オーストリアのおすすめ観光スポット

オーストリアへ旅行に行くならば、ぜひ足を運んでいただきたいおすすめの観光スポット・エリアをご紹介します。日本人にも安心・安全なスポットをピックアップしています。よい旅行を!

世界遺産の山岳鉄道『センメリング鉄道』

ウィーンの森の南、グログニッツからミュルツツーシュラークまでを結ぶ世界初の山岳鉄道。約41kmの区間にあるトンネルや高架橋は自然と調和し、中でも二層構造になっているクラウゼルクラウゼ橋やカルテリンネ橋はその優美さで人々を魅了しています。

出典: 世界遺産の山岳鉄道『センメリング鉄道』 [オーストリア] All About

気軽に隣国トリップ!『ブラチスラヴァ』

観光のハイライトはブラチスラヴァ城と旧市街。「ひっくり返したテーブル」の愛称を持つブラチスラヴァ城はマリア・テレジアが居城にしていた由緒ある城。現在は博物館になっており、丘の上に立つ城の塔からは美しい旧市街が眼下に広がります。

出典: 気軽に隣国トリップ! 『ブラチスラヴァ』 [オーストリア] All About

大作曲家ハイドンが眠る『アイゼンシュタット』

アイゼンシュタットを治めていたエスターハージィ家はハイドンのパトロン。煌びやかなエスターハージィ宮殿には300年に及ぶ公爵家のコレクションが展示されているほか、一際豪華に装飾されたハイドンホールで秀逸なコンサートを堪能することができます。

出典: 大作曲家ハイドンが眠る『アイゼンシュタット』 [オーストリア] All About

泉に沿いて繁る菩提樹『ヒンターブリュール』

シューベルトが歌曲集「冬の旅」第5曲「菩提樹」の楽想を得たと伝えられているヘルドリッヒスミューレ。当時の水車小屋は喪われていますが、生い茂る菩提樹の下に佇んでいると、美しい調べが聴こえてきそうです。

出典: 泉に沿いて繁る菩提樹『ヒンターブリュール』 [オーストリア] All About

伝統と芸術文化が薫る『リンツ』

リンツの歴史は古代ローマ帝国に遡り、中世にはドナウ河畔の交易都市として栄え、現在はオーストリア最大の工業都市。芸術文化振興に力を入れており、2009年にはリトアニアのヴィリニュスと共に欧州文化首都に選定され、多彩なイベントが開催されました。

出典: 伝統と芸術文化が薫る『リンツ』 [オーストリア] All About

モーツアルトの聖地・ザルツブルクオプショナルツアー

中央を流れる川の両端に名所が点在、半日あれば十分観光を楽しめる音楽の街ザルツブルク。モーツアルトが生まれ育った街であり、映画『サウンドオブミュージック』の舞台としても広く知られています。

出典: オーストリア・ザルツブルク [オーストリア] All About

オーストリア・インスブルックの1日ツアー

インスブルックは、オーストリアの南に位置するチロル州の州都。古代ローマ帝国時代から交通の要として、栄えて来た風光明媚な都。1964年と1976年に冬のオリンピックが開催されたことで、スキースポットとしても有名になりました。

出典: オーストリア・インスブルックの1日ツアー [オーストリア] All About

オーストリア『ラックス高原』

ウィーンから南西へ100キロほどの位置にあるラックス高原では、幻とも言える本物のエーデルワイスに遭遇するチャンスがあります。エーデルワイスは、まわりに草木のない平らな場所に、へばりつくようにして低く咲いています。時期を狙ってラックス高原に登り、乾いた平地をじっくりと探せば、きっと見つけられると思います。

出典: オーストリア 「ラックス高原」 [オーストリア] All About

世界遺産『ヴァッハウ渓谷』

ヴァッハウ渓谷は、ウイーンから西に80kmほどの位置にある、景観のとても美しいエリアです。この地区で一番の見どころが詰まっているのが、デュルンシュタイン村。

出典: 世界遺産 「ヴァッハウ渓谷」 [オーストリア] All About

歴史的な音楽家が眠る『ウィーン中央墓地』

『ウィーン中央墓地』は、クラシック音楽好きな人だったら絶対にはずせないスポット。世界中のクラシック音楽ファンが献花に訪れる場所です。墓地の入場料は特になく、予約も必要ありません。ウィーン市内ですが郊外にあるので、お天気の良い日には散歩スポットとしてもおすすめです。

