1. All About
  2. 検索一覧
54人該当しました
カテゴリー:
暮らし
メディア掲載実績:
未選択
執筆書籍:
未選択
  • 大葉 ナナコ

    妊娠・出産 ガイド

    大葉 ナナコ (おおば ななこ)

    趣味は出産、特技は安産。バースコーディネーターとして、プレママ・ママのメンタルサポートやライフスキル、妊娠準備、出産準備、楽しい育児のコツを発信する。「誕生学(R)」という、生まれてきた自分のいのちの力を知り、自己肯定感を高めるプログラムも主催。

  • 高祖 常子
    ママとパパに寄り添った「感情的にならない子育て」を全国で伝える

    子育てアドバイザー、キャリアコンサルタント。資格は保育士、幼稚園教諭2種、心理学検定1級ほか。NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事ほか各NPOの理事や行政の委員も務める。子育て支援を中心とした編集・執筆ほか、全国で講演を行っている。著書は『感情的にならない子育て』(かんき出版)ほか。3児の母。

  • 浅井 貴子
    ゆっくり、ゆっくりママになればいいんだよ。

    新生児訪問指導歴約25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。ベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師を多数務める。

  • 牧野 くにお

    赤ちゃんの命名・名づけ ガイド

    牧野 くにお (まきの くにお)

    「漢字」と「名づけ」に全力を注ぎ、質の良い情報をいたします。

    マタニティ雑誌『バルーン』『プレモ』で20年以上、名づけ相談を担当。全国各地のデパート、企業、産院に招かれての命名相談や命名の講演は延べ1000回以上。お受けした名づけ相談は12万件を越え、拝見した候補の名前は100万を越えます。著書は名づけ、漢字に関する本など40冊。

  • 竹内 正人

    妊娠・出産 ガイド

    竹内 正人 (たけうち まさと)

    産科医

    たくさんのお産に携わりながら、より優しい「うまれる」「いきる」を3世代/100年先につなごうと、地域、国、医療の枠をこえて、さまざまな取り組みを展開している産科医。著書、監修書多数。妊娠・出産・育児ママに応援メッセージを毎日届ける無料メルマガ【そのママ】(会員数23万)も好評!

    • 青木 愛

      マタニティウェア ガイド

      青木 愛 (あおき あい)

      マタニティのセレクトショップ、「VIRINA maternity/ヴィリーナ マタニティ」のオーナー兼バイヤー。元ファッション誌編集者という経歴を活かし、世界中の最新マタニティウエアを発信する。『VERY』『25ans』『GLAMOROUS』『SAKURA』などでもお馴染み。プライベートでは2児の母。

    • 高沖 清乃

      マタニティ ガイド

      高沖 清乃 (たかおき きよの)

      妊婦さんの4割が利用。国内最大級のマタニティメディア発行人

      働く女性のためのマタニティサイト『ニンプス』及びマタニティ誌『ninps』発行人。ママのための情報サイト『Ca-sun(カーサン)』編集長。ウェブ媒体でのレギュラーコラム執筆のほか、雑誌『an an』『CREA』『with』ほか、新聞、ラジオなどで、今どきの妊娠・出産情報や、仕事と出産・子育ての両立についてコメント多数。

      • 西塚 麻理子

        マタニティグッズ ガイド

        西塚 麻理子 (にしづか まりこ)

        働く女性のためのマタニティ&授乳服インポートセレクトショップのオーナー。マーケティング・PR職を歴任後、39歳で妊娠。こだわりのラグジュアリーなマタニティライフを追求し、世界各地のマタニティグッズ&ウェアをリサーチした経験を元に、2012年に「オシャレニンプ.com」を開業。

      • 小林 博子

        マタニティグッズ・ベビー用品 ガイド

        小林 博子 (こばやし ひろこ)

        マタニティメディア「ニンプス」元編集長

        妊婦さんの3人に1人がアクセスする日本最大級のマタニティメディア「ニンプス」元編集長。自らのお腹で試した妊娠線ケアコスメの数は50個以上。

      • 石川 勇介
        妊活・不妊に関する社会課題に向き合うベンチャー企業の代表取締役

        2015年6月に、自身の妊活経験で感じた課題を解決するため、株式会社ファミワンを創業。LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「ファミワン」を妊活に取り組む全ての人への提供を行うと共に、企業や自治体、大学、医療機関などとも連携をしながら、社会を変えていくことを目指しています。

      • 1
      • 2
      • 3
      • ・・・
      • 6