ロンドンのおすすめ観光スポット

ロンドンへ旅行に行くならば、ぜひ足を運んでいただきたいおすすめの観光スポット・エリアをご紹介します。日本人にも安心・安全なスポットをピックアップしています。よい旅行を!

ポールスミスのアトリエ『ウエストボーンハウス』

世界中から愛されるブランド『ポール・スミス』、その邸宅を改装したアトリエがノッティングヒルにあります。真っ白い外観の建物中には、それぞれの部屋のコンセプトに合わせたポール・スミスの商品がオシャレに並べられています。

出典: ポールスミスのアトリエ「ウエストボーンハウス」 [ロンドン] All About

モッズやサイケデリック音楽発祥の地

カーナビーストリートは、60年~70年代頃にはミュージシャンのたまり場として賑わい、ファッション関係のブティックが多く集まっていた場所。最近は、個性的なアイテムが見つかる穴場スポットなので、個性的なファッションやお気に入りの一点物を探したい人には特にオススメです。

出典: モッズやサイケデリック音楽発祥の地 [ロンドン] All About

ロンドンを満喫できる空間『ピカデリーサーカス』

広場の名称であるピカデリーサーカスは多くの商店、エンターテイメント施設、デパートが並び、地元の人や観光客で大変賑わうスポットです。日本でも人気のショップが目白押し。観光と買い物を同時に楽しめるのでおすすめです。

出典: ロンドンを満喫できる空間 「ピカデリーサーカス」 [ロンドン] All About

アンティークの素敵な雑貨店『JENSEN & BALLANTINE』

『JENSEN & BALLANTINE』は、アンティークの家具や雑貨を扱うお店です。コテコテのアンティークというより、現代の生活に簡単に取り入れることができるアイテムがずらりと勢揃い。ぜひお気に入りを見つけてみてください。

出典: アンティークの素敵な雑貨店「JENSEN & BALLANTINE」 [ロンドン] All About

色鮮やかな建物が美しい『ノッティングヒル』

街全体がマカロンカラーで染められた夢のような場所がノッティングヒル。ロンドン西部に位置しており、何軒もつながる住宅街は一つひとつ建物の色が異なり、ピンク、イエロー、ブルーと見事なまでの多彩っぷりに感動します。

出典: 色鮮やかな建物が美しい「ノッティングヒル」 [ロンドン] All About

パンクファッションの発祥地『Camden town』

Camden town(カムデンタウン)は、映画で見るようなイギリスのパンクスタイルの若者で溢れています。マーケットが特に有名でここでは洋服だけでなく、ヴィンテージショップやミュージックショップなどがあります。

出典: パンクファッションの発祥地「Camden town」 [ロンドン] All About

『ウィリアム・モリスギャラリー』で芸術に触れる

ロンドン市内からはちょっと郊外にあるウィリアム・モリスギャラリーがおすすめです。大きなギャラリーではないですが、1階にはお土産屋さんもあり、文房具、絵葉書、ラッピングペーパー、エプロン、傘などなどモリス柄の物がそろっています。人気の商品は折りたたみ傘らしいです。

出典: 「ウィリアム・モリスギャラリー」で芸術に触れる [ロンドン] All About

ロンドンが誇る『ハムステッド・ヒース』の自然美

ロンドン北部に位置するハムステッド・ヒースは、今も原生林が残る素敵な場所です。その自然美にひかれて訪れた芸術家などは数知れず、日本からは夏目漱石も度々訪れていたそう。さらに歩いていくと、Kenwood Houseと呼ばれるカントリーハウスが見えてきます。

出典: ロンドンが誇る「ハムステッド・ヒース」の自然美 [ロンドン] All About

ツアー利用で、コッツウォルズの美しい村々へ

美しい風景が広がるコッツウォルズ。自分で行く場合効率よく回るのはレンタカーかツアーになると思います。こちらでのレンタカーはマニュアル車がほとんどですので、慣れていない方にはかなり難しく、ツアーを利用するのが一番かと思います。おすすめを紹介します。

出典: ツアー利用で、コッツウォルズの美しい村々へ [ロンドン] All About

日本での事前予約で、本場のミュージカルを観劇!

