カンボジアのおすすめ観光スポット

カンボジアへ旅行に行くならば、ぜひ足を運んでいただきたいおすすめの観光スポット・エリアをご紹介します。日本人にも安心・安全なスポットをピックアップしています。よい旅行を!

カンボジア・シェムリアップ 遺跡めぐりツアー

世界的に有名な遺跡の街、シェムリアップ。毎日5000人の観光客が、世界中から訪れます現地の個人で活動しているガイドに直接依頼すれば、少人数で、しかも濃い内容でも割安でガイドしてくれます。そのツアーを参考例をご紹介します。

出典: カンボジア・シェムリアップ 遺跡めぐりツアー [カンボジア] All About

世界遺産 アンコール・トムとアンコール・ワット

カンボジアのシェムリアップの郊外に広がる二大遺跡のアンコール・トムとアンコール・ワットを、一日かけて巡るツアーです。各々の遺跡のツアーに別々に参加するより、セットになっているため、料金は割安となります。

出典: 世界遺産 アンコール・トムとアンコール・ワット [カンボジア] All About

股の間からのぞいてみれば……『アンコールワット』

遺跡群の写真を撮る場合、ついつい正面でとっちゃいますよね。アンコールワットの場合も、いろいろなガイドブックを見ても、やっぱり正面の3つの塔が朝日や夕日を浴びているシーン。でもそれだけじゃ、おもしろくないなと思いまして……失礼ながら、股の間から撮ってみました。

出典: 股の間からのぞいてみれば…「アンコールワット」 [カンボジア] All About

愛国心が芽生えるかも?『アンコールトム』

アンコール遺跡群のなかで一番有名なのはアンコールワットですが、アンコールトムもバイヨンや象のテラス、ライ王のテラスなどと見どころが満載です。

出典: 愛国心が芽生えるかも?「アンコールトム」 [カンボジア] All About

『東洋のパリ』とよばれる プノンペン

『東洋のパリ』と賞されることもあるカンボジアの首都プノンペンの見所をさくっと半日で観光するツアーです。ツアーの最後にはワットプノンで、プノンペンっ子に人気のカンボジア占いを体験することができます。

出典: 「東洋のパリ」とよばれる プノンペン [カンボジア] All About

カンボジア バンテアイスレイ寺院

アンコールワットから車で約1時間、北東に走ったところに静かに佇むバンテアイスレイ寺院。交通の便のよくないところにあるため、ツアーを利用するのが楽な訪問方法です。

出典: カンボジア バンテアイスレイ寺院 [カンボジア] All About

カンボジア プノンバケンの夕日

カンボジアはアンコールワットにお越しの方。密林にひそみ、忽然と姿をあらわす遺跡群も良いですが、すこし小高いこのプノンバケンで、周囲を見はるかしてみませんか。ついでに夕日を鑑賞してみてください。

出典: カンボジア プノンバケンの夕日 [カンボジア] All About

女の砦『バンテアイ・スレイ』

『バンテアイ・スレイ』はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つです。967年、ラージェンドラヴァルマン二世が建設をはじめ、ジャヤヴァルマン五世の時代に完成した、ヒンドゥー教寺院です。

出典: “女の砦”「バンテアイ・スレイ」 [カンボジア] All About

ラピュタの舞台!?聖地『ベンメリア』遺跡

カンボジアに旅行する方には絶対に訪ねてみてほしい場所、聖地『ベンメリア』をご紹介します。宮崎駿監督の『天空の城ラピュタ』のモチーフにされたという、神話『ラーマーヤナ物語』のお話が彫られた遺跡です。

出典: ラピュタの舞台!?聖地「ベンメリア」遺跡 [カンボジア] All About

風に吹かれて雲をみる『トンレサップ湖』

クメール語で『トンレサップ湖(Tonle Sap Lake)』は、『巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonle)』という意味だそうです。そのクルーズに参加してみました。

出典: 風に吹かれて雲をみる「トンレサップ湖」 [カンボジア] All About

夜のお散歩! ナイトマーケット

アンコールナイトマーケットは、2007年にできた新しい観光客向けマーケット。約100店の土産物屋さんなどが軒を連ねる、さながら夜の遊園地のようなにぎわいを見せています。

出典: 夜のお散歩! ナイトマーケット [カンボジア] All About

湧きあがる活気を感じる『オールドマーケット』

内戦の経験を経てよりたくましくなって、観光立国として立ち上がろうといている気概に満ちた国カンボジア。その活気を一番感じるのが、『オールドマーケット』です。

出典: 湧きあがる活気を感じる「オールドマーケット」 [カンボジア] All About

カンボジア料理とアプサラダンスショーの夜

カンボジアの旅の思い出のひとつとして、宮廷舞踊『アプサラの踊り』はぜひ見てみたいもの。観光客向けにたくさんのダンスショーレストランがありますが、その中でもおすすめなのが『クーレン2』です。

出典: カンボジア料理とアプサラダンスショーの夜 [カンボジア] All About

おすすめスパ!『BODY TUNE』

リゾートとしても開発が進んでいるカンボジアでは、国内外のスパ・エステサロンがたくさん進出しています。その中で、価格・ホスピタリティともにおすすめなのが、タイから進出してきたスパ『BODY TUNE』です。

出典: おすすめスパ!「BODY TUNE」 [カンボジア] All About

カンボジアを象徴する キリングフィールド

ポル・ポト時代のカンボジアを象徴するツールスレン博物館と、キリングフィールドを見学するツアーです。1975年から1979年までの4年間のカンボジアの歴史を、肌で体感することができます。

出典: カンボジアを象徴する キリングフィールド [カンボジア] All About

カンボジアのおすすめグルメ・レストラン

カンボジアで絶対に食べたい・味わいたいグルメ・レストラン・飲料の情報をご紹介します。食は旅行の最大の楽しみの一つ。美味しく、かつ、安心・安全な食事の情報をお伝えします。

カンボジアのレストラン『アンコール・パーム』

シェムリアップのオールド・マーケット近くにあるクメール料理レストラン『アンコール・パーム』は、いつも賑わている人気のレストラン。「できるだけ多くのクメール料理を制覇したい」という野望を抱く食いしん坊さんにはお薦めのレストランです。

出典: カンボジアのレストラン「アンコール・パーム」 [カンボジア] All About

世界遺産の名を冠した『アンコールビール』

カンボジアが誇る世界遺産『アンコール・ワット』。その名を戴いたビールが『アンコールビール』です。日本国内では知名度が低いですが、ラガータイプで飲みやすいのが魅力です。

出典: 世界遺産の名を冠した「アンコールビール」 [カンボジア] All About

多種多様な料理が味わえる『クメールスタイルBBQ』

カンボジアに来たからには、焼き肉としゃぶしゃぶを合わせたような『カンボジア・バーベキュー』は絶対に外せません。数多いレストランの中で、カンボジア・バーベキューをフレンドリーなサービスで提供してくれるレストランが『クメールスタイルBBQ』。観光地にも関わらず、観光地ズレしていないお店の人たちがとても好印象なレストランです。

出典: 多種多様な料理が味わえる「クメールスタイルBBQ」 [カンボジア] All About

カンボジアのおすすめお土産

カンボジアに行ったらぜひ買いたいおすすめのお土産をご紹介します。特に忙しい旅行だと何を買えばよいか分からないお土産ですが、ここでは実際に人に喜ばれるお土産の数々をピックアップしています!

雑貨専門『Senteurs d’Angkor』

一歩お店に踏み入れたとたん、華やかな香りに包まれる『Senteurs d’Angkor』は、プノンペンとシェムリアップに店舗を構えるカンボジア雑貨の専門店です。

出典: 雑貨専門「Senteurs d’Angkor」 [カンボジア] All About

自宅でカンボジア料理!『カンボジア・スパイス』

カンボジアの伝統料理の魅力に目覚め、「自宅でも再現したい!」というあなたに『カンボジア・スパイス』をおすすめします。

出典: 自宅でカンボジア料理! 「カンボジア・スパイス」 [カンボジア] All About

カンボジアのおすすめホテル・宿

カンボジアにあるホテル・宿など宿泊施設の中から日本人の旅行者におすすめの部屋をご紹介。実際に使った日本人による記述で、信頼度が高く安心できるもの。宿を探すならぜひ一度ご覧ください。

格調高いクメール様式インテリアがおすすめのホテル

「カンボジアに来たからには観光にお金をまわしたい、過剰なホスピタリティは必要ない。でも快適には過ごしたい」という方におすすめなのが、大型ホテル『エンプレスアンコールホテル』です。

出典: 格調高いクメール様式インテリアがおすすめのホテル [カンボジア] All About

プノンペン・ホテル

プノンペン・ホテルは、カンビジアの首都プノンペンのポチェントン国際空港から約8キロ、車で25分のアクセスのホテルです。プノンペン市のほぼ中心部に位置しています。

出典: プノンペン・ホテル [カンボジア] All About