かまどの集中加熱と「炎のゆらぎ」を再現

圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」NW-KA10(象印マホービン)

かまどの炎にヒントを得て、3つの底IHヒーターで火力を独立制御。高い火力と炎の揺らぎを再現することで炊飯器がさらに進化した。高い蓄熱性、発熱効率、熱伝導を実現する「豪炎かまど釜」を採用。最大121通りの「わが家炊き」や「炊き分け圧力」も。

出典: 圧力IHタイプ NW-KA型|炎舞炊き|圧力IH炊飯ジャー|炊飯ジャー|象印|商品情報

戸井田 園子がおすすめ!

創業100周年を迎えた象印マホービンの力作。今までドーナツ型のIHコイルを採用していましたが、底面に3つの楕円型のコイルを配置し、それぞれ独立制御で素早くローテーションさせる新しい加熱方式を開発。これにより、従来型の4倍以上の火力に!さらに、熱源が動くことで「炎のゆらぎ」も実現。ますます美味しくなったご飯を食べた時、改めて技術の高さを実感しました。

出典: 戸井田 園子 All About

安蔵 靖志がおすすめ!

底のIHヒーターを3つ独立駆動する「ローテーションIH構造」にすることで、激しい炎の揺らぎを再現し、さらにかまど炊きに近付いた傑作です。7通りの圧力で炊き分ける「炊き分け圧力」や、121通りの炊き分けに対応する「わが家炊き」も魅力です。

出典: 安蔵 靖志 All About

田中 真紀子がおすすめ!

かまど炊きの火力だけでなく、“炎のゆらぎ”にも着目し、3つのIHヒーターをローテーションで部分的に加熱するという再現性の高さに驚きました。炊き上がりも細かく調整できて、ご飯の美味しさも言うことなし。

出典: 田中 真紀子 All About

<メーカーの声>
炊飯の原点である‘かまど’の炎の「ゆらぎ」「集中加熱」をヒントに、革新的な炊き方に挑戦しました。今まで1つしかなかったIHヒーターを3つに増強し、またそれぞれを独立制御する「ローテーションIH構造」を搭載した『炎舞炊き』によって、大火力かつ激しい対流で炊飯することが可能となりました。『炎舞炊き』の特徴である「弾力があり甘みのあるごはん」をぜひ感じていただきたいと思います。

象印マホービン株式会社
第一事業部 サブマネージャー
三嶋一徳氏

伊賀焼の伝統工芸と気鋭のメーカーがコラボ

かまどさん電気(長谷園×シロカ)

伊賀焼の窯元「長谷園」×シロカがコラボ、工芸品と工業製品が融合した逸品。人気の炊飯用土鍋「かまどさん」をシーズヒーターを使い加熱することで、土鍋の特性を損なうことなく電化に成功、セットするだけで自動的に土鍋ご飯が炊ける。

出典: かまどさん電気 | シロカ株式会社

滝田 勝紀がおすすめ!

土鍋ごはんの美味しさと炊飯器としての利便性を4年もの歳月をかけて、どうにか完成にこぎつけたメーカーの粘りと、実際にごはんも香り高く美味しく炊き上げるところ。高級炊飯器ブームをさらに盛り上げた逸品として評価したい。

出典: 滝田 勝紀 All About

安蔵 靖志がおすすめ!

大人気の炊飯用土鍋「かまどさん」を使い、誰でも簡単においしいご飯を炊けるのが魅力です。土鍋ご飯自体も決して難しいものではないのですが、予約炊飯も含めて使い勝手がいいので、おいしい土鍋ご飯を手軽に味わいたいという人にお薦めです。

出典: 安蔵 靖志 All About

<メーカーの声>
「かまどさん電気」に使われている伊賀焼土鍋「かまどさん」は、ほかの土鍋と比べて肉厚に成型されており、熱伝導が緩やかになり“熱しにくく、冷めにくい”土鍋になります。これが日本人の憧れである“かまど炊き”の温度推移の再現にとても適しており、炊きたても冷めても美味しいごはんが炊けます。また、土鍋の力と緻密な炊飯プログラムにより、どんなお米もうまく特長を引き出しておいしく炊くことができるので、ぜひお試しいただきたいと思います。

シロカ株式会社
PR室
谷田部葵氏

米を激しくおどらせて、旨さを引き出す

スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 「Wおどり炊き」SR-VSX108(パナソニック)

「大火力おどり炊き」「可変圧力おどり炊き」の2つの炊き技で米を激しくおどらせることで一粒一粒にムラなく均一に熱を加えるパナソニックのフラグシップモデル。新搭載の「鮮度センシング」は、お米の鮮度を検知して、炊き方を調整。いつでも新米のようなおいしさを実現。

出典: スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 SR-VSX108 商品概要 | ジャー炊飯器 | Panasonic

コヤマ タカヒロがおすすめ!

Wおどり炊き と220℃スチームで美味しく炊ける炊飯器。つや感、食味、甘みのバランスが非常にいい。50銘柄の炊き分けや赤飯を短時間で炊ける機能なども便利。スチームを使った保温性の高さにも惹かれます。非常にバランスのいい炊飯器です。

出典: コヤマ タカヒロ All About

伊森 ちづるがおすすめ!

銘柄ごとの炊き分けもいいが、この炊飯器の魅力は「鮮度センシング」機能で米の含水率に合わせて圧力を制御するところ。精米したてと、精米してから時間がたった米では含水率が異なり、時間が経過するほど乾燥しがち。実際炊いたものを食べると乾燥した米でも表面がなめらかになり、精米したてのものに近いもちもちと甘みを感じた。

出典: 伊森 ちづる All About

<メーカーの声>
「Wおどり炊き」はIHと圧力、2つの力でお米をおどらせて炊く当社独自の炊き技です。米がおどることで一粒一粒に熱がいきわたり、甘くてふっくらしたごはんに炊き上がります。
2018年は、お米の鮮度に合わせて炊き方を自動で調整する「鮮度センシング」を新搭載。また、銘柄炊き分け機能に、今年本格デビューの宮城県の「だて正夢」・福井県の「いちほまれ」を追加。ぜひ「Wおどり炊き」で極上の銀シャリごはんをお楽しみください。

パナソニック株式会社 
コンシューマーマーケティングジャパン本部 
キッチン商品課
佐藤ゆき奈氏