海外の現地オプショナルツアーを数多く扱うVELTRAで、日本からミュージカルチケットを予約し、本場ロンドン・ウェストエンドで『レ・ミゼラブル』を鑑賞しました。日本語のホームページなので、安心。英語が全くわからなくても、何の問題もありませんでした。

出典: 日本での事前予約で、本場のミュージカルを観劇! [ロンドン] All About

切り裂きジャック事件に挑戦!ロンドンナイトツアー

世界一有名な未解決事件の犯人『切り裂きジャック』。このツアーでは実際の殺害現場を訪れ、誰がどういう状態で発見されたかを解説してもらいます。またツアーではイギリスが生んだ世紀の名探偵の名前が付いているパブ『シャーロック・ホームズ』も訪れます。ここにはホームズ所縁の品々が飾られており、切り裂きジャックの謎解きをする場所として、これほど相応しい場所はないでしょう。

出典: 切り裂きジャック事件に挑戦!ロンドンナイトツアー [ロンドン] All About

まとめて見学!イギリスが誇る2大博物館見学ツアー

ロンドンのど真ん中、トラファルガー広場に面して建っている『ナショナル・ギャラリー』。所蔵コレクションは西洋美術史において珠玉の名作揃いで、美術の教科書でお馴染みの画家がズラリと並びます。その後、世界中から収集した貴重なコレクションで人気の『大英博物館』を訪れます。両スポットは2駅離れているので、両方回るとかなり時間がかかります。予定が詰まっている旅行者にとっては便利なツアーだと思います。

出典: まとめて見学!イギリスが誇る2大博物館見学ツアー [ロンドン] All About

世界の時間の中心地へ!グリニッジ観光ツアー

ロンドンから20分の海事都市グリニッジ。グリニッジ標準時や天文台が有名ですが、快速帆船カティサーク、国立海事博物館、屈折型望遠鏡、時の球、など1日いても飽きないほど見所が満載の街です。このツアーでは他の場所と合わせて約4時間巡ります。ちょっと無理をしてでも足を運ぶ価値のある街です。

出典: 世界の時間の中心地へ!グリニッジ観光ツアー [ロンドン] All About

大英博物館を肴にパブで乾杯ツアー!

世界最大級の大英博物館には世界中から集められた展示品が約800万点が収蔵され、丁寧に見て回ると1週間はかかると言われています。このツアーでは日本語ガイドの説明と必見スポットを効率よく周ります。そしてその後、ロンドナーに成りきって、本場英国のパブでディナーを楽しみます。

出典: 大英博物館を肴にパブで乾杯ツアー! [ロンドン] All About

ロンドン名物のダブルデッカーで必見スポット巡り

ロンドン名物といえば真っ赤なダブルデッカー(2階建てバス)ですが、旅行者にはなかなか乗る機会がありません。しかしせっかく来たのであれば1度は乗らなければ損。このツアーではダブルデッカーにも乗れ、市内観光もできて一石二鳥。ツアーでは主要観光スポットをほぼ網羅する上、テムズ川クルーズにまで乗ることが出来ます。ロンドンが初めてという人やダブルデッカーに乗ってみたいという人にはお勧めです。

出典: ロンドン名物のダブルデッカーで必見スポット巡り [ロンドン] All About

エリザベス女王の居城!ウィンザー城訪問ツアー

ロンドンから1時間ほどの距離にある『ウィンザー城』。エリザベス女王が週末バッキンガム宮殿から戻ってくるのがこのお城。現役の王家の居城としては最も古く、規模は世界最大級。一般に公開されているのは大きく分けて、ステート・アパートメント、ドールハウス、セント・ジョージ礼拝堂の3ヵ所。このツアーでは見学後、世界七不思議のひとつ、ストーンヘンジに向かいます。

出典: エリザベス女王の居城!ウィンザー城訪問ツアー [ロンドン] All About

リーズ城とカンタベリー大聖堂を巡る名所ツアー!

