速水もこみちとタッグを組んだツヴィリングJ.A.ヘンケルス


160519_038

キッチンツールメーカー5社とダブルネームで「MOCOMICHI HAYAMI」をリリースした速水もこみち。こだわりの詰まった全53アイテムを紹介しよう。

 

160519_568▲三徳包丁(18cm/14cm)のそれぞれ3色、6種類がラインアップした「MOCOMICHI HAYAMI」モデル

 

■伝統285年の“世界の老舗”も日本工場
“双子マーク”のキッチンツールでお馴染みの「ZWILLING J.A. HENCKELS」は、2016年で創立285周年を迎えた。ドイツ・ゾーリンゲンに本拠を置き、世界中で愛されるキッチンウェアブランドであるが、2004年に速水もこみちとタッグを組んだ「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス」が日本に自社工場(岐阜県関市)を設立。

それ以来、日本で販売されているツヴィリング製ナイフの大半が岐阜県関市で製造されている。関市の包丁職人たちの技術が、ドイツ本社に高く評価された証拠であり、同工場にはドイツと日本の叡智が結集しているのだ。

三徳包丁は日本生まれの包丁で、表裏両方に刃のついた両刃の左右兼用。野菜を切る菜切包丁と肉を切るシェフナイフの利点を兼ね備える。

 

160519_054▲使い慣れたナイフとあってもこみちさんの包丁さばきも快調だ

 

■人間工学に基づいたグリップしやすい一本
ヘンケルスブランドの三徳包丁のなかでも、「HI Style Elite」はエルゴノミックデザイン(人間工学的デザイン)を採用し、ハンドルの握りやすさが特徴で、長時間使用していても疲れにくい。全貫通・3リベット(ハンドルの留め具)は丈夫な作りで、エンドキャップにはロゴマークが刻印され、高級感を演出してくれる。

自宅には40本以上の包丁があるというもこみちさんだが、なかでも「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス」の製品を愛用しているという。「MOCOMICHI HAYAMI」では、このほかシェフナイフとペティナイフをリリース。次回はシェフナイフを紹介しよう。

 

≫≫≫「MOCOMICHI HAYAMI」公式Instagramはコチラ
≫≫≫連載トップに戻る

 

DATA

HENCKELS┃HI Style Elite 三徳包丁 14cm/18cm
カラー:クールグレー、マスタード、ワインレッド
価格:14cm/4,320円、18cm/4,860円

 

 

南青山 Kitchen Studio


aoyamakitchenstudio_2

一般の方でもレンタルできる都会の一軒家スタジオ。2つのキッチンルームとテラスがあり、BBQやホームパーティの会場として貸し切りこともできます。南青山の閑静な住宅街で、優雅なひとときを過ごしてみてはいかがだろう。

 

 

取材協力┃研音、LIMON、南青山 Kitchen Studio
撮影┃貴田茂和
文┃編集部

★moco_prof_1

速水もこみち┃Mocomichi Hayami

1984年、東京都出身。俳優。今や芸能界で有数の料理男子。2011年に始まった「MOCO’Sキッチン」(日テレ)は6年目に突入。7月14日(木)21時から「はじめまして、愛してます。」(EX系)に出演予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 160519_386

    ひとり暮らし、ふたり暮らしの心強い味方、ソースパン購入のすすめ

  2. moco_005-A

    料理の下ごしらえを支え続ける彩り豊かな3色ボール

  3. s_加工_5

    「白い天ぷら鍋」が叶える絶妙な揚げ具合

  4. 160519_334

    裏返せばサーブボード! もこみちさんの二刀流クッキングボード

  5. moco_03-a

    速水もこみちはぺティナイフで男を上げる

  6. moco_03-b

    《読者プレゼント!》速水もこみちプロデュースのツヴィリングJ.A.ヘンケルスナイフを12名様に!

  7. 160519_421

    いつの時代も日本の食卓に卵焼きがあり続けるための必需品

  8. 160519_080

    速水もこみちが使いこなす、こだわりの中華鍋風フライパン

  9. moco_004-A_2

    “キッチンの名脇役たち”が料理のスパイスとなる

新着

  1. IMG_7334
  2. DSCF3797
  3. main
  4. IMG_7048
  5. 樽育成2.jpg
  6. shutterstock_569204032
  7. DSCF4127
  8. IMG_5975_1
  9. IMG_1259
  10. _MG_1191[1]

Pick Up

  1. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  2. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  3. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  4. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  5. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…

人気記事

  1. shutterstock_569204032
  2. main
  3. IMG_7048
  4. DSCF4127
  5. IMG_7334
  6. DSCF3797
  7. 樽育成2.jpg
PAGE TOP