タイのおすすめオプショナルツアー

象に乗って自然の中をトレッキング!

タイといえば、象をイメージする人も多いかと思います。壮大でおだやかな象に乗って優雅に自然の中をトレッキングするツアーをご紹介します。

出典: 象に乗って自然の中をトレッキング! [タイ] All About

エレファントキャンプ+蘭園ツアー

タイ北部最大の都市で、かつてのラーンナータイ王国の都が置かれたチェンマイの自然の中で、象と蘭に触れ合うツアーです。チャンマイは『北方のバラ』と賞される美しい町ですが、蘭の世界的産地として知られています。

出典: エレファントキャンプ+蘭園ツアー [タイ] All About

タイ最後の秘境といわれる象の島、チャン島へ!

プーケットやサムイ島と比べ、未開発の自然が残されているチャン島。美しいビーチや、象に乗ってのトレッキングが人気です。バンコクからやや距離があるので、ツアーを利用して行くと安心です。

出典: タイ最後の秘境といわれる象の島、チャン島へ! [タイ] All About

プーケットの美しい海をヨットで颯爽にクルージング

『アンダマン海の真珠』とも称されるプーケットのクルージングの舞台は、プーケットの東側に広がるバンガ—湾。ダイナミックな景観のホン島やクラビ、ピピレイ島など、クルージングスポットが満載です。

出典: プーケットの美しい海をヨットで颯爽にクルージング [タイ] All About

タイガーテンプル 僧侶と暮らすトラ達

この見学観光ツアーは、ゴロゴロしているトラを触れるツアーです。バンコクからは朝早く出て、暗くなってからホテルに着く丸一日かかるコースです。

出典: タイガーテンプル 僧侶と暮らすトラ達 [タイ] All About

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで買い物

バンコク滞在中に週末を迎えたら、ぜひ訪れてほしいのが、『チャトゥチャック』の名で親しまれているウィークエンド・マーケット。タイにはどの街にも市場がありますが、チャトチャックはタイ最大の市場。それどころか、世界最大ではないかとも言われています。

出典: チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで買い物 [タイ] All About

14時にバンコク市内に到着する早出発アユタヤ観光!

バンコクの人気観光地といえば、世界遺産の古都アユタヤ遺跡。アユタヤ遺跡ツアーはたくさんの会社から出ていますが、短期ステイの方や、時間があまりないない方には、こちらのツアーがおすすめです!

出典: 14時にバンコク市内に到着する早出発アユタヤ観光! [タイ] All About

世界遺産『アユタヤ』遺跡へ半日観光

アユタヤの遺跡が点在しているので、ツアーでの見学がベターです。首都バンコクの賑やかさとは裏腹に、アユタヤは静かに時を刻み続けています。

出典: 世界遺産「アユタヤ」遺跡へ半日観光 [タイ] All About

バンコクから2時間の古都、アユタヤ一日ツアー

アユタヤは1351年に建設され、1767年のビルマ軍侵攻で滅ぼされるまで栄えた、アユタヤ朝の都です。多くの国と交易し、ヨーロッパやクメールなどの様式も吸収、独自の文化を育みました。壮大な寺院や仏塔が数え切れないほど点在。歴史公園は世界遺産に登録済みです。

出典: バンコクから2時間の古都、アユタヤ一日ツアー [タイ] All About

世界文化遺産アユタヤとクルーズを楽しむ

14世紀から18世紀にタイを治めたアユタヤ王朝の首都に、バンコクから往路はバス、復路はクルージングを使って往復するツアーです。世界遺産に登録されている数々の遺跡を訪れ、チャオプラヤー川の流れを体験します。

出典: 世界文化遺産アユタヤとクルーズを楽しむ [タイ] All About

世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー

古代アユタヤ王朝への時を超えた旅をするツアーです。アユタヤはバンコクの北方に車で約1時間のところに位置します。バンコクを朝出発して、1日アユタヤの世界遺産を堪能し、夕方にバンコクに戻ります。

出典: 世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー [タイ] All About

チェンマイ終日観光

このツアーでは、まる1日じっくりかけて、『タイの京都』チェンマイの有名なお寺をめぐります。前述の2つの寺院のほか、ワット・チェディ・ルアン、ワット・チェン・マンなどもめぐります。

出典: チェンマイ終日観光 [タイ] All About

古都チェンマイ市内観光ツアー

ラーンナータイ王国の古都として栄えて以来、タイ北部の最大の都市、チェンマイで見逃せないスポットを半日で巡るツアーです。市内に点在する4つの寺院、チェンマイ国立博物館、伝統工芸品が作られている村、サンカンペーンを訪れます。

出典: 古都チェンマイ市内観光ツアー [タイ] All About

スコータイ日帰り観光

スコータイ日帰り観光のツアーでは、遺跡の中でも特に美しい、ワット・マハタート、ワット・スィーサワイ、ワット・サースィーなどの寺院を巡ります。そして、最後にスコータイ王朝の全盛期を築いた第3代国王のラムカムヘーン大王記念碑を訪れます。