世界で最も愛らしい城と言われる『リーズ城』。森や湖に囲まれた優雅な佇まいは確かに貴婦人の風情です。城内は歴代国王や王妃が使用されていた当時の様子が再現され、見応えたっぷり。リーズ城は今でも国際会議や国の行事に使われる現役の城。またその後にはカンタベリー大聖堂を訪れます。ゴシック様式の荘厳な建物で、内部装飾や美しいステンドグラスは必見です。イギリスの歴史好きにはたまらない貴重なツアーだと思います。

出典: リーズ城とカンタベリー大聖堂を巡る名所ツアー! [ロンドン] All About

城壁に囲まれた街『古都ヨーク観光ツアー』

古代ローマ帝国の遺構が残る街『ヨーク』。2000年の歴史を刻む街並みは情緒に富み、まるで何処かのテーマパークに紛れ込んだようです。ローマ帝国重要拠点として栄え、歴代ローマ皇帝がここに宮廷を構えていました。ただ散策するだけで楽しい街ですが、最大の見所はイングランド・ゴシックの最高傑作のヨーク・ミンスター。このツアーは1日ヨークにいるので、ぜひ時間をかけて見て回ることをお勧めします。

出典: 城壁に囲まれた街「古都ヨーク観光ツアー」 [ロンドン] All About

謎だらけのストーンヘンジと世界遺産のバースツアー

このツアーでは世界遺産のバース、ストーンヘンジ、そしてコッツウォルズを巡ります。バースはローマ帝国時代より温泉保養地として知られた有数の観光地で、そこから60kmほど南東に進んだところにあるのが、もう1つの世界遺産のストーンヘンジです。紀元前2500年~2000年に建てられたと考えられている先史時代の遺跡で、誰が何の目的で建てたのか、未だ不明な歴史ミステリーの頂点の1つです。

出典: 謎だらけのストーンヘンジと世界遺産のバースツアー [ロンドン] All About

イギリスの人気観光地『はちみつ色のコッツウォルズ』

日本人にも大人気の観光地コッツウォルズ。はちみつ色のライムストーンを使った可愛らしい景観で有名で、特別自然美観地域に指定されています。村と村の移動はローカルバスのみなので、個人で移動するのはかなり不便。このツアーでは、個人では回りにくいコッツウォルズ内をバスで移動し、代表的な3つの村を訪れます。

出典: イギリスの人気観光地「はちみつ色のコッツウォルズ」 [ロンドン] All About

英国の名門大学オックスフォードとケンブリッジツアー

世界大学ランキングで常に上位に入っているイギリスの大学の双璧『オックスフォード大学』と『ケンブリッジ大学』。ノーベル賞受賞者、歴代首相など、多数の有名人を輩出し、世界中から学生が集まるイギリス屈指の学園です。両大学共に英語圏で1,2の歴史があるので、観光地としてもお勧め。このツアーではキャンパスの中にある、ハリー・ポッターの映画で登場したクライスト・チャーチやため息橋などの散策をします。

出典: 英国の名門大学オックスフォードとケンブリッジツアー [ロンドン] All About

皇居の約4倍!チャーチル元首相の宮殿ツアー

オックスフォードの北約13kmの位置にあるブレナム宮殿。バロック様式の荘厳華麗な宮殿で、第61代イギリス首相ウィンストン・チャーチルの生家として知られています。約8.5平方kmの敷地で、豪華絢爛の大理石造りの宮殿、造園の魔術師が手掛けた庭園、2つの人口湖、など広大な上に見所だらけです。このツアーは自由行動がメインなので1日じっくり見学できます。

出典: 皇居の約4倍!チャーチル元首相の宮殿ツアー [ロンドン] All About

『貴婦人の城』リーズ城とロンドン近郊世界遺産の旅

このツアーでは、リーズ城、世界遺産カンタベリー大聖堂・グリニッジ天文台、ドーバー海峡、テムズ川クルーズ、を巡るなんとも盛り沢山のツアー。『貴婦人の城』と言われるリーズ城の美しく整備された庭園と城内では、まさに英国貴族の気分を味わう事ができます。其々の趣が全く異なるので飽きずに1日を過ごすことができます。限られた旅行日程でロンドン近郊を巡るにはおススメのツアーです。

