プロのハンドドリップを再現!

全自動コーヒーメーカーCM-D457B(ツインバード工業)

「コーヒー界のレジェンド」として知られるカフェ・バッハ(東京・南千住)の田口護氏が監修した低速臼式フラットミル付きコーヒーメーカー。「豆の粒度」「抽出温度」「蒸らし」を設定し、プロがハンドドリップしたような最高の一杯を楽しめる。「あえて作った」約2cmのすき間にも注目。

出典: ツインバード工業株式会社 / 全自動コーヒーメーカー

滝田 勝紀がおすすめ!

老舗喫茶店「カフェ・バッハ」監修という本気と、その期待を裏切らないコーヒーの味をしっかりと再現してくれるところがすごい。価格も4万円程度と本格的なコーヒーメーカーの割には高コスパで手に取りやすい。見た目もシンプル。

出典: 滝田 勝紀 All About

安蔵 靖志がおすすめ!

豆をゆっくりと均一に挽ける「低速臼式フラットミル」を採用し、粒度の調整も可能なコーヒーミルを搭載しているため、好みの味を楽しめます。抽出温度を選べるだけでなく、全自動ながらハンドドリップを再現しているのも魅力です。

出典: 安蔵 靖志 All About

コヤマ タカヒロがおすすめ!

カフェバッハ監修の全自動コーヒーメーカー。 コーヒーの抽出温度からミルの形状、そしてお湯の落とし方まで徹底的にこだわったモデル。こだわりの喫茶店のような洗練された一杯が自宅で簡単に入れられるようになります。

出典: コヤマ タカヒロ All About

田中 真紀子がおすすめ!

“コーヒー界のレジェンド”が監修した全自動コーヒーメーカー。味を決めるとされる抽出温度が2段階、豆の粒度が3段階から好みに合わせて選べるほか、計算された蒸らしや抽出など、まさにプロのハンドドリップが自宅で味わえます。

出典: 田中 真紀子 All About

伊森 ちづるがおすすめ!

低速臼式フラットミルを搭載。挽き方、お湯の温度の組み合わせで味わいが変わる。豆の個性を楽しめるほか、自分ごのみにチューニングできる楽しさがいい。しかも操作系統がシンプルなので直感的。ドリップと本体にちょっと隙間があいているので、シャワーを注ぐ様子や、香りを楽しめるのもうれしい。実際に飲んでみると、お湯と挽き方の組み合わせでこんなにも味が変わるのか!と驚いた。

出典: 伊森 ちづる All About

<メーカーの声>
誰でも簡単に“正しい”ハンドドリップを再現できる「全自動コーヒーメーカー」に仕上げました。好みの味を探求していただけるよう、挽き方や湯温・蒸らしの設定、使用する水・豆の量など、自分で調節できる幅も残しています。
美味しいコーヒーが淹れられるのはもちろん、抽出工程の音や香りなど、すべてを余すことなく楽しんでいただきたいです。

ツインバード工業株式会社
製品企画担当
岡田剛氏

人気の「デカフェ」をコクのあるコーヒーに

沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57(パナソニック)

豆を挽くところから抽出まで全自動のコーヒーメーカーが、新機能として、「デカフェ豆」コースを搭載。物足りなさを感じがちなデカフェ(カフェインレスコーヒー)をコクのあるコーヒーにドリップできるようになった。

出典: 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57 | コーヒーメーカー | Panasonic

戸井田 園子がおすすめ!

今年の目玉は「デカフェ豆」コースの追加。物足りなさを感じがちなデカフェをコクのあるコーヒーに淹れられるのは、画期的!2種類のフィルターで豆を「挽き分け」、リッチ・マイルドの「淹れ分け」ができ、その組み合わせで好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめる従来の機能に加え、より多くの人が楽しめるようになりました。

出典: 戸井田 園子 All About

<メーカーの声>
豆挽きから抽出まで全自動、こだわりの本格ドリップコーヒーを手軽に楽しめます。ミルまで自動洗浄なので、お手入れもらくらく。
新製品A57は、「デカフェ豆」コースを搭載し、物足りなさを感じがちなデカフェ豆もしっかりした「コク」のあるコーヒーが抽出できるようになりました。
カフェインが気になる方や夜もコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

パナソニック株式会社
スモールアプライアンス商品部 キッチン商品課
かく文艶