バリ島のおすすめ観光スポット

バリ島へ旅行に行くならば、ぜひ足を運んでいただきたいおすすめの観光スポット・エリアをご紹介します。日本人にも安心・安全なスポットをピックアップしています。よい旅行を!

緑の中で疲れたボディを癒す『サンティカ スパ』

田んぼの真ん中にある『サンティカ スパ(Cantika Spa)』。開放感いっぱいのロケーションで施術を受けることができます。自慢のコスメはすべてオーナーをはじめとするスタッフのハンドメイド。傷ついた肌や髪にとても優しいオーガニックコスメです。

出典: 緑の中で疲れたボディを癒す『サンティカ スパ』 [バリ島] All About

世界各国のヨギーニたちを虜にする『ヨガバーン』

『ヨガバーン』はヨガの初心者でも上級者でも、そして旅行者でも気軽に参加できるヨガスタジオ。人気の理由は、豊富なレッスン数とロケーション。半屋外の心地よい風が吹き抜けるスタジオでレッスンを受けると心も体も解放されます。

出典: 世界各国のヨギーニたちを虜にするヨガバーン [バリ島] All About

野生猿の自然保護区 『モンキーフォレスト』

モンキーフォレスには500匹以上ものお猿さんが! とにかくたくさんのお猿さんたちと出会ます。お子様連れには特におすすめです。緑いっぱいの中小さな渓谷も点在します。森林浴を兼ねてゆっくり楽しむのが理想的です。

出典: 野生猿の自然保護区 『モンキーフォレスト』 [バリ島] All About

クイックシルバー・クルーズで遊び放題

クイックシルバーのクルーザーでマリンスポーツ三昧! サンゴ礁の海で行うシュノーケリング。エキサイティングなバナナボートやすべり台は何回でも体験可能。追加料金を払えばダイビンクもできます。

出典: クイックシルバー・クルーズで遊び放題 [バリ島] All About

バリ文化の中心地 ウブドで伝統舞踊を堪能

バリの伝統舞踊はとにかく動きが多彩。何を見てもはじめて見るものばかり。演目も多く、エンターテイメント性に特化したものもあります。ウブド王宮前のインフォメーションセンターで曜日ごとの講演予定表を手に入れられます。毎晩どこかしらで舞台があって、公演場所も徒歩でアクセスできるところがほとんど。日本円にして600~700円くらいであれだけ中身の濃い踊りを見られるのはおトクすぎます。

出典: バリ文化の中心地 ウブドで伝統舞踊を堪能 [バリ島] All About

盛大に死者を見送る バリ島のお葬式ツアー

バリ島に行くなら必ずお葬式を見て来なさいと、言われるほど、ここのお葬式は独特で賑やかです。没後最低でも2~3週間はかけて準備されるお葬式は必見です。ここでは葬式は輪廻転生の通過儀礼の一つ。準備の間にご家族の方の悲嘆も薄らいでいくのでしょうか? ご家族の皆さんニコニコの笑顔で、物見遊山気分の観光客でさえ歓迎してくれるのがバリ島のお葬式なのです。

出典: 盛大に死者を見送る バリ島のお葬式ツアー [バリ島] All About

民族舞踊に代表される芸能の島 バリの魅力を堪能

民族舞踊から、伝統的な絵画、現代アートにまで。バリの文化を堪能できるオプショナルツアーをご紹介します。芸能や芸術の島としてのバリ島を訪ねたいなら、ウブドは外せない旅先です。この街では毎晩のように伝統舞踊のショーが開かれ、街にはアートギャラリーや美術館が軒を連ねています。まさにここはバリ文化の中心地と言えるでしょう。

出典: 民族舞踊に代表される芸能の島 バリの魅力を堪能 [バリ島] All About

神々が棲む島、バリ島のパワースポット巡り

最近のスピリチュアル・ブームの中で、「パワースポットめぐり」が人気を呼んでいます。バリ島もそういった人たちの重要な旅先。様々なパワースポットを、日本語ガイド案内で1日かけてめぐるオプショナルツアーがあります。

出典: 神々が棲む島、バリ島のパワースポット巡り [バリ島] All About

自然とスリルを満喫!バリ島のラフティングツアー

バリ島といえば海のイメージですが、豊かな緑に包まれた渓谷でのラフティングもおすすめ。ラフティングとセットで、エレファントライドやナイトサファリ、エステなどが楽しめるツアーもあります。

出典: 自然とスリルを満喫! バリ島のラフティングツアー [バリ島] All About

象がアテンドしてくれる エレファントパーク

バリ島の繁華街、クタから車で1時間強北上したところにあるタロ村には、30頭のスマトラ象が暮らしているエレファントパークがあります。パーク内にあるロッジでは、象のアテンドがうけられます。

出典: 象がアテンドしてくれる エレファントパーク [バリ島] All About

まさに海に浮かぶ『タナロット寺院』

バリの寺院の中でも特にフォトジェニックなのが『タナロット寺院』。満潮時はまさに海に浮かぶ寺院です。訪れるのにベストのタイミングは夕暮れ時で、夕日に照らされた寺院の美しさはサンセットツアーが組まれるほど有名&人気です。

出典: まさに海に浮かぶ「タナロット寺院」 [バリ島] All About

バリ島のおすすめグルメ・レストラン

バリ島で絶対に食べたい・味わいたいグルメ・レストラン・飲料の情報をご紹介します。食は旅行の最大の楽しみの一つ。美味しく、かつ、安心・安全な食事の情報をお伝えします。

お洒落な田園風景に癒される『テラコッタレストラン』

テラコッタレストランは2012年にウブドにオープンした、『クナンガ・ブティック・ホテル』内にあるレストラン。どこまでも広がる田園風景にあり、オープンエアーで開放的です。「田園って実はお洒落だったんだ」と思わせるほど、レストランと田園風景がマッチしています。

出典: お洒落な田園風景に癒される「テラコッタレストラン」 [バリ島] All About

ウブドのオーガニック食堂『Warung Igelanca』

『Warung Igelanca』はウブドのオーガニック食堂 。丁寧に料理されていることが見ても、食べてもわかります。お皿やカトラリー類なども含めて、料理のプレゼンテーションも気取っていないのにおしゃれで、思わず写真を撮りたくなるほどです。

出典: ウブドのオーガニック食堂 「Warung Igelanca」 [バリ島] All About

ウブドを代表する老舗レストラン『カフェ・ロータス』

「ウブドに来たら一度は行ってみたいレストラン」と観光客に人気の老舗レストラン、カフェロータス。メニューは豊富で、蓮の池のすぐ側で食事を楽しめます。食後の散策もおすすめ。夜にはバリ舞踊を見学しながらディナーもできます。

出典: ウブドを代表する老舗レストラン『カフェ・ロータス』 [バリ島] All About

自家栽培の料理に舌鼓!『サリ・オーガニック』

『サリ・オーガニック』は自家栽培の野菜・米・果物を使ったオーガニックレストランです。お店までの道のりも一押しポイント。遠くまで広がる緑、これぞウブドという景色を堪能できます。

出典: 自家栽培の料理に舌鼓!『サリ・オーガニック』 [バリ島] All About

オリジナルのナシチャンプルを作れる『ラダ・ワルン』

ラダ・ワルンは、ナシチャンプル初体験の方にもおすすめのオシャレなカフェ風ワルン。比較的あっさりした味付けで観光客だけでなく地元でも人気です。自分で選べるから小腹がすいたときにもガッツリ行きたいときにも使えます!

出典: オリジナルのナシチャンプルを作れる ラダ・ワルン [バリ島] All About

フォーマルレストランでイガバビを 『ザ・ポンド』

香ばしく焼きあがったバリ風スペアリブ『イガバビ』。イガバビのバビは豚肉のことでイガはスパイスの種類らしいです。とにかく流行っているらしいです。フォーマルなレストラン、ザ・ポンドで豪快にいただきます。ビンタンビールとも相性はバッチリです。

出典: フォーマルレストランでイガバビを 『ザ・ポンド』 [バリ島] All About

わざわざ食べに行く価値あり!ジンバランのシーフード

クタやウブドほどはメジャーではないエリア・ジンバラン。でもここの海岸はシーフードが安くておいしいことで有名です。シーフードをその場でグリルしてくれるお店が海岸沿いに並んでおり、日没の時間からたくさんの人で賑わいはじめます。

出典: わざわざ食べに行く価値あり!ジンバランのシーフード [バリ島] All About

本格的なイタリアンを提供するトラットリア『サミサミ』

『Sami Sami』は、ジンバランに位置するリゾートホテル『AYANA Resort and Spa BALI』内にあるレストランです。ジンバラン湾に沈む夕日を眺めながら、または夜の幻想的な雰囲気の中、本格的なイタリアンが楽しめます。

出典: 本格的なイタリアンを提供するトラットリア サミサミ [バリ島] All About

エキゾチックな雰囲気『ダーマルテラス』

ホテルから海に向かって階段を下りていくと、はすの花が咲く池に囲まれたかやぶき屋根が見つかります。そこが『Damar Terrace』。エキゾチックな雰囲気のレストランが提供するインドネシア料理はどれも絶品です。

出典: エキゾチックな雰囲気 「ダーマルテラス」 [バリ島] All About

バリ島旅行の持ち物

バリ島旅行に「これだけはもっていったほうがいい」ものをご紹介します。

虫さされ用かゆみ止め

バリの蚊は手強いとはよく言います。そんな手強い蚊に刺されないためにも、未然に防げる虫除けスプレーももちろん必要なのですが、ウナクールも持参することをおすすめします。

出典: バリ島 虫さされ [バリ島] All About

大判ストール

クーラーの強いレストランが多く、気温調整するのにストールがあるととても便利です。バッグに1枚入れておけば、カーディガンよりもコンパクトでかさばりません。また、寺院にお参りするときに役に立ちます。

出典: 大判ストール [バリ島] All About

トイレットペーパーがあるとトイレのときに便利です

バリのトイレは日本とだいぶ違います。ホテルやレストランなどは問題ありませんが、場所によっては水洗いをするトイレもあります。心配な方はトイレットペーパーやポケットティッシュを持ち歩くと便利です。

出典: トイレットペーパーがあるとトイレのときに便利です [バリ島] All About

バンドエイド ウォーターブロック

旅先に薬を持って行く方は多いと思いますが、バンドエイドも一緒にあると便利です。バリは日本と違って道路も転びやすく、思わぬ怪我をすることもあります。また、靴ずれをした時に患部へ貼ると楽になりお勧めです。

出典: バンドエイド ウォーターブロック [バリ島] All About

主食が米!バリ旅行の必需品、ふりかけ

旅先では基本的にその土地の味を楽しみたいので現地のものを食べますが、ちょっと体調をくずしたり、胃が疲れた時など、日本食が恋しくなるものです。そんな時、ふりかけを持って行くことをおすすめします。

出典: 主食が米!バリ旅行の必需品 [バリ島] All About

携帯用ドライヤー、サンダルとスニーカー

宿泊費の安いホテルには、ドライヤーのない可能性があるので、携帯用のドライヤーがあるといいでしょう。ビーチの散策に備えて、歩きやすいスニーカーとサンダルがあるといいでしょう。

