ワインと嗜むスマートな一品「牡蠣の赤ワイン煮」


kaki_waine

料理についてアレコレ考えながら酒を飲み、最高の一皿を作る。その瞬間、日常から離れた自分だけの空間ができあがる。その喜びを高める最高のつまみレシピを紹介しよう。

■材料

牡蠣……250~300g
赤ワイン……大さじ4
バルサミコ酢……大さじ2~3
塩 小さじ……1/2
無塩バター……5g
黒コショウ……少々

■作り方

砂糖を少し振り、ボウルに指を立ててぐるぐる回すと牡蠣殻の汚れが浮き出るので、水で洗い流し、ザルで水気をしっかりと切る。

フライパンでバターを熱し、牡蠣を炒める。表面を炒めたら赤ワインを投入する。

赤ワインを入れたらしばらく煮つめる。汁気が減ってきたらバルサミコ酢を入れてさらに煮つめる。

汁けが減ってきたところで黒コショウを少し振ってできあがり。黒コショウの量はお好みで。

ポイント
調理中はずっと強火で煮つめていく。お皿に盛ってセルフィーユをのせると見栄えが良い。料理で使ったワインを嗜めば相性は最高だ。また、牡蠣を買うなら「加熱調理用」を選んでほしい。

 

■関連記事
牡蠣は「生食用」と「加熱調理用」のどちらが新鮮なのか?

 

提供┃All About

Asazuma

浅妻 千映子┃Chieko Asazuma

東京都生まれ。All About「お酒と楽しむレシピ」ガイド。少ない素材でゴージャスに見える簡単レシピを提案するフードライターとして多方面で活動中。著書に『浅妻千映子キッチン』『東京最高のレストラン2011』がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1-3_5092

    いい加減なのに“デキる風”「豚ヒレ肉の昆布味噌焼き」

  2. 1-3_5544

    週末はこれで! ロゼ色に染まる「ぷりぷりチャーシュー」

  3. 1-3_4615

    気分で変幻自在なビールの肴「リミックス豆腐」

  4. 1-3_1941

    香ばしく甘辛!日本酒が進む「油揚げの白和え」

  5. 1-3_246

    コリコリピリリがたまらない「こんにゃくのピリ辛炒り煮」

  6. 1-3_1312

    くせになるシャキネバ食感「長芋とチーズのおかか醤油和え」

  7. 1-3_6773

    トースターはパン焼き器に非ず! 最高の肉焼き器である

  8. 1-3_2744

    ビール片手にパクパクすすむ「イカのコロマヨ焼き」

  9. 1-3_1684

    ほろ苦サクサク!ビールが旨い「菜の花のかき揚げ」

新着

  1. IMG_8752
  2. 1IMG_2280
  3. IMG_8397
  4. IMG_7855
  5. s_IMG_2494
  6. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  7. IMG_7476
  8. おでん1
  9. 171019_010 Sponsored
  10. 1IMG_0764

Pick Up

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494 27時間かける「究極の焼き餃子」 ~モチモチ皮に旨…
  2. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  3. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  4. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  5. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP