アルギニン

化学名:
アルギニン
英語名:
arginine(Arg)

概要

アルギニンはアミノ酸の一種で、鶏肉や大豆などに多く含まれています。成長ホルモンの分泌を促し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高めたりする効果があります。アンモニアを解毒し、血管を拡張して血流を改善する効果もあります。また、新陳代謝を促し、肌を保湿します。体内で合成できるものの十分ではなく、不足分を摂取する必要があります。なお、子どもは十分にアルギニンを作り出すことができないため、必要量を食事から摂取することが大切です。

体内での働き

成長ホルモンの分泌を促す

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す効果があります。脳下垂体から分泌される成長ホルモンには、体の抵抗力を高める、傷を早く治す、脂肪の代謝を促す、食欲を抑制する、筋肉を増強させるといった効果があります。

血行を促進する

アルギニンは体内で一酸化窒素(NO)を作ります。NOは血管を拡張し、血流をスムーズにして動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防します。

免疫力を高める

免疫細胞マクロファージを活性化させ、免疫力を高めて病気に負けない体を作ります。

保湿する

肌は表面から、角質層、表皮層、真皮層に分かれていますが、アルギニンには、角質層を保湿する効果があることがわかっています。また、コラーゲンの生成にも関与しています。

アンモニアを解毒する

肝臓でアンモニアを代謝するオルニチン回路に関わり、解毒する働きがあります。オルニチン回路はエネルギーを作りだすクエン酸回路の働きをサポートし、アンモニアを尿素にし無毒化することで肝機能を正常に保ちます。

欠乏または過剰に摂取した場合

不足すると、成長を阻害されます。筋肉が衰え、肌にシワができるなど、老化が進行します。また、動脈硬化などの生活習慣病のリスクも高まります。過剰に摂取すると、アルギニンはアルカリ性のため、消化器官に影響を及ぼす可能性があります。胃腸が弱っている場合は、腹痛、腹部膨満感、下痢などを引き起こすおそれがあります。アレルギー体質や喘息、ヘルペス、肝硬変、精神分裂症の人は、症状を悪化させる可能性があるため、注意が必要です。妊娠中や母乳授乳期に、適切な量を経口摂取する限りは、ほぼ安全です。しかし、長期間の使用については十分なデータがありませんので、安全面を考慮し、使用を控えてください。成長ホルモンの分泌を促すことから、成長期の子どもが過剰に摂取すると巨人症になる恐れがあります。また、致死などの重大な副作用を起こす危険もあります。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

多く含まれる食品

参考文献

  • アミノ酸ハンドブック(工業調査会)
  • タンパク質・アミノ酸の科学(工業調査会)
  • 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集第4版(女子栄養大学出版部)
  • アルギニン(アミノ酸生活)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。