出典: 「貴婦人の城」リーズ城とロンドン近郊世界遺産の旅 [ロンドン] All About

雑貨とアンティークの宝庫『ポートベロー・ロード』

雑貨好き、アンティーク好きなら絶対に外せないのが『ポートベロー・ロード』。映画『ノッティングヒルの恋人』で有名になった、1キロ以上続く個性的な通りです。雑貨屋さんから始まり、北へ行くほど食料品店やカフェ、老舗のアンティークショップとお店のバラエティが増えていきます。有名なポートベロー・マーケットが出店する土日狙いもいいですが、人ごみを避けるなら平日に。

出典: 雑貨とアンティークの宝庫「ポートベロー・ロード」 [ロンドン] All About

地元の人にも人気の観光スポット『コベントガーデン』

『コベント・ガーデン』は、マーケット、グルメ、大道芸人や芸術家たちのパフォーマンスが一度に楽しめる、ロンドン屈指の観光スポットです。この場所の賑わいを楽しんでいるのは観光客のみならず、半分以上は地元の人たち。小さい通りにおもしろいお店がぎっしりと集結しているので、横道もくまなくチェックしてみてください。隙間のような細い道を躊躇せずに入っていくと、個性的なお店がたくさん発見できます。

出典: 地元の人にも人気の観光スポット「コベントガーデン」 [ロンドン] All About

高級ブランドが集結したオールド・ボンド・ストリート

ロンドンで一番人気の高級ブランド街、『オールド・ボンド・ストリート』。世界の高級ブランドの大型路面店はほとんどこの通りに集結しています。店舗は天井の高い二階建てが多く、売り場面積を広々ととってあるので、ゆっくりとショッピングが楽しめるのが特徴。通りの中間は中堅ブランド、終点のオクスフォード・ストリートに近づくほど、ハイストリート・ブランドが多くなり、気軽なショッピングも併せて楽しむことができます。

出典: 高級ブランドが集結したオールド・ボンド・ストリート [ロンドン] All About

何でも揃う巨大モール!ウェストフィールドロンドン

イギリス最大級のショッピングセンター、『ウェストフィールド・ロンドン』。幅広いジャンルの店を網羅したショッピングモールです。館内はドーナツ状にお店が並び、中央が吹き抜けになった構造なので、無駄なくショッピングが楽しめるのが特徴。イベントスペースではファッションショーをしたり、冬にはアイススケートリンクも登場します。ロンドンで雨が降ってしまったら、ここに逃げこんでみてはいかがでしょうか。

出典: 何でも揃う巨大モール!ウェストフィールドロンドン [ロンドン] All About

映画スターにばったり出会う!?レスター・スクエア

映画館やカジノの集まる『レスター・スクエア広場』は、高い確率でハリウッドスターに遭遇するチャンスのある場所。ハリウッド映画のプレミア上演会がロンドンで行われる時、映画スターたちは必ずここに姿を見せ、笑顔をふりまいてファンサービスをしてくれます。お気に入り映画スターのスケジュールを調べて、ロンドンのプレミア上映会の日にここで早めに待ち伏せすれば、かなり高い確率で本物に遭遇できるはず。

出典: 映画スターにばったり出会う!?レスター・スクエア [ロンドン] All About

ロンドン交通博物館で地下鉄やバスの歴史を体感!

『ロンドン交通博物館』では、ぎっしりと並べられた年代物の馬車やバス、電車などを見ることができます。古い順に並んでいるので、順番に見ていくだけで、レトロな馬車から少しずつモダンなバスへと変化していく様子がわかります。そして最後には、これから登場する最新型の赤いバスが。また併設しているショップも必見です。博物館に立ち寄る時間がない人も、ショップだけはチェックしてみてください。

出典: ロンドン交通博物館で地下鉄やバスの歴史を体感! [ロンドン] All About

世界の有名店がここに!オックスフォード・ストリート

約300以上の店が連なる『オックスフォード・ストリート』は、ヨーロッパでも有数の人通りの多い道として知られ、買い物目当ての人々でいつも混雑しています。有名なチェーン店やブランドのほとんどをここで見ることができます。6月下旬ころから始まるバーゲン時期やイルミネーションが始まる冬の時期がおすすめ。約2キロの道ですが、買い物メインで訪れる方には1日観光をおすすめします。

