いい加減なのに“デキる風”「豚ヒレ肉の昆布味噌焼き」


1-3_5092

呑んべぇのひと皿はこだわりすぎてはいけない。レシピの分量にも工程にも捕らわれない男の料理ならではの絶妙な“いい加減”さから生まれる“ちょうどいい”加減の熱男メシ。

■材料

豚ヒレ肉ブロック……食べたい分だけ
昆布…… 豚ヒレ肉が十分に乗るサイズ
味噌、ネギ……豚ヒレ肉と和えて、十分に混ざる程度
日本酒……適宜
ゴマ油……好きな分量

 

■作り方

ボウルに味噌を入れ、日本酒少々を加えて柔らかくし、ネギとゴマ油を加えてよく混ぜる。同じく昆布も日本酒で湿らせ柔らかくしておく。

ヒレ肉を8mm幅程度に切り①の味噌とよく和えて、湿らせた昆布に乗せる。このとき肉が重ならないようにする。

魚焼きグリルで弱火10分ほど、味噌が少し焼けるまで加熱して完成。ジュージューと焼けた味噌を肉に絡めながら食べる。

 

■呑んべぇの“いい加減”ポイント

日本酒で少し湿らせた昆布の上で焼くと、どんなに適当な料理でも「それらしい雰囲気」になるのがいい。来客時に出せば、「おぉ」と相手が喜んでくれるし、一人で晩食を楽しむときも、いい感じの雰囲気が出る。

ここでは、豚ヒレ肉を選んだが、カキや刺身用のホタテ貝柱でもおいしい。ふだんから材料は計量せず、適当に加えている。要するに味噌が具材にほどよく絡む程度に柔らかくなればいいのだ。

いいかげんな分量でも、間違いなくおいしくできるのもこのレシピのいいところだ。おつまみとして、焼酎や日本酒に合わせて食べるのが一番だと思うが、肉を味噌にからめ、ごはんにかけてもおいしい。

せっかくなので、料理を始めるときに日本酒の入った徳利に昆布を一片いれておけば、料理が完成するころには、できあがっている「昆布酒」で乾杯するのもいい。

 

提供┃For M

>> この連載のトップに戻る

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『家飲みを極める』がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1-3_1941

    香ばしく甘辛!日本酒が進む「油揚げの白和え」

  2. 1-3_246

    コリコリピリリがたまらない「こんにゃくのピリ辛炒り煮」

  3. 1-3_4301

    ついつい手が出る箸休め「キュウリのタラコ詰め」

  4. 1-3_2744

    ビール片手にパクパクすすむ「イカのコロマヨ焼き」

  5. 1-3_3274

    お好みの日本酒でちびちび楽しむ「チーズの味噌漬け」

  6. 1-3_3590

    春の夜を彩る旬の肴「ソラ豆とホタルイカのアヒージョ」

  7. 1-3_1312

    くせになるシャキネバ食感「長芋とチーズのおかか醤油和え」

  8. 1-3_1684

    ほろ苦サクサク!ビールが旨い「菜の花のかき揚げ」

  9. 1-3_4615

    気分で変幻自在なビールの肴「リミックス豆腐」

新着

  1. IMG_8752
  2. 1IMG_2280
  3. IMG_8397
  4. IMG_7855
  5. s_IMG_2494
  6. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  7. IMG_7476
  8. おでん1
  9. 171019_010 Sponsored
  10. 1IMG_0764

Pick Up

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494 27時間かける「究極の焼き餃子」 ~モチモチ皮に旨…
  2. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  3. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  4. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  5. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP