房総半島のおすすめスポット

アカエイやドチザメに出会える『伊戸・沖前根』

平砂浦海岸の海域は年間を通じて透明度が高く、大型のクエをはじめ大小さまざまな魚を見ることができるポイントとして知られています。

出典: アカエイやドチザメに出会える「伊戸・沖前根」 [スキューバダイビング] All About

大胆な海中世界を満喫できる『西川名・大根A、B』

東京湾の入り口、房総半島の先端の洲埼灯台を回り込んだ位置にある西川名。伊豆大島方面から流れてくる黒潮の影響を受け、年間を通じて魚影が濃く、魚の種類も多い房総半島第一級のダイビングスポットです。西川名のダイビングポイントでおすすめは、広大な岩群で、通称「大根」と呼ばれているポイント。Aポイント、Bポイントに分かれていて、ともに初・中級者でも楽しめるポイントとなっています。

出典: 大胆な海中世界を満喫できる「西川名・大根A、B」 [スキューバダイビング] All About

まるでウミウシが落ちているような『行川・黒岩』

ウミウシの種類が豊富なことで知られる行川。さらに、マグロなどの大型の回遊魚に出会えたりと、初級者から上級者まで楽しむことができるスポットです。

出典: まるでウミウシが落ちているような「行川・黒岩」 [スキューバダイビング] All About

一年中タツノオトシゴに会える『勝浦・志村ビーチ』

千葉勝浦のダイビングポイントの中で、初心者でも楽しめるのが、ビーチからエントリーできる『志村ビーチ』です。勝浦海中公園内の、かつうら海中展望塔に接するエリアで、西の根・東の根・沖の根とエリアがとても広いのが特徴です。

出典: 一年中タツノオトシゴに会える「勝浦・志村ビーチ」 [スキューバダイビング] All About

伊豆半島のおすすめスポット

大型魚との遭遇率が高い、伊豆半島最南端の中木・塔島

伊豆半島最南端のダイビングポイントとして知られる中木。スノーケリングポイントとして人気のヒリゾ浜があり、周囲の海域は抜群の透明度を誇ります。中木のダイビングポイントは初心者から中・上級者まで楽しめるポイントが揃います。

出典: 大型魚との遭遇率が高い、伊豆半島最南端の中木・塔島 [スキューバダイビング] All About

大物も楽しめる『川奈・長作』

川奈の沖合いは、漁業エリアとしても伊豆で有数の漁獲量を誇っていますので、海中では多くの魚たちと出会うことができます。

出典: マクロから大物まで楽しめる「川奈・長作」 [スキューバダイビング] All About

大型魚たちとの出会いが魅力の『稲取・志津摩ビーチ』

稲取の海中の砂地の白さは特筆もので、プロカメラマンの撮影ポイントとしても知られています。様々な回遊魚も見られ、変化に富んだ地形スポットとしての魅力も満点です。

出典: 大型魚たちとの出会いが魅力の「稲取・志津摩ビーチ」 [スキューバダイビング] All About

大型の回遊魚との遭遇が楽しめる『下田・赤根島西』

下田のダイビングスポットは、すべてボートエントリーとなります。すべてのポイントが北東の風に強く、流れも比較的穏やかですので、初級者でも楽しめます。

出典: 大型の回遊魚との遭遇が楽しめる「下田・赤根島西」 [スキューバダイビング] All About

ビーチからエントリーできる『伊豆海洋公園・一の根』

伊豆海洋公園は、ビーチエントリーが主流ですが、まるでボートダイビングからエントリーするような、迫力のある男性的な地形を体験できます。見られる魚の種類や年間を通しての魚影量も、伊豆半島のビーチスポットでは群を抜いているポイントです。

出典: ビーチからエントリーできる「伊豆海洋公園・一の根」 [スキューバダイビング] All About

伊豆諸島のおすすめスポット

マクロから大型魚まで見られる『初島・ニシマト』

東伊豆への玄関口・熱海の沖合10キロにぽっかりと浮かぶ小さな島・初島。ここは外洋性の島のために潮通しがよく、抜群の魚影の濃さを誇ります。多くの回遊魚がまわってくるとともに、ソフトコーラルもたくさん見られます。

出典: マクロから大型魚まで見られる「初島・ニシマト」 [スキューバダイビング] All About