出典: スコータイ日帰り観光 [タイ] All About

映画『戦場にかける橋』の舞台 カンチャナブリ体験

アカデミー賞を受賞したデヴィッド・リーン監督作品『戦場にかける橋』の舞台、カンチャナブリへバンコクから1日のスケジュールで出かけるツアーです。

出典: 映画『戦場にかける橋』の舞台 カンチャナブリ体験 [タイ] All About

ニューハーフショーナイトツアー

タイの夜のエンターテインメントの定番となっているニューハーフショーを見るだけのシンプルナツアーです。ニューハーフショーというと少し妖しげな感覚になりますが、ツアーであれば気軽に参加することができます。

出典: ニューハーフショーナイトツアー [タイ] All About

ダムヌンサドアク観光で水上マーケットを楽しむ

“東洋のベニス”と称されるバンコクの市内には運河がはりめぐらされています。船が市民の重要な交通手段となっているばかりでなく、船を利用した水上マーケットがあります。数ある水上マーケットの中でも最も規模の大きいダムヌンサドアクを訪れます。

出典: ダムヌンサドアク観光で水上マーケットを楽しむ [タイ] All About

絶対外せないバンコク市内観光

バンコク市内で絶対外すことができない重要な観光スポットを、午前中の半日で巡る手軽なツアーです。ワット・アルン、ワット・ポー、エメラルド寺院などの寺院と、王宮を日本語ガイドつきで見学します。

出典: 絶対外せないバンコク市内観光 [タイ] All About

北部タイの美しい町、ドイ・メーサロンへ

ミャンマー国境エリアに、中国国民党の残党が作った美しい町ドイ・メーサロンがあります。周囲には山岳民族の村が点在し、ドイ・メーサロンの前後に訪れることも可能。チェンライからのガイドつき半日ツアーがオススメです。

出典: 北部タイの美しい町、ドイ・メーサロンへ [タイ] All About

タイのおすすめ絶景スポット

タイ王室の避暑地、高級リゾート『ホアヒン』

タイには有名なビーチが点在しますが、そのなかでもまだ日本人にあまり知られていない、静かで美しいビーチがあります。それは『ホアヒン』。タイ王室の避暑地として知られていて、5キロメートルにわたって続く真っ白い砂浜のビーチはまさに絶景です。

出典: タイ王室の避暑地、高級リゾート「ホアヒン」 [タイ] All About

時が止まったままの『アユタヤ』で遺跡と対峙

バンコクから北方約60kmに位置するアユタヤ。破壊されるまでの417年間、タイの中心であり続けた都市です。多くの遺跡が今もなお多く残っており、かつての栄華をしのばせます。時代の重みを含んだ遺跡があるだけで、まるで時が止まったかのような不思議な感覚を味わえます。

出典: 時が止まったままの「アユタヤ」で遺跡と対峙 [タイ] All About

陶器が埋め込まれている美しい寺院『ワット・アルン』

バンコクにある『ワット・アルン』。色合い的には地味ですが、よく見ると陶器が埋め込まれていて何とも可愛い寺院です。壁面には可愛いモチーフで鬼やガルーダなどが張り付きこれも見ていて飽きません。夜、ライトアップをするとシルエットの美しい寺院としても有名です。

出典: 陶器が埋め込まれている美しい寺院「ワット・アルン」 [タイ] All About

『バイヨークスカイホテル』の心に焼きつく最高の夜景

バンコクのバイヨークスカイホテルの屋上は、360℃見渡せるまるで航空写真のような夜景で、何年経っても心に焼き付いています。バンコクへ行く機会があれば是非夜景を見に行ってください。他のホテル滞在の方でも有料で観覧できます。

出典: 「バイヨークスカイホテル」の心に焼きつく最高の夜景 [タイ] All About

タイ旅行の持ち物

一年中手放せない!さっぱり爽快汗ふきシート

一年を通して気温も湿度も高いタイでは、日中観光をして歩き回るだけで大量の汗が流れます。そこで、汗ふきシートがあればシャワーを浴びた後のようなサッパリ感が持続するので、手軽に使える携帯用を持って行くことをおすすめします。暑い国タイでは大活躍すること間違いなしです。

出典: 一年中手放せない!さっぱり爽快汗ふきシート [タイ] All About

バッグに1つあると必ず役立つ『かゆみ止め薬』

タイは一年中熱国なので、殆どの方が半袖スタイルで行かれると思います。しかし、半袖や足を出したスタイルだと蚊に刺されやすくなります。現地のかゆみ止めは日本製に比べるとやはり質が落ちるので、これからタイに行く方にはぜひ、バッグに1つかゆみ止めを入れることをおすすめします。

出典: バッグに1つあると必ず役立つ「かゆみ止め薬」 [タイ] All About

『点眼薬』を持ち歩いてアレルギー対策を

軽いアレルギー持ちで、タイに行った際にかなり目がかゆくなってしまいました。普段から愛用しているロート製薬の『アルガード クリアブロック』を旅行にも持ち歩いていたため、目薬を差すことで旅行を楽しめました。アレルギーをお持ちの方は、普段から使用している点眼薬を持ち歩くことをおすすめします。

出典: 「点眼薬」を持ち歩いてアレルギー対策を [タイ] All About

超強力日焼け止めでタイでも絶対に焼かない!

