おすすめの寝袋

寝袋はキャンプをするうえで欠かせないアイテムのひとつ。おすすめの寝袋と、気になる寝袋の洗い方についてご紹介します。

寝袋はコールマンの『スクールマミー』

上の子どもが小学校に上がる前、あれこれ検討して購入したシュラフ(寝袋)が、コールマンの『スクールマミー』です。決め手となったのは、軽さと薄さ。子どもがリュックに入れて歩いても負担にならない、コンパクトサイズのものを選びました。

出典: 寝袋はコールマンの「スクールマミー」 [オートキャンプ] All About

モンベルの寝袋がおすすめ

モンベルの『スーパースパイラルダウンハガー #0』『スパイラルバローバッグ #1』を冬、積雪のある地域での車中泊に使用しています。値段がそれほど高くないのに品質が良くておすすめです!

出典: モンベルの寝袋がおすすめ [オートキャンプ] All About

寝袋の洗い方

多くの寝袋には、ダウンが入っています。ダウンは保温性があり、洗い方によってはその保温性が低くなってしまう事がありますから、注意をしなくてはなりません。そのためには、コツを取り入れながら洗っていきます。

出典: 洗濯ネットと中性洗剤を使って寝袋を洗って日陰に干す [オートキャンプ] All About

我が家流寝袋の洗い方(洗濯機使用)

寝袋が汚れてくると中綿のかさがなくなり、暖かさを感じなくなってきます。なんとなくペタンとしてきたらお洗濯をおすすめします。手洗い派と洗濯機派に分かれますが、痛みが少ないのはもちろん手洗い、お手軽なのは洗濯機となります。我が家では洗濯機を使用しています。

出典: 我が家流寝袋の洗い方(洗濯機使用) [オートキャンプ] All About

おすすめのテント

テントがなくちゃキャンプは始まらない!おすすめのテントと、初心者でも失敗しないテントの張り方についてご紹介します。

snow peak ランドブリーズ4

『snow peak ランドブリーズPro.4』は、UVカット加工、シールド加工が施された、夏の日差しにも強く防水性に優れた高品質のテントです。一番のオススメポイントは、簡単にセッティングが出来ること。本体フレームはシールで色分けされていて、フライシートとインナーテントの色分けと合わせて簡単にセッティングできるのです。

出典: snow peak ランドブリーズPro. 4 [オートキャンプ] All About

snow peak ランドブリーズ4

スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズ4 [4人用]がテント本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

出典: Amazon | スノーピーク(snow peak) テント ランドブリーズ4 [4人用] | スノーピーク(snow peak) | テント本体

snow peak エルフィールドデュオPro.

エルフィールドデュオPro.は、2人用ドームテントとして独特の形が特徴です。広い前室と3本フレームで立ち上がるワイドな居住空間を持ち、長期キャンプにもオススメ。2人用テントの最高峰です。

出典: snow peak エルフィールドデュオPro. [オートキャンプ] All About

snow peak ランドブリーズソロオリジナルセット WD

『ランドブリーズソロオリジナルセット WD』は1人用ながら細部にまでこだわった機能性の高いテントです。2本の軽量で丈夫なクロスフレームを使用していて、設営がしやすいのは重要なポイントです。季節や天候にあわせて、インナーをセレクト出来るのもオススメポイントです!

出典: snow peak ランドブリーズソロオリジナルセット WD [オートキャンプ] All About

テントの張り方は、まずは慣れ

テントの張り方は、慣れです。でも、張る場所と向きが本当は重要です。オートキャンプ場の場合は、各サイトいろいろと特徴があります。もちろんキャンプ場そのものの特徴もあります。

出典: テントの張り方はまずは慣れです [オートキャンプ] All About