくり売却活動に臨めることで、マンションの買主を選別したり、交渉するしたりする余裕ができ、希望に近い金額で売却しやすくなることも売り先行の利点でしょう。

買い先行の利点

先に新居の戸建て住宅を購入してからマンションを売る買い先行の利点は、次の通りです。

  • 引っ越しがスムーズになる
  • 引っ越し費用が減らせる
  • ローン残債がなければ買い替えが容易になる
  • 売却のタイミングが自由になる

新居を購入した時点で引っ越しが可能であり、一度仮住まいを挟む必要がありません。そのため、マンションが売れてからの生活場所に困ることがなく、スムーズに引っ越しができ新生活を始められるのは大きな利点です。

また、仮住まいが不要となることで、引っ越しの回数を減らすことができ、住み替え費用が減らせる点も魅力です。

住んでいるマンションの住宅ローン残債がない場合は、新居の購入資金さえあれば買い替えができます。残債がないなら新たな住宅ローンの借り入れもしやすくなり、買い替えが容易になる点もメリットです。

戸建てに住んですぐにマンションを売却しなければならないわけではなく、資金に余裕があるなら戸建てとマンションの両方を所有していても問題はありません。戸建てに住み替えて生活が落ち着いてからマンションの売却を考えることも可能であり、売却のタイミングの自由度が高い点も買い先行のメリットです。

戸建てへ住み替える方法

実際にマンションから戸建てに住み替えるには、どのような方法があるのかも知っておきましょう。住み替えの方法は、買い先行と売り先行のどちらを採用するかによって異なります。それぞれの違いを知り、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。

買い先行の場合

買い先行のスタイルでは、次の手順で住み替えを行います。

  • 資金計画を立てる
  • 戸建て探し
  • マンションの査定と売却

全体の流れを知り、スムーズに買い替えを行いましょう。

資金計画を立てる

まずは資金計画を立て、住み替えに金銭的な無理がないかを確認します。資金計画を立てる際には、次の点を意識しましょう。

  • マンションの住宅ローン残債を確認する
  • 購入できる戸建て住宅の金額を試算する
  • 戸建て住宅の毎月のローン返済額や返済期間を検討する

まずはマンションの住宅ローン残債がいくらあるかを確認します。次にローン残債や自己資金、マンションの売却予想価格などから、いくらくらいの新居が購入できるかを考えましょう。

ローンを完済している場合は新居の購入金額が高めに設定しやすいですが、残債がある場合は現在の借り入れ金も考慮して、金額を考えなければなりません。

また、戸建ての購入にあたって住宅ローンを利用する場合は、毎月いくらなら無理なく返済できるかも計算しておきましょう。返済金額だけではなく、返済期間も考え、滞納せずに支払えるかを検討することが大切です。

戸建て探し

無理のない資金計画が立てられたなら、購入する戸建て住宅を探します。不動産会社に予算や希望を伝え、自分の理想に近い物件を見つけてもらいましょう。

戸建てを購入する際には、不動産会社と媒介契約を結び、家を探してもらいます。その後希望に合った物件が見つかったなら、買主と交渉して売買契約を結び、引渡し後に入居となります。

マンションの査定と売却

買い先行では新居に購入してから、前に住んでいたマンションの売却を行います。売却の際には査定を受けて、いくらで売れるかを判断してから不動産会社に売却を依頼しましょう。

マンションの査定は不動産会社に直接依頼することも可能ですが、少しでも好条件で売却するなら一括査定サイトの利用がおすすめです。一括査定サイトは、ネット上に物件情報を登録することで、一度に複数社から査定を受けられるため、利用する不動産会社を効率的に選定できます。

一括査定サイトのすまいステップは、2~3分程度の登録で一括査定を受けられるため、スムーズに不動産会社を見つけられるでしょう。売却を仲介してもらう不動産会社を見つけたなら、媒介契約を結んで売買活動をスタートしてもらいます。

買主が見つけ、条件交渉をして売買契約を締結します。物件の引渡しや決済などを行い、住み替えは完了です。

売り先行の場合

売り先行のスタイルでは、次の手順で住み替えを行います。

  • 資金計画を立てる
  • マンションの査定
  • マンションの売却活動
  • 戸建てを探す

買い先行とは手順が異なるため、違いも比較しながら売り先行の住み替え方法への理解を深めましょう。

資金計画を立てる

住み替え前に資金計画を立てる点は、売り先行でも買い先行でも同じです。売り先行の場合はマンションの売却価格が決定してから資金計画を立てられるため、より具体的な金額を反映して、新居の購入金額を決めやすいです。