暑いタイでホントに日焼けをしたくないという人は、SPF50くらいの強力な日焼け止めを持っていくことをおすすめします。ただ、汗をかくと日焼け止めも流れてしまい、効果が薄くなってしまうことも。そこで、気になる場所にしゅっとスプレーできるスプレータイプの日焼け止めもオススメです。

出典: 「超強力日焼け止め」でタイでも絶対に焼かない! [タイ] All About

『蚊とりミスト』をスプレーするだけで殺虫終了!

タイは湿度が高く虫が多いため、いくつかの虫対策用スプレーを用意していきました。中でも一番重宝したのは、蚊とりミストです。これは部屋の四隅にしゅっとスプレーするだけで、部屋の中の殺虫が出来るというもの。人間にもペットにも無害なので、気にせず使用することが出来ます。

出典: 「蚊とりミスト」をスプレーするだけで殺虫終了! [タイ] All About

そのまま寺院に入れる『コットンのロングスカート』

タイ観光のルールとして、寺院などではふくらはぎあたりまで布で覆う必要があるので、そのまま寺院に入れる涼しい薄手のコットンなどのロングスカートはマストアイテムといえるかもしれません。コットンのロングスカートは風通しも良く、かなり使えるアイテムだと思います。

出典: そのまま寺院に入れる「コットンのロングスカート」 [タイ] All About

ページをめくる度にワクワクする!『タイ楽しみ図鑑』

『タイ楽しみ図鑑』は、本のタイトルそのままのタイを楽しむための図鑑です。100ページ余りのページ数の本の中に、数えきれないタイの写真が詰まっています。ページをめくる度に、新たなワクワク感を感じることができます。他の本にはない量と質に圧倒されてしまいます。

出典: ページをめくる度にワクワクする!「タイ楽しみ図鑑」 [タイ] All About

タイ通からも高評価の解説本!『バンコクの匂い』

『バンコクの匂い』は、タイ通にも高評価をもっている本です。6つのテーマを中心として、バンコクの街を解説しています。街角の何気ない光景からバンコクのもつ魅力を切り出し物語っている、旅の達人のウンチク集です。

出典: タイ通からも高評価の解説本!「バンコクの匂い」 [タイ] All About

タイのおすすめお土産

カラフルな刺繍雑貨・小物

タイは雑貨天国!! 雑貨を買いにタイへ旅行に行く方も多いそうです。手仕事で作られた小さな雑貨や刺繍製品は見ているだけでも楽しくなります。

出典: カラフルな刺繍雑貨・小物 [タイ] All About

タイの手作りカゴ雑貨

タイにはたくさんの雑貨屋さんがあります。日本人の女性に大人気の『カゴ雑貨』は実に種類豊富できっとお部屋の中で大活躍すること間違いなしです!

出典: タイの手作りカゴ雑貨 [タイ] All About

スーパーマーケットでも手に入る タイ料理ペースト

『タイ料理ペースト』はスーパーマーケットで手軽に手に入ります。日本でも本格的なタイ料理を味わうことが出来る、定番のお土産です。

出典: スーパーマーケットでも手に入る タイ料理ペースト [タイ] All About

タイのお土産 夜光貝のアクセサリー

タイでは夜光貝が使われたアクセサリーをよく見かけます。タイの海ではこの夜光貝が難なく採れてしまうからです。驚くのはそのお値段。大量買いしても財布に響かないのが嬉しいです。

出典: タイのお土産 夜光貝のアクセサリー [タイ] All About

アジアハーブアソシエーションのソープ

『アジアハーブアソシエーション』のオリジナルブランド『paccop』のプロダクツは、バンコクから車で2時間ほどの場所にあるカオヤイ山脈のふもとにある自社オーガニック農園で作られるハーブやオイルを使用しています。5年間化学肥料などのケミカルなものを一切使わない土壌で育てた植物なので安心して使うことができます。

出典: アジアハーブアソシエーションのソープ [タイ] All About

タイで一番有名な『シナワット』のタイシルク

1929年創業のタイで最も古いタイシルク製造販売店『Shinawatra(シナワット)』。タイで一番知名度の高いシルク販売店です。ハンカチ、ポーチ、ネクタイ、バックなど、ありとあらゆるタイシルク製品が並びます。

出典: タイで一番有名な「シナワット」のタイシルク [タイ] All About

タイ三大陶磁器『セラドン』

タイの青磁『セラドン』は、ベンジャロン、ブルー&ホワイトとならぶタイ三大陶磁器のひとつで、タイ北部の中心都市チェンマイの代表的な陶器です。柔らかな翡翠色が特徴で、タイでは古くから翡翠色は幸福と成功の色として重宝されてきました。

出典: タイ三大陶磁器「セラドン」 [タイ] All About

シルク専門店『Jim Thompson』のトートバッグ

タイのシルク王の名前がそのまま屋号になっているシルク専門店『Jim Thompson(ジム・トンプソン)』。大切な人へのお土産なら、ここは間違いがありません。

出典: シルク専門店 「Jim Thompson」のトートバッグ [タイ] All About