先発品

エディロールカプセル0.75μg

大正富山医薬品株式会社

エディロールカプセル0.75μg
主成分
エルデカルシトール 0.75μg1カプセル
剤形
茶褐色透明のカプセル剤、直径約6.6mm
薬価
100.50円
※この薬は先発品です
シート記載
エディロール0.75μg

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

  • 活性型ビタミンD3の誘導体であり、小腸でのカルシウム吸収を助け、骨の新陳代謝を改善します。その結果、骨密度を増やし骨を強くして骨粗鬆症による骨折を予防します。
    通常、骨粗鬆症の治療に用いられます。

使用上の注意

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。高カルシウム血症、腎機能障害、悪性腫瘍、原発性副甲状腺機能亢進症、肝機能障害、尿路結石、過去に尿路結石があった。
  • 妊娠または妊娠している可能性がある、授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量について

  • この薬は、血清カルシウム濃度の十分な管理のもとに、服用量が調整されます。
    通常、成人は1回1カプセル(主成分として0.75μg)を1日1回服用しますが、症状により適宜減量されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、飲み忘れた分はとばして、次回からは指示通り飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

生活上の注意

  • この薬は、動物実験において、胎児の奇形、乳汁中への移行などが報告されています。妊娠する可能性がある人は、この薬を服用している間は必ず避妊してください。
  • カルシウムやビタミンDを含む市販の薬や食品をとりすぎると副作用が起きやすくなる可能性があります。そのような薬や食品をとる場合は医師に相談してください。

副作用について

    • 主な副作用として、高カルシウム血症などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    • 下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
      このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
      • からだがだるい、食欲がおちる、いらいら感、ぼーっとする、注意力が散漫になる、吐き気、嘔吐、口の渇き、水を多く飲む、尿量が多くなる
      • [高カルシウム血症]
      • 尿量が減る、からだや足がむくむ、目がはれぼったくなる、からだがだるい、疲れやすい、意識の低下、頭痛、息苦しい
      • [急性腎不全]
      • 激しい腰や背中の痛み、腹痛、血尿
      • [尿路結石]
    • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法・その他

  • (PTP包装品の場合)光の当たらないところで湿気を避けてふたのついた容器などに入れ、子どもの手の届かないところに室温(1~30℃)で保管してください。
  • (瓶入り包装品を分包した場合)薬を飲むとき以外は薬袋から薬を出さないでください。光の直接あたる場所や子どもの手の届くところに薬を置かないでください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。