必須アミノ酸

化学名:
必須アミノ酸
英語名:
essential amino acid

概要

必須アミノ酸とは、タンパク質を構成している20種類のアミノ酸のうち、体内で合成することができない、または、十分作ることができない9種類のアミノ酸、バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジンのことを指します。食べ物から摂取する必要があり、どれか1つが欠けても、筋肉や血液、骨などを合成できなくなります。

体内での働き

必須アミノ酸は、神経伝達物質やエネルギー源になります。また、筋肉のタンパク質の分解を抑える、肝臓や腎臓の働きを助ける、赤血球や白血球を形成する、成長ホルモンの分泌を刺激する、記憶力や注意力を向上させる、といった働きがあります。

バリン(Val)

血液中の窒素バランスをプラスにコントロールし、筋肉の成長や運動能力の維持に効果があります。イソロイシン、ロイシンと合わせて分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。

イソロイシン(Ile)

筋肉の成長・維持に関わるBCAAの1つで、筋肉の成長・維持だけでなく、血管を拡張させる、肝機能を向上させる、神経の働きを補助するといった作用があります。

ロイシン(Leu)

筋肉の成長・維持に関わるBCAAの1つで、運動時のエネルギー源でもあります。肝機能の向上を促し、タンパク質の構成にも関わっているため、育毛にも効果を発揮すると言われています。

メチオニン(Met)

アレルギーを引き起こす血液中のヒスタミンを排出させることにより、アレルギーの発生を抑制します。また、抗うつ作用や脂質の代謝、老廃物の排出、発毛にも効果を発揮します。

リジン(Lys、リシン)

細菌やウィルスの侵入を防ぐ抗体の材料となるため、成長と免疫力の向上に大きな役割を果たしています。

フェニルアラニン(Phe)

ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンなどの興奮性の神経伝達物質を作り出す性質を持っています。また、抗うつ作用もあると言われています。

トリプトファン(Trp)

精神の安定などに効果があるセロトニンという神経伝達物質を作ります。

スレオニン(Thr、トレオニン)

成長を促進し、肝臓への脂肪蓄積を防ぎます。

ヒスチジン(His)

成長を促進し、神経機能の補助や食欲の抑制、脂肪燃焼効果などがあります。また、外部からの刺激により血管を拡張する作用もあります。

欠乏または過剰に摂取した場合

必須アミノ酸が欠乏すると、スタミナがなくなる、免疫力が弱くなる、脳の働きが鈍る、血管壁が弱くなる、貧血になる、発育不良が起こる、といった症状が現れます。また、過剰に摂取しても、ほとんどの場合、問題は起こりません。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

参考文献

  • 暮らしの栄養学(日本文芸社)
  • 元気な美人の栄養学
  • アミノ酸ハンドブック(工業調査会)
  • タンパク質・アミノ酸の新栄養学(講談社)
  • タンパク質・アミノ酸の科学(工業調査会)
  • 基礎栄養学(南江堂)
  • 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集第4版(女子栄養大学出版部)
  • サプリ・トクホ相談Q&A(静岡県薬剤師会)
  • ナチュラルメディシン・データベース(Jahfic)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。