水を飲むことで体にどんな効果があるのか、いつ飲めば良いのかなど、水をダイエットに活用する方法をご紹介します。

ダイエット中の1日に飲む水の適量と正しい飲み方は?

ダイエット中に必要な水は、約1.2~1.5L

水分は空腹感を和らげたり、食事の満足度を上げたり、代謝を良くするという役割があります。しかし一度で吸収できる量は限られていますので、多くとればとるほど良いというわけでもありません。

ダイエット中には運動をしたり、入浴を長めにしたりする人も多いでしょう。汗をかいて失われる水分が多くなる場合は、その分水を飲む量も増やす必要がありますが、特に生活強度に変化がない人は通常の必要量がとれていれば大丈夫です。通常の必要量は、成人で約1.2~1.5Lを目安にしましょう。

厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動では、1日に必要な水分は2.5Lで、飲み水としては1.2Lとしています。

出典: ダイエット中の1日に飲む水の適量と正しい飲み方は? [食事ダイエット] All About

水ダイエットをするときの正しい水のとり方

1回につきコップ1杯を、1日の中で数回に分けてこまめに摂取しましょう。水分摂取のタイミングは次のとおりです。

・朝起きたあと
・夜寝る前
・スポーツの前後
・入浴の前後
・食事中

基本的に、水分が失われやすい状況の前後にとりましょう。「喉が渇いたな」と感じたときには、もうすでに水分不足が始まっています。渇きを感じてから水分をとるのではなく、こまめに補給して水分不足を防ぎましょう。食事中にも水をこまめに飲むと胃腸に水分が溜まり、少ない量の食事でも満足感を上げることができるので、ダイエットにも効果的です。

出典: ダイエット中の1日に飲む水の適量と正しい飲み方は? [食事ダイエット] All About

水を飲むだけでできる簡単ダイエットのやり方

ダイエットには「冷たい水」が良い

寝起きに冷たい水を飲むと、胃腸が働いて便が出やすくなるといわれています。冷たい水が胃壁を刺激すると、ガストリンというホルモンが分泌されます。この影響で胃が活発に動き出し、小腸へ水分を運び始めることで、便通がよくなるといわれています。
体内の毒素は肝臓で代謝され、便に出ています。身体に含まれる毒素の75%は肝臓で代謝され、便で排泄されます。便秘を改善することで腸の働きも良くなります。

また、冷たい水を飲むと、身体はその水を体温と同じ温度まで高めるためにエネルギーを使います。つまり、冷たい水はより多くのエネルギーを必要とするため、カロリーを消費すると考えられます。

水を飲むことで代謝を上げよう

代謝とは、「必要なものを取り込み、要らないものを排出する作業」のことで、
消化吸収
細胞の生まれ変わり
脂肪燃焼を含むエネルギー発生
血行
など、 体内におけるさまざまな化学反応を指します。例えば、消化吸収やエネルギー発生は、加水分解といって水に頼って行われています。脂肪燃焼は細胞のミトコンドリアで行われますが、脂肪や老廃物を運搬できるのは、水が細胞内外に豊富に含まれ媒体になっているから。また、栄養素(糖や脂肪)や酸素や老廃物を運ぶ役割をしているのが血液です。このように、水は代謝において重要な役割を果たしていることがわかります。

ダイエットや美容を望んでいる人に、水の摂取が勧められているのは、水が身体機能を健やかに保つ上で重要だからであり、水が足りない状態では、せっかくのダイエットが空回りしてしまうためです。

水道水でもいい? 水ダイエットにおすすめの水の種類

ハリウッドセレブも注目する高機能ウォーター 4選

高機能ウォーターとは美容や健康に良い成分を含む水のこと。水の種類によって含まれるミネラルの量と種類が違います。ミネラルは体の健康維持には欠かせない栄養素で、カルシウムやカリウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などがそれにあたります。