出典: バリ旅行の必需品と注意点 [バリ島] All About

バリの素顔をリアルに紹介『バリ島じゃらんじゃらん』

『バリ島じゃらんじゃらん』では、神秘のベールに包まれたバリの素顔がいきいきとリアルに紹介されています。伝統芸能から日常生活まで、幅広い視野でバリ島の全貌を見つめます。バリ島への旅行を計画している人には、もってこいの本です。

出典: バリの素顔をリアルに紹介「バリ島じゃらんじゃらん」 [バリ島] All About

バリ旅行への期待が膨らむ一冊!『バリ楽園紀行』

『バリ楽園紀行』では、地球の楽園とも賞されるバリ島の魅力を、現地在住の筆者と伝統衣装をまとったトップモデルたちがガイドしています。バリ島がもっている魅力が、あますことなく網羅されています。バリ島旅行への期待が膨らむこと間違いなしです。

出典: バリ旅行への期待が膨らむ一冊!「バリ楽園紀行」 [バリ島] All About

バリ島のおすすめお土産

バリ島に行ったらぜひ買いたいおすすめのお土産をご紹介します。特に忙しい旅行だと何を買えばよいか分からないお土産ですが、ここでは実際に人に喜ばれるお土産の数々をピックアップしています!

インドネシア料理の素

自宅でインドネシア料理を再現したい! と思っても、なかなか材料をそろえることは難しいです。インドネシア料理の素があれば、簡単につくることができます。

出典: インドネシア料理の素 [バリ島] All About

ジンジャーティー

しょうがは体を温める作用のほかに脂肪分解作用や免疫力を高めるなど、健康維持を助ける心強い食材として、最近日本でも、しょうがを使った数々の商品を目にします。女性が喜ぶおみやげとして、ジンジャーティーは一押しです!

出典: バリ島 ジンジャーティー [バリ島] All About

リフレッシュに最適!ハンド&フットスプレー

ハンド&フットスプレーは、手足をリフレッシュすることができます。また抗菌作用があるので、ちょっと気分転換したいときにバッグに1つあるととっても役に立ちます。

出典: リフレッシュに最適! ハンド&フットスプレー [バリ島] All About

センセイシャのナチュラルソープ

バリに行ったらはずせないのがナチュラルコスメ。天然素材で作った石鹸やボディバター、オイルなど女子心をくすぐる商品がたくさん売っています。素材にこだわっていて、しかもとてもお得です。

出典: センセイシャのナチュラルソープ [バリ島] All About

プルメリアのヘアクリップ

バリに行くと、至るところで見かける白い花、プルメリア。お供え物やヴィラのお部屋にディスプレイとしてそっと置いてあったり、プルメリアはバリのアイコン的な存在です。

出典: プルメリアのヘアクリップ [バリ島] All About

エリプスのヘアビタミン

バリのスーパーに行くと色とりどりのシャンプーなどの日用品が並んでいて、見るだけでもとても楽しいのですが、スーパーで買えるおみやげでおすすめしたいのが、エリプスのヘアビタミンです。

出典: エリプスのヘアビタミン [バリ島] All About

オールビーズのカラフルポーチ

おみやげにおすすめしたいのは『ビーズポーチ』です。オールビーズですごく喜ばれました。タバコが入る大きさで、バッグの中での存在感も大きいですし、何かと便利なサイズです。

出典: オールビーズのカラフルポーチ [バリ島] All About

バティック柄の巾着

バリのテキスタイルとして知られるバティック。ホテルのファブリックになっていたり、スパの施術台にひかれていたりと、バリを訪れれば必ずと言っていいほど目にするこのバティックですが、このバティックをアレンジした巾着が、おみやげにはとても喜ばれます。

出典: バティック柄の巾着 [バリ島] All About

Asterisk(アスタリスク)の『ガムランボール』

バリへ行ったら、ガムランボールは絶対に買いたいと思っていました。売っているお店はあちこちありますが、ウブドの『アスタリスク』はガムランボールの質が良く、デザインも素敵です。お土産にも喜ばれますよ。