出典: 世界の有名店がここに!オックスフォード・ストリート [ロンドン] All About

曜日で店の内容が変わる『グリニッジマーケット』

グリニッジで天文台などを観光した後には、『マーケット』へ行くことをおすすめします。規模としてはあまり大きくはないのですが、出店されている店の種類は多様で、また曜日によっても店の内容が変わります。店の間には各国の料理屋台が並ぶので、横目に手工芸品やオリジナルアートを眺めながらの食べ歩きも楽しいかもしれません。ここで自分だけの掘り出し物を探してみるのはいかがでしょうか。

出典: 曜日で店の内容が変わる「グリニッジマーケット」 [ロンドン] All About

『カティーサーク』は唯一現存する茶葉運搬船

中国から茶葉を運ぶのに活躍した帆船、『カティー・サーク』。茶葉専用の帆船として唯一現存し、その美しい姿は一見の価値があります。全長86メートル、マストは15.6メートルの高さにもなり、見上げるとその迫力に驚かされます。19世期にこの大きな帆船が航海していたことを思うと、当時の航海技術の高さに感動せずにはいられません。グリニッジまで来たらカティー・サークにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

出典: 「カティーサーク」は唯一現存する茶葉運搬船 [ロンドン] All About

『ビッグ・ベン』は世界中に愛されるイギリスの象徴

ビッグ・ベンの愛称で知られている英国国会議事堂に付属する時計台の鐘は、イギリスの象徴として愛されています。2012年には、エリザベス2世の在位60周年を記念して、時計塔の正式名称が『エリザベス・タワー』へと改称されました。夜にはライトアップされ、また昼間とは違った風景を見ることができるのも、楽しみのひとつです。ロンドンに来たらぜひ一度はビッグ・ベンの鐘の音を間近で聞いてみてはいかがでしょう。

出典: 「ビッグ・ベン」は世界中に愛されるイギリスの象徴 [ロンドン] All About

オーガニックコスメ代表 二ールズヤードレメディーズ

英国のオーガニックコスメの火付け役、『ニールズヤード・レメディーズ』。ブランドの象徴でもあるブルーのガラスボトルが棚を飾っています。再利用もされるこちらのボトルは、英国で調達できる物質で作られているそうです。おすすめなのは、やはり本店。大都市ロンドンの中にいながら、どこかに迷い込んでしまったような、不思議な感覚を味わえます。近くに来たときは、見に行くだけでも価値のある場所です。

出典: オーガニックコスメ代表 二ールズヤードレメディーズ [ロンドン] All About

ロンドンの食料品市場の代名詞『バラ・マーケット』

ロンドン最大級の食料品マーケットと言えば、『バラ・マーケット』。ロンドンの市場の代名詞のように言われる観光スポットです。でもここは単なる観光地ではなく、ありとあらゆる食材を幅広く扱う本格的な食料品市場。歩いて楽しく、食べておいしい、グルメ必見のおすすめスポットです。

出典: ロンドンの食料品市場の代名詞「バラ・マーケット」 [ロンドン] All About

ナイツブリッジ駅周辺は1日では足りない観光スポット

『ナイツブリッジ駅』の周辺は、ショッピングと観光の両方が楽しめる、ロンドンの超おすすめスポット。ロンドンで一番人気のデパート『ハロッズデパート』、高級ブランド街の『スローン通り』、ロンドンを代表する3つの博物館、など見どころがたくさん。1日ではとても消化しきれないので、もし日程に余裕があれば、最低2日間は当てたいエリアです。

出典: ナイツブリッジ駅周辺は1日では足りない観光スポット [ロンドン] All About

バッキンガム宮殿の『兵隊の交代』は迫力満点!

ロンドンを訪れたら、必ず見ておきたいバッキンガム宮殿の『兵隊さんの交代』。赤い制服にふわふわの黒い帽子、肩に鉄砲を担いで行進する姿はテレビでもおなじみですが、兵隊さんの一行がザッザッと足並みをそろえ、表情一つ変えずに目の前を通り過ぎる姿は迫力満点。一見の価値があります。少なくとも30分以上前に到着して、門の最前列にぴったりと張りついて開始時間を待ちましょう。