自己資金と売却価格、住宅ローンの残債や新居のローンの返済金額や期間なども考慮して、無理のない資金計画を立てましょう。

マンションの査定

現在住んでいるマンションがいくらで売れるかを把握するために、不動産会社による査定を受けます。一括査定サイトのすまいステップなら、一度に複数社から査定を受けられるため、売却の相場価格を判断しやすいです。

また、不動産会社によって提示する査定額は異なるため、複数社で比較して、より条件のよい不動産会社を見つけやすい点も利用するメリットです。

マンションの売却活動

マンション売却を仲介してもらう不動産会社を見つけたなら、媒介契約を結んで売却活動を開始します。物件の広告を出して買主を募り、希望者には内覧対応を行って家を見てもらいます。

買主が見つかったなら条件交渉を行い、売買契約を結んでマンションを引き渡します。決済と引き渡しは同じタイミングになることが一般的です。売り先行の場合は引き渡しまでに仮住まいを見つけ、事前に引っ越しを済ませておきましょう。

戸建てを探す

売り先行では仮住まいに住みながら、新居の戸建て住宅を探します。不動産会社と媒介契約を結び、希望を伝えて物件を探してもらいましょう。

理想とする物件が見つかったなら、売買契約を結びます。決済と引き渡しを行い、仮住まいから戸建てに引っ越して住み替えは完了です。

マンションから住み替えで検討するポイント

マンションから戸建てへ住み替える際には、検討すべきポイントが2つあります。

  • 住み替えでかかる費用
  • 住宅ローンの残債

これらのポイントを頭に入れて、住み替えの計画を立てましょう。

住み替えでかかる費用

住み替えにはさまざまな費用がかかり、戸建ての購入だけではなくマンションの売却にもコストがかかります。

マンションの売却にかかる費用戸建ての購入にかかる費用
仲介手数料物件の購入代金
印紙税印紙税
抵当権抹消費用登記費用
譲渡所得税住宅ローン借り入れ費用
固定資産税精算金
仲介手数料
不動産取得税

それぞれいくらかかるかは条件によって異なりますが、戸建ての購入代金だけで考えても、数千万円から場合によっては1億円以上かかることもあります。

もっとも大きな費用は物件の購入代金ですが、その他にも手数料や税金がかかることは理解しておきましょう。また、売り先行の場合はマンション売却後に仮住まいへの引っ越しが必要です。そこから新居への引っ越しもあるため、引っ越し費用が2回かかることも覚えておき、無理のない資金計画を立てましょう。

住宅ローンの残債

住み替え時には住宅ローンの残債を確認する必要があります。売却時点でローンが残っているかどうかはもちろん、残債がある場合は売却価格で完済できるかもチェックしましょう。

住宅ローンは完済しなければマンションの売却ができないこともあるため、残債がある状態で住み替えを検討しているなら、ローンを契約している金融機関に相談する必要があります。

また、住み替え時にローンの完済が難しい場合は、住み替えローンの利用も検討しましょう。継続して住宅ローンを利用する場合は、新生活を始めてから資金繰りに困らないかを十分に確認しておくことが大切です。

参考:マンションの売却費用はいくら?費用の相場と概算金額を解説

マンションから戸建てへの住み替えで使える税金の特例

マンションから戸建てへの住み替えでは、次の特例が利用できます。

  • 住宅ローン控除
  • 譲渡損失の買換え特例

新たに住宅を購入し、10年以上のローンを組む場合は、住宅ローン控除を適用できます。住宅ローン控除は年末時点のローン残高の1%を所得税から控除するものであり、年間の控除上限は40万円です。

譲渡損失の買換え特例は住み替え時に損失が出た場合に適用できます。住み替えによって出た損失を所得と通算し、節税ができます。

それぞれ適用するには条件を満たしていることに加えて、確定申告が必要であるため、利用可能なら住み替えを行った翌年に申告しましょう。

メリットとデメリットを比べて自分に合った住まいを探そう

マンションから戸建てへの住み替えでは、メリットだけではなくデメリットもあります。そのため、両方を知った上で、住み替え先を決めることが大切です。

住み替えの方法も売り先行と買い先行の2つのスタイルがあるため、自分の状況に合わせて選ぶ必要があります。住み替えで失敗しないためには、無理のない資金計画を立て、利用できる特例は積極的に活用することが大切です。メリットとデメリットは詳細まで把握して、自分に合った住まいを探しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?