チロシン

化学名:
チロシン
英語名:
tyrosine(Tyr)

概要

チロシンはアミノ酸の一種で、フェニルアラニンから合成されます。アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質の原料となります。また、代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや髪の毛、皮膚の黒色色素であるメラニンの材料になります。神経や脳の働きをサポートするために必要な栄養素であり、うつ病や認知症、パーキンソン病の予防や改善に効果があると言われています。

体内での働き

神経伝達物質を合成する

脳を活性化させる神経伝達物質であるドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンを合成します。興奮すると分泌されるアドレナリンとノルアドレナリンは、運動能力を引き出し、リラックス状態で分泌されるドーパミンは、学習能力や集中力を向上させます。

甲状腺ホルモンを合成する

成長や代謝を促進する甲状腺ホルモンのチロキシンを合成します。

メラニン色素を生成する

皮膚や髪の色素であるメラニンを生成します。メラニン色素は紫外線から細胞組織を守る働きを持っています。

うつ症状を改善する

チロシンは、やる気を起こさせるドーパミンや集中力を高めるノルアドレナリンの材料となるため、うつ症状の改善に効果があります。

欠乏または過剰に摂取した場合

チロシンが不足すると、脳内で働く神経伝達物質の分泌が減るため、気力や集中力が低下します。成長や代謝を促進する甲状腺ホルモンの材料でもあるため、成長途中にある乳幼児が摂取不足になると、発達障害や成長障害を引き起こす可能性があります。また、コレステロールが増え、動脈硬化や脂質異常症を誘発すると言われています。不足するとメラニンの生成が妨げられるため、白髪の原因にもなりますが、摂取し過ぎると、肌のシミやそばかすが発生しやすくなる可能性があります。過剰に摂取することで頭痛、疲労、胸焼け、関節炎といった症状が現れる事があります。妊娠中や母乳授乳期に摂取した場合の安全性については十分なデータがありませんので、使用を控えて下さい。また、甲状腺機能亢進やグレーブス病の人は使用してはいけません。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

参考文献

  • ナチュラルメディシン・データベース(Jahfic)
  • 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集第4版(女子栄養大学出版部)
  • チロシン(アミノ酸生活)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。