パーティの主役!塊ラムで作る男のラムチョップ


unnamed4

野菜を愛し野菜に情熱を注ぐ、熱い男たちの想いよ、届け! 柳澤零と植木俊裕の若き野菜の伝道師たちがつくる旬の野菜のポテンシャルを最大限に引き出した至極のベジレシピをご紹介!

● ● ●

長野県佐久市で地域産の食材を使った料理を提供するカフェレストラン「Maru Cafe」オーナー・柳澤零と、長野県佐久市出身で、グラフィックデザイナーの傍ら「Instagram」を通じて、野菜食を推奨する植木俊裕 (@utosh)。佐久で出会った2人の野菜の伝道師のハナシ。

長野県佐久市にあるオーガニックカフェ、「Maru Cafe」の店主レイさんは、知る人ぞ知る若き野菜の伝道師。食材の仕入れのためだけではなく、野菜の情報収集のためにも農家に足繁く通う。本連載はそんな野菜マスターに教わる「男の野菜料理」を毎月お届けする。今月はニンジン! 食欲そそるパーティ料理を紹介しよう。

● ● ●

2人のインタビュー記事はコチラ≫≫≫

■家族みんなで食べたいご馳走メニュー
今月の野菜は、ニンジンです。ニンジンや根菜類は、冬になるにつれ寒くなると水分が自然に抜けてきて糖分に変わります。良い油と塩で炒めるだけでご馳走になります。ラム肉と根菜をオープンでローストすると、肉の脂が野菜の旨味と溶け込み、ミントソースが爽やかにまとめてくれる一皿です。お子様もラムチョップなら手に持ちやすいし食べやすいので家族の集まりにおすすめです。今回のポイントは、胡椒やスパイスは粒のまま使い、より香りを高くするために直前に砕くこと。ちょっとした手間暇をかけるだけで香りがグーンと上がります。野菜も一緒にローストする時に、ちょっとクミンを入れるのがおすすめです。クミンは、羊肉と相性抜群です。

 

 

Rei’s Recipe


ROASTED LAMP CHOP WITH CARROTS AND MINT SAUCE


unnamed5

■材料

ラムチョップ……ひと塊り
ニンニク……3かけら
フレッシュハーブ類(タイム、ローズマリー、セージなど)……適量
*フレッシュがなければ乾燥した物で大丈夫
ゲランダの塩(大粒)……少量
胡椒……少量 *粒のままの物を砕いて使うとより香りがたつ
ニンジン……1個 角切り
タマネギ……1個 角切り
ジャガイモ(キタアカリ)……1個
精製されていない菜種油……適量
クミン……少量

<ミントソース>

ニンニク……3かけら
イタリアンパセリ……1カップ
フレッシュ ミント……1/4カップ
レモン……半分 ジュースとゼストも
国産のサラダ油 もしくはオリーブオイル……250ml

■作り方

肉を焼く
①カンカンに熱したフライパンに油をひかないで、煙がちょっと立つぐらいになったらラムチョップ肉側を下にして肉に焦げ目をつけます。色をよく見て焦がさないように、ラムチョップを立てたり、裏返して焼き目をつけたらフライパンからバットに移して休ませる。

unnamed3

②野菜を1cm角のダイスに切り、オープンに入れるロースティングバットに入れて菜種油とクミンを入れて合えます。野菜の上に、先ほど焼き目をつけたラムチョップを乗せてオーブンに入れ150度に予熱したオーブンで60分焼く。

ソースを作る
③ミントソースを作ります。材料を全て、ハンドブレンダーもしくはミクサーに入れて回します。油は、ゆっくりと撹拌しながら入れる。

④盛り付ける少し前に、オーブンから肉と野菜を取り出し、置いて休ませる。

盛りつけ

unnamed1
休ませた肉を切り、お皿に野菜を敷いて、肉を盛りつけます。仕上げにミントソースをかけて完成。

※骨と骨の間に、包丁を入れると簡単に切れる。
※余ったソースは、いろんな肉と相性が良い。5日間以内に使ること。

unnamed2

DATA
LE CREUSET┃TNS ディープ・フライパン
24cm:2.3L/1.2kg 15,120円
26cm:2.7L/1.5kg 17,280円
28cm:3.2L/1.65kg 19,440円

962002_26_0

 

 

 

 

 

▶一般的なアルミニウムと比べて約17倍の硬度があり、耐久性・熱伝導に優れた硬質アルマイト製
▶調理やお手入れが簡単な3層構造のノンスティック加工(内外両面)
▶260度までのオーブン調理可能
▶電磁調理器(IH)、食器洗い機使用可能

 

協力┃ル・クルーゼ ジャポン

rei_1_fix

柳澤零┃Rei Yanagisawa

東京都生まれ。サンディエゴ、バンクーバー育ち。薪釜焼きのピザレストラン「エンボカ東京」「エンボカ軽井沢」に勤め、軽井沢でオーガニックファームと出会う。「シェ・パニース」で3ヶ月の料理修業を経て、2014年「Maru Cafe」をオープン。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 003

    ヘルシーだけどボリューム満点!ダイコンときのこのグラタン

  2. 11・9

    フライパンでできる!ポカポカなスパイシーカレー

  3. veg_003_rei_B

    夏野菜ともお別れ! 今夏最後の季節の彩り

  4. IMG_5608

    ごはんが進む!カブとマッシュルームの味噌バター炒め

  5. veg_001_rei_F

    初夏の長野からズッキーニの便り

  6. veg_001_utosh_E

    ”ヤサイ人”が考えるキメの夏野菜料理 #ズッキーニ

  7. DSCF1468

    茎も葉っぱも無駄にしない!カブを丸ごと使ったアイディアリゾット

  8. veg_002_rei_A

    アンデスレッドのジャガイモの焼きニョッキー 真夏の旬のトマトソース

  9. unnamed

    大ブームのフムスをアレンジ!超時短の裏ワザレシピ

新着

  1. DSCF3797
  2. main
  3. IMG_7048
  4. 樽育成2.jpg
  5. shutterstock_569204032
  6. DSCF4127
  7. IMG_5975_1
  8. IMG_1259
  9. _MG_1191[1]
  10. 160519_200

Pick Up

  1. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  2. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  3. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  4. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  5. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…

人気記事

  1. shutterstock_569204032
  2. IMG_7048
  3. IMG_5975_1
  4. main
  5. DSCF4127
  6. 樽育成2.jpg
  7. DSCF3797
PAGE TOP