出典: 水ダイエット!高機能ウォーターの効果とおすすめ4選 [食事ダイエット] All About

水ダイエットの味付け・飲み方バリエーション

セルライト対策にオススメの水 3選

デトックス効果抜群のイオン成分「サルフェート」、ナノバブルの「水素水」、体内で各酵素の働きをサポートする「マグネシウム」などが入った水は、セルライト対策にぴったりです。

出典: ダイエットに効果的なお水の選び方 [セルライト対策] All About

ミネラル分の多い天然由来の「炭酸水」を飲む

炭酸の強弱や、大本の水が天然水由来なのか、などというポイントで同じ炭酸水でも味覚や効果が違います。ミネラル分の多い天然由来の炭酸水がおすすめ。

出典: 炭酸水を選ぶ時に役立つ簡単なコツ [ミネラルウォーター・天然水] All About

加熱して「白湯ダイエット」

冷ましたお湯を飲むだけで痩せ体質になれる!?とウワサの「白湯ダイエット」。体の巡りがよくなり、毒素排出効果も期待できます。

出典: 白湯ダイエットで痩せる3つの理由と正しい飲み方 [食事ダイエット] All About

レモン水

レモンといえばビタミンCというイメージが強いですが、実は他にも嬉しいダイエット効果が。朝、白湯にレモン果汁を入れて人肌のレモン水にして飲めば、胃腸を温めると同時に、便秘やむくみ、冷え改善が期待できます。

出典: レモンのダイエット効果と上手な取り入れ方 [食事ダイエット] All About

肌や顔色にもうれしい! 40代には朝1杯のレモン白湯がおすすめ

代謝はまず「顔」に出ます。最近、肌がくすむ、弾力がない、肌荒れが治らない、お疲れ顔に心当たりはありませんか?それは老化が進み、代謝が落ちはじめたサイン。レモンをぎゅっと絞った白湯を飲むだけで若返りスイッチが入る方法のご紹介です。

1日に飲みたい水分は約2~3リットル 。そのうち2リットルは飲み物で、1リットルが食事からがよいと言われています。白湯は、飲み物の中でも体への刺激が最も少なく、弱った体にも安心して飲めます。この優しさがポイント。レモンは非常に強い排泄力を持っているので、体が弱った時に飲みすぎるとお腹を壊すことがあります。そこで、白湯で温めることで緩和し、安心して飲むことができるのです。

余裕があれば、やかんで10~15分煮立せるのがベターですが、無理ならレンジでチンでもOK 。毎日無理なく続けられる方法で大丈夫です。温度の目安は"人肌程度"と覚えましょう。体温37度が最も細胞の代謝が上がる温度だからです。

出典: 朝1杯のレモン白湯が40代におすすめの理由とは? [食事ダイエット] All About

炭酸水を美容とダイエットに活用する方法

■炭酸は肌にいいの?
炭酸には血管を拡張させ、血行促進する働きがあり、実際に炭酸の温泉、つまり炭酸泉はその働きによる医学的な効能も証明されていますので、炭酸水を使うことで肌の血行がよくなる効果は期待できるでしょう。また炭酸ガスは汚れに吸着しやすいという性質があるので、肌の老廃物を取り除いてくれるという働きもあるようです。ただ、肌の弱い人には刺激が強い可能性もあるので、使う時は注意した方がいいでしょう。
■炭酸で便秘改善、満腹感を
飲むと満腹感を得られ、食べ過ぎ防止にもなります。そのため、飲んでいるうちに自然に痩せたという声は実際多く聞かれることです。例えば、スポーツドリンクやジュース、はたまたビール代わりに炭酸水を飲むようになれば、摂取するカロリーが減るので、体重は確実に落ちるでしょう。ただし、残念ながら炭酸を飲むだけで痩せるというわけではありません。また、朝少し冷やして飲むとお通じがよくなります。ただし、食前に冷たい炭酸水は食欲増進になるので、食べ過ぎが気になる方は、少しぬるめの炭酸水を飲むことで食べ過ぎ防止になるのでオススメです。

出典: 炭酸水にまつわるウソ・ホント [ミネラルウォーター・天然水] All About