出典: 歴史的な音楽家が眠る「ウィーン中央墓地」 [オーストリア] All About

ウィーン『ホーフブルク宮殿』

ウィーンの中心部に位置するハプスブルク家の王宮だったホーフブルク宮殿。広大な敷地内には18の棟と19の中庭が複雑に入り組んだ、巨大な複合建築物です。

出典: ウィーン「ホーフブルク宮殿」 [オーストリア] All About

ウィーン『シェーンブルン宮殿』

1696年レオポルト1世が狩猟用の別荘として建設して以降、歴代皇帝が増築し、1749年マリア・テレジアの時代になってようやく完成を見たバロック様式(後ロココ様式が追加)の傑作、シェーンブルン宮殿。広大な敷地内には、様々な施設が点在しているので、時間に余裕があれば1日かけて見学することをお勧めします。併設されているオランジェリーでは毎日クラッシックコンサートが開催されています。

出典: ウィーン 「シェーンブルン宮殿」 [オーストリア] All About

黄金のホール『ウィーン楽友協会』

ウィーン楽友協会は、クラシック音楽好きな人だったら絶対にはずせないスポットです。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠地を置いていること、世界のコンサートホールの中でも珠玉の『黄金ホール(Grover Saal)』を有することで知られています。

出典: 黄金のホール 「ウィーン楽友協会」 [オーストリア] All About

世界三大オペラ座の一つ『ウィーン国立歌劇場』

ウィーン国立歌劇場は、世界三大オペラ座の一つで、音楽の都ウィーンが誇るオペラの殿堂です。一年間におよそ300日間もオペラやバレエが上演されています。

出典: 世界三大オペラ座の一つ ウィーン国立歌劇場 [オーストリア] All About

ザルツブルク『ウンタースベルク山』

映画の中に登場する、山頂がちょこんと左に傾いたような特徴的な山は、『ウンタースベルク山』です。この山、今実物を見ても50年前の映画とまったく同じ。映画に登場する山を実際に目にするのは感動的ですが、さらに感動するのは、ふもとからケーブルカーを使って山頂へ登り、標高1776mから見下ろすザルツブルクのすばらしい景色です。

出典: ザルツブルク 「ウンタースベルク山」 [オーストリア] All About

ザルツブルグ『ホーエンザルツブルク城』

ザルツブルクの旧市街を見下ろすように小高い山の上に建つ、『ホーエンザルツブルク城』。このお城が建設されたのは1077年のことで、1000年近い時を経ながら、完璧に近い形を残す珍しいお城として有名です。

出典: ザルツブルグ 「ホーエンザルツブルク城」 [オーストリア] All About

華麗な建物が街を彩る『ザンクト・ペルテン』

オーストリアで最も古い都市権を持つザンクト・ペルテンは、人口約5万人の小さな街ながらもニーダーエスターライヒの州都。バロック建築の街として有名で、ウィーンからのアクセスもよく、小旅行にはぴったりです。

出典: 華麗な建物が街を彩る 「ザンクト・ペルテン」 [オーストリア] All About

ウィーン市内観光半日ツアー

ヨーロッパのほぼ中心部に位置し、古くから交通の要衝として発展してきたウィーン。当然ながら多くの文化が集まる都市でもあったので、『音楽の都』、『芸術の都』、『建築の都』など、さまざまな言葉でたたえられています。ウィーンが初めてという人は、初日にこのツアーに参加し、土地勘を養うといいでしょう。

出典: ウィーン市内観光半日ツアー [オーストリア] All About

オーストリアのおすすめグルメ・レストラン

オーストリアで絶対に食べたい・味わいたいグルメ・レストラン・飲料の情報をご紹介します。食は旅行の最大の楽しみの一つ。美味しく、かつ、安心・安全な食事の情報をお伝えします。

ウィーン料理『ミューラーバイスル』

『ミューラーバイスル』では、オーストリア人が普段食べている伝統的な郷土料理を、手頃な値段で食べられるレストランです。ウィーンに到着したら、真っ先に訪れてほしいお店です。

出典: ウィーン料理 「ミューラーバイスル」 [オーストリア] All About

レストラン『ホテル シュロス デュルンシュタイン』

レストラン『ホテル シュロス デュルンシュタイン』は、同名の古城ホテルに入っているレストラン。このレストランのおすすめポイントは、なんと言ってもその立地。ドナウ川を眺める最高のロケーションにありますが、気候がよければ外のテラスに出て、さらに川に接近して食事をすることができます。

