世界3大料理の謎に迫る!トルコ最新グルメレポート <食べ物編>


IMG_1468

世界3大料理といえば、フランス料理、中華料理、トルコ料理だ。フランス料理、中華料理はわかるとして、なぜトルコ料理なのか、と長年疑問に思っていた。そこで、その疑問を解消すべく、3泊5日、トルコ弾丸現地取材を敢行。トルコに行ったら絶対に食べたい絶品グルメをたっぷり紹介!

今、トルコで食べるべきはこのメニュー

食べ物編

壺入りケバブ(テスティケバブ)

IMG_1015
カッパドキアの名物料理で、陶器の壺に肉(牛や羊)や野菜(玉ねぎ、トマト、豆、じゃがいもなど)を入れてじっくりと火を通す煮込み料理。味のベースはトマトペースト(サルチャ)と塩というシンプルな構成だが、野菜や肉のエキスがダシとなり、深い味わいになる。

IMG_1016
トルコ版のビーフシチューのような料理で、ピラウと呼ばれるごはんと一緒に食べる。お店によっては食べる際に壺の蓋を割ったり、壺に火をつけて提供するパフォーマンスもあり、ビジュアルでも楽しめる。

IMG_1004

 

トルコ風メンチカツ(イチリ・キョフテ)

IMG_1624
トルコのハンバーグ、キョフテを揚げたもの。お米も中に入っており、食べごたえ十分でビールとの相性抜群だ。ハタイ地方ではオルックと呼ばれる。

 

ホルモンスープ(イシュケンベ・チョルバス)

IMG_1324
トロリと濃厚な牛の胃袋スープ。お好みでニンニクやお酢を加えて酸っぱくしたり、唐辛子を加える。トルコではこのスープを、お酒を飲んだ後に〆で飲む習慣があり、日本でのとんこつラーメン的な存在。専門店では「脳」「舌」「ハチノス」などお好みの部位を選べるところもある。

 

レバーと松の実のピラフ(イチ・ピラフ)

IMG_1400
レバー、松の実、米、カランツ、シナモンなどを使って作るピラフ。濃厚なレバーの旨みにカランツの甘味がベストマッチ。臭みが気になる場合はディルなどハーブを加えるとよい。取材先で食べたイチ・ピラフは腸の皮で包まれており、さらに旨みが凝縮されていた。

 

坊さんの気絶(イマーム・バユルドゥ)

IMG_1401
昨年、Instagramで流行し、オトコノキッチンでも記事にした「坊さんの気絶」。正式名称は「パトゥルジャン(=ナス) イマム(=僧) バユルドゥ(=気絶した)」で、ナスにトマトやタマネギなどを詰めて煮込んでから冷やす、暑い日にピッタリの料理だ。
IMG_1584
現地ではズッキーニでアレンジしたバージョンもあり、こちらはナスよりも食感の楽しめる仕上がりだった。

 

ホルモン焼き(ココレッチ)

IMG_1439
子羊の腸を引きのばしてぐるぐると巻きつけ、焼いたものをスライスしてスパイスをかけたものをサンドイッチにして食べる。
IMG_1440
専門店で提供される料理で、独特の香りがするため、離れたところからでも「ココレッチ屋がある」とわかるほど。お酒にもピッタリのB級グルメだ。

 

いろいろな前菜(メゼ)

IMG_1621
トルコのレストランではメインの食事の前に数々の前菜が運ばれてくる。
IMG_0993
ベーシックなのはひよこ豆のペースト(フムス)、唐辛子のペースト(アジュル・エズメ)、ヨーグルトのディップ(ハイダリ)など。
IMG_0992
パンにつけていただくが、美味しずぎて食べ過ぎるとメインまで行きつかないので、飛ばしすぎないように注意しよう。

 

アンタクヤのチーズ料理

シリアとの国境付近の街、アンタクヤは美食の街として知られている。イスタンブールでもアンタクヤの郷土料理を食べられるレストラン(Antiochia Restaurant)があるので、ぜひ訪ねてみてほしい。
IMG_1628
チーズ入りのカダイフ、キュネフェは甘じょっぱい味がクセになる人気のデザート。
IMG_1622
チーズを焼いただけの料理もカッチョカヴァロのようにモチモチとして美味しい。

 

いかがだっただろうか。あなたの知らないトルコ料理がまだまだあったのでは?そう、トルコ料理はケバブだけではない。ぜひ実際に訪れて、その美味しさを自分の舌で確かめてみてほしい。

 

【関連記事】
・世界3大料理の謎に迫る!トルコ最新グルメレポート <食事処編>
・世界3大料理の謎に迫る!トルコ最新グルメレポート<飲み物編>
・世界3大料理の謎に迫る!トルコ最新グルメレポート <お土産編>

 

協力:トルコ大使館文化広報参事官室

 

photo&text by m.yamamoto

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. gohan

    11月23日 は『炊飯器の日』、最新の炊飯器が当たるキャンペーン

  2. DSCN2255

    アードベッグ・デー 2017 プレス試写会潜入レポート!

  3. pub_maggi_4_fix

    男だけの料理教室はさながら友人宅のホームパーティ

  4. IMG_6269

    あのトラジの最高ランク店が銀座にオープン!死ぬ前に一度は食べたいレベルの肉とは?

  5. donburi_amana_10724003240

    男は“丼道”を極めよ! 「DONBURI亭×全国丼連盟 ウチ丼グランプリ」を知ってるか?

  6. pancake

    スイーツ男子必見!「奇跡のパンケーキ」が10日間無料のドリーム企画

  7. DSC_7043

    当代随一のバーテンダー、現代の名工・岸久がつくる“ミクソロジー”の世界

  8. unnamed

    ヘルシースナッキングに最適!ダイエットの味方「のりサンド」とは?

  9. ①Tastingキービジュアル_SirThomasLipton

    石田衣良氏も絶賛!男の新しい嗜み「ティースティング」とは?

新着

  1. IMG_7855
  2. s_IMG_2494
  3. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  4. IMG_7476
  5. おでん1
  6. 171019_010 Sponsored
  7. 1IMG_0764
  8. IMG_7334
  9. DSCF3797
  10. main

Pick Up

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494 27時間かける「究極の焼き餃子」 ~モチモチ皮に旨…
  2. main 27時間かける「究極の秋の唐揚げ」~ホクホク温かい…
  3. _MG_1191[1] 27時間かける「究極の牛タン塩釜」 ~しっとりやわ…
  4. _MG_0966 26時間かける「究極の冷やし中華」 ~ツルっとモッ…
  5. choujikan-0998_2 22時間かける「究極のチャーハン」 ~しっとりジュ…

人気記事

  1. 髟キ譎る俣繝ャ繧キ繝偵z_鬢・ュ・_MG_0494
  2. s_IMG_2494
  3. IMG_7476
  4. 1IMG_0764
  5. おでん1
  6. 171019_010 Sponsored
  7. IMG_7855
PAGE TOP