26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッチり、魅惑の手打ち麺~


_MG_0966

最近の料理トレンドといえば時短と簡単。だが、時間と手間をかけてこそ到達する究極の味がある。何てことない定番料理が「ここまで美味しくなるのか!」と驚くことだろう。

脱・時短!男の長時間レシピ バックナンバー>>>

『究極の冷やし中華』

麺作りに25時間。ツルツルでモチモチの自家製麺が完成する。

もちろんタレも自家製で、ゴマを練るところからスタートする、旨みたっぷりのゴマだれだ。具はシンプルに鶏肉・キュウリ・トマトに卵で、麺とタレの味わいを引き立てる。

お店の味を超える「究極の冷やし中華」は、一度食べたら今までの冷やし中華が物足りなくなってしまう、危険な一皿だ。

_MG_0509

■材料(2人分)
きゅうり……1本
ミニトマト……10個
卵……2個
鶏胸肉……1枚
水……700ml
塩……小さじ1
昆布……5cm角1枚

ゴマだれ
とりの茹で汁……70cc
金ゴマ……大さじ4
しょうゆ、米酢……各40cc
ラー油……少々
メープルシロップ……15cc
ねぎのみじん切り……大さじ1
しょうがみじん切り……小さじ1/2


小麦粉(準強力粉……200g あるいは強力粉……150g 薄力粉……50g程度 好みで増減)
かんすい……商品の使用法どおりの分量
水……かんすいと合わせて80~90グラム
塩……2g

打ち粉……片栗粉、コーンスターチなど

■作り方

①かんすい、水、塩をよく混ぜる5分

_MG_0532

小麦粉を菜箸で混ぜながら、かんすい、水、塩をよく混ぜたものを少しずつ加える

 

②生地を寝かせる1時間

_MG_0572
細かい粒状になったら全体をまとめ、ラップに包んで1時間ほど寝かせる

 

③生地をこねる10分

_MG_0752

つやが出るまでこねる(ビニール袋に包んで足で踏み伸ばし、また折りたたんで伸ばすことを4回ほど繰り返してもいい)

 

④生地を伸ばす5分

_MG_0770

めん棒で1~2mmくらいの厚さになるまで生地を伸ばす

 

⑤生地を切る5分

_MG_0819

打ち粉をふって切りやすい幅にたたみ、包丁で好みの太さに切る

 

⑥麺を揉み、寝かせる24時間

_MG_0830

打ち粉をふりかけ、掌で揉み込み、縮れさせる。キッチンペーパーを敷いた容器に入れてフタをし、冷蔵庫でひと晩~ふた晩置く

 

⑦鶏を茹でる5分

_MG_0518

鍋に昆布と水、塩を入れ、鶏肉を皮目を下に昆布の上に載せるように入れ、弱火にかける

 

⑧鶏肉を裏返す2分

_MG_0606
アクが固まり、濁った茹で汁が透明になってきたら肉を裏返して火を止め、フタをして余熱で15分ほど火を通す

 

⑨他の具を用意する3分

_MG_0849
きゅうりは千切り、ミニトマトは1/4に切る。卵は好みの硬さにゆでておく

 

たれを作る

⑩ゴマを炒る10分

_MG_0590

ゴマをフライパンに入れ弱火にかけて10分ほどかけてじっくり煎る

 

⑪ゴマをする3分

_MG_0616
ゴマをすり鉢にいれて油が出るまでする

 

⑫調味料・具材を加える10秒

_MG_0662
残りの材料をすべて入れてよく混ぜる

 

⑬麺をゆでる1分

_MG_0895

鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺を1分ほどゆでる。吹きこぼれそうになったら一度火を弱め、再び強火にする

 

⑭麺を冷やす1分

_MG_0926
麺が茹で上がったら流水で冷やし、水を切る

 

⑮たれを器に入れる15秒

_MG_0891

ゴマだれを冷やし中華の器の底に注ぐ

 

⑯盛り付ける30秒

_MG_0943
たれの上に麺、具材を盛り付け、ゴマをふる。お好みで紅ショウガと練りからしを添える

 

⑰完成

_MG_0965

夏休みに作りたい「究極の冷やし中華」

手打ちの麺は市販品とは全く違う美味しさ。とはいえ、麺作りには手間と時間がかかるのも事実。それならば、いっそ夏休みのアクティビティとして家族みんなで楽しんではいかがだろうか?麺をこねるのも、伸ばすのも、子供と一緒にやれば立派な自由研究だ。麺が自家製でできることも、食育になるだろう。

他では食べられない、自家製麺がクセになる冷やし中華は、夏休みの思い出の味として、毎年リクエストされるにちがいない。

撮影┃溝口智彦

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『家飲みを極める』がある。

 

>>この連載のトップに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. main

    72時間かける 「究極のナポリタン」 ~モチモチ太麺に絡み合う塩豚~

  2. main

    24時間かける「究極のイクラ丼」~キラキラ光る変幻自在の宝石~

  3. beef

    6時間かける「究極のビーフシチュー」~自家製ルーで大人の味わい~

    Sponsored
  4. main

    8時間かける 「究極のハンバーグ」 ~溢れる肉汁、膨らむひと切れ~

  5. main

    8時間かける「究極のショウガ焼き」~ふっくら濃厚、まるでうな重~

  6. 13680056_801489789985250_7345871076153386582_o

    96時間かける「究極のかき氷」~濃厚シロップと濃厚ミルクの競演~

  7. main

    48時間かける 「究極の卵かけご飯」 ~舌上で踊る卵白、とろける濃厚卵黄~

  8. gohan

    4時間かける「究極の炊き込みごはん」~刺身用ボタンエビとホタテを贅沢使い~

    Sponsored
  9. _MG_1191[1]

    27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわらか、淑女の口づけ~

新着

  1. IMG_7334
  2. DSCF3797
  3. main
  4. IMG_7048
  5. 樽育成2.jpg
  6. shutterstock_569204032
  7. DSCF4127
  8. IMG_5975_1
  9. IMG_1259
  10. _MG_1191[1]

Pick Up

  1. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  2. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  3. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  4. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…
  5. choujikan-1211 12時間かける「究極のカルボナーラ」 ~ねっとり濃…

人気記事

  1. shutterstock_569204032
  2. main
  3. IMG_7048
  4. DSCF4127
  5. IMG_7334
  6. DSCF3797
  7. 樽育成2.jpg
PAGE TOP