出典: レストラン 「ホテル シュロス デュルンシュタイン」 [オーストリア] All About

ウィーンの洋菓子店『デメル』

1786年創業、約230年もの歴史を刻む老舗中の老舗デメル。「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」と言われるほど、王家に愛され、ウィーン市民に支持され続けてきた名店です。

出典: ウィーンの洋菓子店 「デメル」 [オーストリア] All About

ウィーン『カフェ・ザッハー』

日本でもお馴染みのザッハトルテ。ハプスブルク家御用達だったデメルが広めたので、デメルのお菓子という印象が強いと思いますが、オリジナルはこのザッハー。ホテル・ザッハーを開業したエドゥアルト・ザッハーの父フランツ・ザッハーの名字を取ってザッハトルテと呼ばれるようになりました。

出典: ウィーン 「カフェ・ザッハー」 [オーストリア] All About

ウィーン 音楽フィルム・フェスティバル

ウィーンの市庁舎広場前で開催される音楽フィルムフェスティバル。入場無料のこのイベントでは、コンサートやオペラ、バレエ映画の上映だけでなく、約20もの世界B級グルメの屋台が並ぶ事でも有名です。

出典: ウィーン 音楽フィルム・フェスティバル [オーストリア] All About

オーストリアのワイン酒場『ホリイゲ』

フランスやイタリアほど世界的に有名では無いにしても、オーストリアでも数多くのワインが作られています。そのワイン生産農家が、軒先で簡単な飲食を提供する簡易食堂(居酒屋)のことを、ホリイゲと言います。オーストリアの中で一番有名なホリイゲの集まる場所が、ウィーンの郊外にあるGrinzingで、ベートーベンが暮らし、『田園』を作曲した場所としても有名です。

出典: オーストリアのワイン酒場 「ホリイゲ」 [オーストリア] All About

オーストリアのおすすめお土産

オーストリアに行ったらぜひ買いたいおすすめのお土産をご紹介します。特に忙しい旅行だと何を買えばよいか分からないお土産ですが、ここでは実際に人に喜ばれるお土産の数々をピックアップしています!

かぼちゃの種から作られた『パンプキンシードオイル』

オーストリアの食料品店に、当たり前のように置いてある『パンプキンシードオイル』。かぼちゃの種からできた植物性オイルです。まるでハーブやガーリックにつけ込んだようなフレーバーたっぷりのおいしさは、一度味わってみるとすぐに病みつきになると思います。

出典: かぼちゃの種から作られた「パンプキンシードオイル」 [オーストリア] All About

DEMEL Kandierte Veilchen 『スミレの砂糖漬け』

ウィーンを訪れたら、「デメルのティーサロンでザッハトルテを食べる」というのを必須課題にするのはもちろんのことですが、日本に持って帰れないケーキに代わって、お土産にしたいのが『スミレの砂糖漬け』です。

出典: DEMEL Kandierte Veilchen 「スミレの砂糖漬け」 [オーストリア] All About

オーストリアのお菓子『マンナー』

1890年に創業し、ウィーンでは知らない人がいないほど有名なお菓子メーカー『マンナー』。ウェハースが主力商品で、マンナーと言えばウェハースと言われるくらいですが、チョコレート菓子やドラジェやレープクーヘンも扱っています。

出典: オーストリアのお菓子 「マンナー」 [オーストリア] All About

高級食材店『ユリウス・マインル・アム・グラーベン』

1862年創業、オーストリア国内はもちろん、イギリスやフランス、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ各国を始め、世界中から厳選した食材を豊富に取り揃えている老舗高級デリカテッセン。

出典: 高級食材店「ユリウス・マインル・アム・グラーベン」 [オーストリア] All About

オーストリアのおすすめホテル・宿

オーストリアにあるホテル・宿など宿泊施設の中から日本人の旅行者におすすめの部屋をご紹介。実際に使った日本人による記述で、信頼度が高く安心できるもの。宿を探すならぜひ一度ご覧ください。

バッハゥ渓谷にある『シュロス・デュルンシュタイン』

ホテル シュロス・デュルンシュタインは、バッハゥ渓谷にあるデュルンシュタイン村の中心部、ドナウ川のほとりに位置する古城ホテルです。

出典: バッハゥ渓谷にある「シュロス・デュルンシュタイン」 [オーストリア] All About

バックパッカー御用達のユースホテル

バックパッカー御用達、ユース・ホステル予約サイトで評価・人気共に常に90%以上を獲得しているユース・ホステル・チェーン。現在、ウィーンに3軒、ベルリン、ミュンヘン、ブダペストに1軒ずつ展開しています。

出典: バックパッカー御用達のユースホテル [オーストリア] All About