ロイシン

化学名:
ロイシン
英語名:
leucine(Leu)

概要

ロイシンは必須アミノ酸の一種です。筋肉の成長に欠かせない分岐鎖アミノ酸(BCAA)に分類されます。BCAAの中でもタンパク質の構成に深く関わり、筋肉の形成を促し、筋肉の分解を防ぐほか、肝機能を強化の働きがあると言われています。必須アミノ酸9種類の中では1日の必要量が最も多く、動物性タンパク質に多く含まれており、様々な食品から摂取できます。通常の食事をしていれば不足することはほとんどありません。

体内での働き

肝機能を高める

肝機能を向上させてグリコーゲンの合成を促し、疲労を回復させる効果があります。

筋肉を強化する

筋肉を強化し、筋肉の分解を抑制する効果があります。また、インスリンの分泌を増加させる作用もあるため、ブドウ糖をエネルギーとして筋肉の細胞に取り込むのを助けます。

ストレスを緩和する

ロイシンには、脳内麻薬とも呼ばれる神経伝達物質、エンドルフィンと同様の効果があるため、ストレスを緩和する効果があります。

育毛を促す

タンパク質の構成に関わっているため、毛の健康状態の改善や育毛効果が期待できます。

欠乏または過剰に摂取した場合

多くの食品に含まれているため、欠乏することは稀ですが、ロイシンが不足すると肝機能が低下しグリコーゲンの合成が滞り、インスリンの分泌も減少してしまいます。その結果、血糖値の上昇を招きます。また、筋力の低下や疲労の蓄積などを引き起こしたり、イライラしやすくなります。一方、過剰に摂取してもほとんどの人には問題ありませんが、妊娠中や母乳授乳期、過度にアルコールを摂取している人、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の人、分岐鎖ケト酸尿症(メープルシロップ尿症)の人、および糖尿病患者や2週間以内に手術を受ける予定の人は摂取しないで下さい。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

多く含まれる食品

参考文献

  • 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集第4版(女子栄養大学出版部)
  • ロイシン(アミノ酸生活)
  • タンパク質・アミノ酸の科学(工業調査会)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。