出典: Asterisk(アスタリスク)の「ガムランボール」 [バリ島] All About

スターバックス バリ限定マグカップ

スターバックスはバリにもあります。「バリ限定マグカップ」は、ご当地限定マグカップやタンブラーを集めている方にお勧めのお土産だと思います。デザインは少し変わった可能性がありますが、個性的でとても素敵です。

出典: バリ限定マグカップ [バリ島] All About

バリ猫の置物

バリ猫の置物はウブドで購入することをお勧めします。交渉次第で安く手に入れることも出来ますし、言葉が分からなくても電卓を見せれば通じます。大きな猫の置物は玄関に置いても可愛いのでお勧めです。

出典: バリ島 バリ猫の置物 [バリ島] All About

アジアンチックなインテリアを演出 アタ製品

バリのお土産の定番といえばまっさきに名前が上がる、バリ東部のバリ・アガと呼ばれる先住民族が住む『トゥガナン村』が発祥の伝統工芸品、アタ製品。アタとはシダ科の植物で、インドネシアに自生しています。その茎の部分を乾燥させ、細かくさいた物を編んでいき、さまざまな製品を作ります。

出典: アジアンチックなインテリアを演出 アタ製品 [バリ島] All About

バリ島のおすすめホテル・宿

バリ島にあるホテル・宿など宿泊施設の中から日本人の旅行者におすすめの部屋をご紹介。実際に使った日本人による記述で、信頼度が高く安心できるもの。宿を探すならぜひ一度ご覧ください。

バリの伝統的隠れ家風ホテル『アルティニ3』

『アルティニ3』の室内はバリの伝統的な織物・素材を使った調度品やファブリックが使用されているので、バリらしさにどっぷり浸ることができます。レストランやスパなどが近くに立ち並び便利ですが、メイン通りが近いとは思えないほどの静かな隠れ家的ホテルです。

出典: バリの伝統的隠れ家風ホテル「アルティニ3」 [バリ島] All About

女性一人でも安心して泊まれる『カキアン・バンガロー』

女性一人でも快適に過ごせるホテルカキアン・バンガロー。日本人オーナーのセンスを感じる清潔でモダンな内装です。備品やアメニティも充実していて日本語が通じるスタッフもいます。

出典: 女性一人でも安心して泊まれる カキアン・バンガロー [バリ島] All About

安息の地『アヤナ リゾート&スパ バリ』

サンスクリット語で「安息の地」を意味するブランド「AYANA」を冠したホテル。絶好の景観と、リゾート施設が特徴です。空港に近いこと、そしてジンバラン湾を見下ろす格好の場所に位置する点がおすすめです。

出典: 安息の地 「アヤナ リゾート&スパ バリ」 [バリ島] All About

エントランスから見る海の眺望は圧巻!『ニッコーバリ』

バリ島といえば美しい海をイメージする人も多いでしょう。そんな初めてバリを訪れる方におすすめなのが、『ニッコーバリ リゾート&スパ』です。ヤシの木より低い15階建てホテルがニッコーバリ。バリ島唯一の高層ホテルの最大の利点は、広大な敷地内を歩き回らずに、部屋からエレベーターで一階に行けばプールと海がある事。この利便性が最高で、滞在が進むにつれて良さが分かるホテルだと思います。

出典: エントランスから見る海の眺望は圧巻! ニッコーバリ [バリ島] All About

フォーシーズンズ リゾート ジンバラン ベイ

さすが世界のフォーシーズンズ! まさにこの一言に尽きます。ホテルのホスピタリティはもちろん、スタッフのサービスはラグジュアリーリゾートの代表格といえるでしょう。バリの街が好きな人には不向きかもしれませんが、高級リゾートでゆっくりと過ごすバカンスを期待している人にはおすすめのホテルではないでしょうか。

出典: フォーシーズンズ リゾート ジンバラン ベイ [バリ島] All About