あなたの髪はいつの間にか静電気を溜め込んでしまっていませんか?どうすれば防げるのか、正しいヘアケア方法をご紹介します。

そもそも静電気とは?

地球上のすべての物質は、電気を帯びています。電気は「プラス」と「マイナス」で構成されており、通常時は同じ量が存在し安定しているので、日常生活の中で物質が電気を帯びていることを感じることはありません。電気を帯びることを「帯電」といい、この帯電している状態を「静電気」といいます。

リンク: 女性の髪の大敵! 静電気が招くダメージヘア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

髪の毛の静電気はなぜ起こる?

物質と物質がこすれる時、電気が発生します。プラスとマイナスの電気のバランスが崩れてしまった場合、静電気が発生します。

ブラシでとかすと髪が広がるのは、プラスに帯電したブラシとマイナスに帯電した髪の毛が反発するからです。

リンク: 女性の髪の大敵! 静電気が招くダメージヘア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

このほか、ドアノブに触れたり、衣類を脱いだりした時に「バチッ」となることを「静電気が起きた」といいますが、正確には「静電気による放電現象」です。電気を通しやすい物質(ドアノブなどの金属)に触れると、プラスの電気は電気を通しやすい乾燥した空気を利用し、マイナスの電気と結合しようとします。

リンク: 女性の髪の大敵! 静電気が招くダメージヘア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

その結合の瞬間に、電気的に安定しようと一気に放電されることで起きる、いわば「小さな雷」。この作用が静電気を感じる瞬間です。空気中に放電されると、静電気はなくなります。

リンク: 女性の髪の大敵! 静電気が招くダメージヘア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

髪のダメージはシャンプー&トリートメントでケア

リンス・コンディショナーは髪に吸着し、トリートメントは髪に収着します。いずれも髪をやわらかくして光沢を出し、くし通りをよくし、静電気を防止する効果があります。いろいろな種類のものがありますが、洗い流さないタイプの方が効果が高いのでおすすめです。洗い流すタイプを使用する際は、シャワーキャップをかぶってそのまま5分ほどおき、トリートメント剤を髪のすみずみまで行き渡らせるようにするとよいでしょう。

リンク: 2/2 乾燥に負けない!冬のツヤ髪を守るヘアケア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

髪と頭皮の乾燥を防ぐ!正しいドライヤーの使い方

1.ドライヤーは20センチ離して、髪をかき分けて頭皮から乾かす
まずは、タオルで髪と頭皮の水分をしっかり取ってから、ドライヤーを髪から20センチほど離し、根元から風を当てます。髪をかき分けて、頭皮に直接風を当てながら乾かしていきましょう。頭皮や髪が熱くならないように、1カ所に長時間当てないように注意して。また、髪を揺らすのではなく、ドライヤーを揺らすことで髪の摩擦を抑えることができます。

リンク: 髪の乾かし方で差がつく!ツヤ髪を作るドライヤー術 [ヘアケア] All About

2. 根元から毛先を乾かし、8割乾いたら冷風を当てる
次に、根元から毛先に向けて手グシをしながら乾かします。髪のキューティクルは上から下に向かってウロコのようになっているので、上から風を当てることでキューティクルが整い、ツヤがアップします。髪が8割乾いたら、冷風に切り替えて髪を冷やし、キューティクルを引き締めましょう。

リンク: 髪の乾かし方で差がつく!ツヤ髪を作るドライヤー術 [ヘアケア] All About

髪のツヤがアップするドライヤーの使い方

1.タオルドライ
ドライヤーをかける前にタオルで髪と頭皮の水分を取り除きます。この時に髪を擦らずにタオルを押し当てて水分を取り除きましょう。タオルドライでしっかりと水分を取り除いておくことでドライヤーの時間を短縮でき、髪への負担を軽減します。

2.髪をかき分けて頭皮から乾かす
まず髪をかき分けて頭皮に直接風を当てて頭皮から乾かします。頭皮や髪が熱くならないように1ヵ所に長時間当てないようにします。また髪を揺らすのではなくドライヤーを揺らすことで髪への摩擦を抑えます。

3.ドライヤーは20cm離して
ドライヤーは髪から20cmはなし、キューティクルの方向にそって根元から毛先に向かて風を当てます。根元から毛先に向けて手グシをする事でキューティクルが整いツヤがアップします。髪が8割乾いたら冷風にして髪を冷やし、キューティクルを引き締めます。

4.ブラッシングで仕上げ
ドライヤーで髪を乾かしたら最後に根元から毛先に向かってブラッシングします。ブラシは目の詰まった猪毛や豚毛の物がおすすめです。ただしダメージが酷い方はブラシを控えて手グシで行ってください。

出典: 2/2 髪のツヤがアップするドライヤーの使い方 [ヘアケア] All About

セミウェットなスタイリングで静電気対策

いずれも髪を整えるために使用するヘアスタイリング剤ですが、髪をコーティングして水分の蒸発を防ぐ効果があります。とはいえ、つけ過ぎるとシャンプーで洗い流す際にたいへんです。説明書きをよく読んで、使用量は守ってください。

リンク: 2/2 乾燥に負けない!冬のツヤ髪を守るヘアケア [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

しっとりした質感のツイストアレンジ

ツヤのある濡れたような質感がおしゃれで色っぽい印象に見せてくれるウェットヘアアレンジ。いつものスタイリングや髪型にマンネリ気味の方でも、ウェットにするだけで、また違った大人っぽい印象になります。

今回は、そんなウェットな質感でつくるツイストアレンジをご紹介します。ショートやボブをタイトに仕上げることでメリハリが出るので、ニットやセーターなどのコーディネートとも相性ピッタリ。ぜひ、トライしてみて下さい!

出典: 濡れた質感のセミウェットなツイストショートアレンジ [ヘアアレンジ] All About

こんなアイテムも!便利グッズで静電気対策

静電気放電シュシュ

愛らしいシュシュの形で、髪に留めておくだけで、余計な静電気を流してくれるので、ささやかな心の平安がもらえます。

体にたまった静電気を吐き出してくれるのは、「ルアナ」という導電性繊維。各種の放電ツールと違って、バッグから取り出したり、ボタンを押したりといった操作が不要で、身に着けていれば、その都度、放電してくれるから、うっかり放電し忘れることもありません。

髪の毛はバチバチと静電気が気になる箇所ですが、シュシュ自体が静電気を解き放ってしまうおかげで、エレクトリックヘアから解放されます。髪のほか、手首に巻いても、おしゃれのアクセントに。ドアノブを回すときや車のドアをあけるときのバチバチが多い人は、手首に添えれば安心。意外と周りの人もビックリさせてしまうバチバチ現象の退治は、エレガントな立ち居振る舞いにもつながりそうです。

出典: いやーなバチバチを、かわいく撃退♥ | For M