グルタミン

化学名:
グルタミン
英語名:
glutamine(Gln)

概要

グルタミンは、体内で生成できるアミノ酸です。骨格筋の遊離アミノ酸の約6割を占めており、体に最も多く含まれています。腸の働きをサポートし、筋肉を強化したり、筋肉疲労を回復したりする効果があります。また、細胞を柔軟に保つことでエネルギーの代謝や窒素の代謝に関わり、認知症の予防や潰瘍の回復を早めると言われています。

体内での働き

腸管粘膜の保護

グルタミンは腸管粘膜の絨毛(じゅうもう)のエネルギー源となり、腸管粘膜の保護・修復を行います。

免疫力を高める

ウイルスや細菌などの異物から体を守る免疫機能を高める効果があります。

アルコールの代謝を促す

アルコールを分解するアラニンというアミノ酸とともにアルコールの代謝を促し、二日酔いを改善する効果があると言われています。

肝機能や肝障害を改善する

グルタミンとアラニンを摂取すると、肝臓の再生が促進されることが分かっています。肝機能が向上すると、脂肪肝や肝硬変の改善やリスクの軽減につながります。

傷を治癒する

窒素の代謝に働きかけ、創傷の治癒に必要なタンパク質の前駆物質になります。グルタミンを元に生成される窒素量は、体内で生成される窒素量の3分の1を占めており、傷の回復を早める効果があると言われています。

筋肉を強化する

筋肉の分解を抑制し、筋肉を維持します。肉体的なストレスがかかると、タンパク質の分解が活発になり、筋肉中からグルタミンが放出されますが、グルタミンを補給すると、タンパク質の分解が抑制されることが分かっています。手術後、運動ができない患者に対して筋肉を失うことなく体力を維持できるよう、グルタミンが点滴されるのは、そのためです。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると、消化機能や筋力、免疫力が低下し、うつなど精神面への影響が出ると言われています。通常の食生活では過剰摂取の心配はほとんどありません。しかし、副作用についてはまだよくわかっていません。過剰に摂取すると、肝臓にダメージを与えるため、1日40g以上は摂取してはいけません。妊娠中、母乳授乳期は、過度な使用を控えて下さい。また、重篤な肝疾患の人、精神疾患やひきつけのある人は使用してはいけません。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

多く含まれる食品

参考文献

  • アミノ酸の種類(日本アミノ酸研究会)
  • アミノ酸ハンドブック(工業調査会)
  • タンパク質・アミノ酸の新栄養学(講談社)
  • タンパク質・アミノ酸の科学(工業調査会)
  • 基礎栄養学(南江堂)
  • 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集第4版(女子栄養大学出版部)
  • グルタミン(アミノ酸生活)
  • サプリ・トクホ相談Q&A(静岡県薬剤師会)
  • ナチュラルメディシン・データベース(Jahfic)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。