鼻の黒ずみはなぜ起こる?「黒ずみ毛穴」のメカニズム

「黒ずみ毛穴」は、「開き毛穴」で開いているところに、古くなって酸化した角質と皮脂が詰まることが原因で発生します。この黒ずみは老廃物である角質や皮脂の混合物で、角栓と呼ばれています。

詰まった角栓がさらに蓄積して汚れていき、毛穴の表面が酸化して黒くなります。特に皮脂分泌の多い鼻によく見られ、無数にできた黒ずみ毛穴の見た目からいちご毛穴とも呼ばれています。

リンク: ボツボツ黒ずみ毛穴の原因と対処法!皮膚科で診察もOK [毛穴ケア] All About

また、本来であれば表情による肌の伸び縮みにより、毛穴に詰まった黒ずみなどの不要なものを排出してくれるはずが、鼻とその周りの頬は伸び縮みが起こりにくい部分のため皮脂が溜まってしまい、古くなって黒ずみになるのです。

「黒ずみ毛穴」の中には、汚れではなくメラニンが原因で黒く見えるものもあります。「開き毛穴」の状態で、炎症によってその後メラニンが発生しそのまま沈着してしまったもの、または酸化して変化した黒ずみの色が周りの皮膚に沈着したものと考えられます。

リンク: ボツボツ黒ずみ毛穴の原因と対処法!皮膚科で診察もOK [毛穴ケア] All About

毛穴の黒ずみがひどいのはなぜ?悪化の原因は?

目立つからと言って無理矢理押し出そうとしたり、洗顔でゴシゴシと強くこすったりすると状況を悪化させてしまう場合もあります。なんとか黒ずみを取り除いても、毛穴を開いたままにしておくと、皮脂や角質、汚れが溜まりやすくなり、ますます黒ずみが目立つという悪循環に陥ってしまうこともあるので要注意です。

リンク: 毛穴のメカニズムを知って「黒ずみ」にさようなら [毛穴ケア] All About

毎日正しいクレンジングや洗顔を行っていると、目立った黒ずみや角栓は予防できるはずですが、洗顔不足やメイクを落とさないまま寝てしまうなどの悪習慣が黒ずみを引き起こしてしまうのです。

リンク: ボツボツ黒ずみ毛穴の原因と対処法!皮膚科で診察もOK [毛穴ケア] All About

鼻の黒ずみが悪化する生活習慣&NGケア

皮脂の過剰分泌の原因の1つは食生活。脂っこい食事にコッテリとした肉料理、ファーストフードやコンビニ弁当など、外食中心の生活を送っている人は注意。当然、体内血液中の脂肪の量は増加。すると、皮脂の量も必然的に増え、毛穴が開いてしまうのです。

リンク: 毛穴のメカニズムを知って「黒ずみ」にさようなら [毛穴ケア] All About

食生活

毛穴の汚れを効果的に落とすには、毎日の洗顔を見直すことが大切。だからと言ってゴシゴシ洗うというのはNG。逆に肌が乾燥して、皮脂分泌を活発にしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

何はともあれ、たっぷりの泡で優しく洗うことが重要。また、おざなりにできないのがすすぎ。顔全体の泡をしっかり洗い流すよう心がけましょう。すすぎの目安は20回程度。すすぐ際のこすりすぎは意外と盲点なので気をつけましょう。

リンク: ブツブツ毛穴を無くすには?毛穴レス肌に変わる秘策 [毛穴ケア] All About

まずは正しい洗顔とスキンケアで鼻の黒ずみをオフ

泡のクッションでとにかく優しく、丁寧に洗うこと!

丁寧に洗う……シンプルなようですが実はけっこう手間がかかります。小鼻あたりはカーブが強いので、他のパーツに比べて角栓が大きい。他と同じように洗っていては、角栓をオフすることはできません。

お顔の肌を“高級な白桃”を洗うように、洗顔でも優し~く優し~く、泡のクッションで洗顔するような感覚で行います。ただ、小鼻の部分だけは別。指先をきっちりあてカーブに沿って、少しだけ力を加えて洗いましょう。丁寧にやると、軽く3分ぐらいはかかります。

また、酵素系の洗顔パウダーで洗う方法も。オイルでくるくるマッサージしつつ、じんわり皮脂をとかし出すのもいいですね。その後も、やりっぱなしにせず保湿して、毛穴を引き締めるスキンケアで仕上げましょう。

出典: 開いた毛穴は閉じる?コメドや皮脂を溜めない方法は? [山本浩未のきれいのソース] All About

ピーリングも取り入れて肌のターンオーバーを促す

皮脂の過剰分泌が原因で拡がってしまった毛穴には、つまりを取る+引き締めるケアが必要です。長い間、押し広げられていた毛穴は、つまりが取れたからといって自動的に小さくはなりません。小さくなるには時間がかかるので、根気よくお手入れをして、毛穴の排泄機能を正常化しましょう。

その際に有効なのが「ピーリング」。角質が厚いと、出口がふさがれやすくなるので、ピーリングで余分な角質を除去し、肌のターンオーバーを促しましょう。

出典: 9/10 美肌復活! 毛穴トラブル解決診断 [スキンケア特集] All About

こんなやり方も!綿棒で鼻の黒ずみを取る方法

綿棒とオイルを使ったマッサージでやさしく絡め取る

綿棒とオイルを使ったケアは角栓対策にどんな効果が期待できるのでしょうか? 肌が乾燥して硬くなると、毛穴に詰まった角栓も硬くなって排出されにくくなります。また、オイルは肌なじみが良く皮脂との親和性も高いため、毛穴周りの皮膚を柔らかくする効果が期待できます。つまり、硬くなった角栓をオイルでゆるめ、綿棒でマッサージしながら絡めとるというケア理論だといえます。

1.オイルを綿棒にしみ込ませる
綿棒×オイルケアに適しているといわれるオイルはオリーブオイルやベビーオイルなど諸説ありますが、今回はオリーブオイルを使用。たっぷりとしみ込ませます。

2.綿棒で小鼻をくるくるマッサージ
次に、オイルをしみ込ませた綿棒で、小鼻をくるくるとマッサージします。

3.泡洗顔をしてオイルと角栓を落とす
最後に、口コミ通りに泡洗顔でオイルを落とし、化粧水や乳液でスキンケアをして終了!

出典: ネットの噂を検証!綿棒とオイルで毛穴の角栓オフ? [毛穴ケア] All About