現代の食文化を削り出す。時代を置き去りにした「GLOBAL」の新境地


sansedai_02-c

 

料理を愛する者は、道具の扱いをおろそかにしない。
そして、いい料理道具が美味い料理ができるということを知っている。

料理道具を見る審美眼をもつ者は、料理の腕も立つ。
目利きは腕利きなのだ。

使い込んだ道具に愛情をかけ、子供や孫の代まで継承する……。
男はそんなことを夢見ている。

 

logo_02

 

早すぎたオールステンレス包丁

今でこそ、刀身から柄が一体となったオールステンレスの包丁は一般的なものとなった。こと海外において、レストランのキッチンから一般家庭の台所までオールステンレス製で一体構造の包丁は広く流通し、すっかりとその地位を確立している。だが、このオールステンレス包丁が日本で生まれ、革新的な出来事として世界のキッチンを変えたと聞けば、驚く人も多いだろう。

「文明銀丁」(ぶんめいぎんちょう)の名で、世に送り出された木柄付きのステンレス包丁が一体構造に姿を変え、「GLOBAL」と名付けられたのは1983年。新潟県燕・三条に本拠を置く吉田金属工業が生んだ同シリーズは、瞬く間にヨーロッパの調理器具に関するコンテストで賞を獲得し、高評価を受けた。

それまで主流だった鋼の包丁に、勝るとも劣らない切れ味を保ちながら、錆びにくく手入れがしやすい製品は、世界の包丁業界に「オールステンレス包丁」という新しいジャンルを生み出したのだ。

 

sansedai_02-b

 

テーブルナイフのようなまったく新しい包丁

「GLOBAL」を生んだ吉田金属工業は、1954年ステンレスの洋食器メーカーとして出発した。意欲的に次々とステンレス商品をリリースしていくなかで、ステンレス製の包丁を作り出したが、当時は「包丁といったら鋼製」「ステンレスはB級品」というのが一般的な見識だった。1960年、世界初のステンレス包丁としてデビューした「文明銀丁」は、日本の料理人たちの心を射止めるには至らなかった。

その後、ステーキナイフのような、刀身と柄が一体型のテーブルナイフからヒントを得たプロダクトデザイナー・山田耕民(やまだ・こうみん)が、「刀身から柄までオールステンレス一体構造の包丁」という革新的なコンセプトを導き出し、1983年「GLOBAL」が誕生した。

だが、それでも日本人にとって「包丁の柄は木製であるのが当然」と、前衛的なデザインが日本の市場で受け入れられることはなかった。そこで海外に活路を求めた「GLOBAL」は、1988年海外初出展となったドイツ・フランクフルト国際見本市において「グローバルは日本的な曲線と美意識を感じる」と賞賛を受けた。

以降、「グッドデザイン賞」(1990年/旧通商産業省)、「1992年度料理(炊飯)器具としての称号」(1992年/オランダの料理人同業者組合)、「DESIGN PLUS賞」(2001年/フランクフルト国際見本市)、「ロングライフデザイン賞」(2002年/経済産業省)、「新日本様式100選」(2006年/新日本様式協議会)とグローバルを転機に大きく飛躍することとなった。

 

sansedai_02-c

 

日本人に向けた逆輸入シリーズ「GLOBAL-IST」

デビュー以降、グローバル展開しながら知名度を上げてきた「GLOBAL」が2016年、満を持して、日本に向けて製品作りを開始した。そのシリーズが「GLOBAL-IST」である。世界中から支持されている「GLOBAL」が逆輸入するかたちで、現代日本の食卓、食文化の多様化、そして海外で得た知見を惜しみなく投入されている。

「料理を“作る人”から“創る人”へ、わたしはなりたい」と掲げたスローガンは、料理を単なる家事の一環としてではなく、あえて手間をかけ、それを楽しみながら食卓をにぎやかにしていくという思いが込められている。また、それは時代の潮流とも言え、料理が女性だけのものでなく、男性も参加することで新たな家族の食卓の姿を生み、創造性や向上心を「GLOBAL-IST」が手だけしてくれる。

8cmのぺティサイズ「皮むき」から、「小型」(15cm)、「万能」(19cm)と、けっしてプロ向きではなく、家庭で使うことを念頭に置いたサイズ感、使い心地が実現した。そして刃付けの向きがこれまで「GLOBAL」がロゴを正面に置いたとき、柄が右、刃先が左を向いているのに対し、「GLOBAL-IST」は和包丁と同じ、柄が左、刃先が右に向けられている。

これまでグローバル展開を邁進してきた吉田金属工業が、いよいよ日本人に向けて日本人ための製品作りを始めた。現状、ラインアップされたアイテムはその一端にすぎないが、これからの「GLOBAL-IST」の展開に目が離せない。

 

 

DATA

GLOBAL-IST┃皮むき 8cm
刃付け:両刃(右利き・左利き兼用)
寸法:全長 19cm/刃渡り 8cm
重量:45g

GLOBAL-IST┃小型 15cm
刃付け:両刃(右利き・左利き兼用)
寸法:全長 26cm/刃渡り 15cm
重量:105g

GLOBAL-IST┃万能 19cm
刃付け:両刃(右利き・左利き兼用)
寸法:全長 32cm/刃渡り 19cm
重量:175g

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 003-A

    優れた食材を敬う気持ちは、まな板に表れる

  2. 07_00_top

    キッチンから食卓まで。ペティナイフという概念

  3. dogu_004-A

    フランスのホーロー鍋文化を紡ぐ、日本の匠の技術

  4. 002-B1

    片刃包丁とは料理人の精神を表し、「日本の心」を映す

  5. 001-B

    鉄フライパンへの回帰。テフロンを使わない男の選択肢

  6. dougu_005-C

    「ル・クルーゼ ワールド」というべき、圧倒的な世界観

  7. dougu_006-B

    パスタ鍋の代名詞となったマンマの愛用品

  8. sansedai_01-a

    鉄フライパン再定義。中華鍋に見る汎用キッチンツールの真価

新着

  1. s_IMG_2494
  2. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  3. IMG_7476
  4. おでん1
  5. 171019_010 Sponsored
  6. 1IMG_0764
  7. IMG_7334
  8. DSCF3797
  9. main
  10. IMG_7048

Pick Up

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494 27時間かける「究極の焼き餃子」 ~モチモチ皮に旨…
  2. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  3. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  4. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  5. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…

人気記事

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  2. IMG_7476
  3. s_IMG_2494
  4. 1IMG_0764
  5. おでん1
  6. 171019_010 Sponsored
PAGE TOP