出典: バッキンガム宮殿の「兵隊の交代」は迫力満点! [ロンドン] All About

ロンドンの街を360度見下ろせる『ロンドン・アイ』

ロンドンの全貌が360度見わたせる『ロンドン・アイ』。まだ誕生して十数年ですが、今やすっかりロンドンのシンボルのひとつとなりました。一番のおすすめの時間帯は、夕暮れ時。日が沈んでゆくロンドンのシルエットを堪能できます。でも、昼間でも、夜景でも、その景色が美しいことに変わりはないので、心配ご無用です。ロンドンを訪れたら、ロンドン・アイに乗るのをお忘れなく。

出典: ロンドンの街を360度見下ろせる「ロンドン・アイ」 [ロンドン] All About

ロンドンから日帰りで行けるおすすめ観光スポット

ロンドンからちょっと足をのばしたいときに!ロンドンから日帰りで行ける、おすすめの観光スポットをご紹介します。

ビートルズファンにはたまらない!リバプールツアー

イングランド北西部にある港町、リバプール。あの不滅のスター『ビートルズ』のふるさとです。この日帰りツアーでは鉄道でリバプールに向かい、ビートルズの足跡をたどります。昼過ぎまでの自由行動後に、メンバーの生家、クラブ『カヴァーン』、などビートルズゆかりの場所をめぐる『マジカルミステリーツアー』に参加します。ファンにとってはたまらないツアー内容だと思います。

出典: ビートルズファンにはたまらない!リバプールツアー [ロンドン] All About

ピーターラビットに会いに!イギリス湖水地方ツアー

愛らしい姿のピーター・ラビット。誰でも1度はピーターの物語を読んだことがあると思います。作者のビアトリクス・ポターの自宅は一般公開されており、彼女が住んでいた頃のままの状態を保っています。家は何処も彼処も絵本の挿絵で見たままで、今にもピーターやその仲間たちがその辺からぴょこんと顔を出しそうな雰囲気です。このツアーは、ポターの家を含め湖水地方を周遊する鉄道の旅です。

出典: ピーターラビットに会いに!イギリス湖水地方ツアー [ロンドン] All About

デイアウト・ウィズ・トーマス

鉄道発祥の地でもあるイギリスには沢山の『保存鉄道』があり、今も保存運動を行ったり、鉄道ファン向けの楽しいイベントを開催しております。

出典: デイアウト・ウィズ・トーマス [ロンドン] All About

イギリス屈指のビーチ・リゾート『ブライトン』

『ブライトン』海辺の保養地として有名ですが、夏に楽しめるビーチだけでなく、ロイヤル・パヴィリオンに代表される文化遺産や個性的な博物館・美術館が点在し、また多くのイベントが開催される、1年を通して魅力的な観光都市です。

出典: イギリス屈指のビーチ・リゾート 「ブライトン」 [ロンドン] All About

華麗なる世界遺産都市 バース

バースは、街全体が世界遺産に登録されており、その歴史は2000年以上前まで遡ります。古代ローマ遺跡の代表格ローマン・バスやジョージ王朝時代の建築物ロイヤル・クレセントなど、他に類を見ない景観を楽しむことができます。

出典: 華麗なる世界遺産都市 バース [ロンドン] All About

人気映画の舞台 ノッティングヒル

映画の舞台となり一躍有名となったノッティングヒル。地下鉄のホームを出るとそこは小さな可愛いマカロンカラーのお家が軒を連ねるまるで絵本の中のような風景が広がります。

出典: 人気映画の舞台 ノッティングヒル [ロンドン] All About

高速列車『ユーロスター』

ヨーロッパの高速列車『ユーロスター』に乗ってわずか2時間半でパリへ日帰り旅が出来ます。朝早く出発すれば、午前中からパリ市内を堪能出来るので夕方の列車に乗ってその日の夜にはロンドンに帰る事が可能です。

出典: 高速列車「ユーロスター」 [ロンドン] All About

最大規模の蚤の市『クリニャンクール蚤の市』

パリ最大規模の蚤の市へ日帰りで出かけてみませんか。ユーロスターのチケットは現地の駅でも購入可能ですが、観光シーズンや週末などはチケットが売り切れる場合が多いので、予めネット予約して行く事おすすめ!

出典: 最大規模の蚤の市 「クリニャンクール蚤の市」 [ロンドン] All About