パン・パーデュ(フレンチトースト)

画像は我が家の定番、『パン・パーデュ(フレンチトースト)』です。作り方と材料は、かなりざっくりですが、バゲットが約1/3本残っている場合の分量。パンの固さや残り具合によって、ミルクの量で調節しています。

出典: パン・パーデュ(フレンチトースト) [はじめてのパンレシピ] All About

硬くなったパンを美味しく!パングラタン

硬くなったパンの使い道に困ったら、パンでグラタンを作ってみてはいかがですか?ホワイトソースとの相性もバッチリの食パン。ランチにもぴったりです。

出典: 硬くなったパンを美味しく!パングラタン [はじめてのパンレシピ] All About

パンが美味しく変身!濃厚パンプティング

日にちがたって硬くなってしまったパンを簡単に美味しいスイーツに変身させてみませんか?混ぜて焼くだけで、子供も喜ぶパンプティグに早変わりです!是非お試しください!

出典: パンが美味しく変身!濃厚パンプティング [はじめてのパンレシピ] All About

簡単で美味しい!自家製ラスク

お家で簡単に作れる美味しいラスクのレシピを紹介します。お子さんと協力して楽しく作れます。ココアパウダーを加えれば、ココアラスクに!臭いやクセが気にならなければ、バターの代わりにオリーブオイル、砂糖の代わりにガーリックで試すとガーリックトーストにもなり、身体に良い脂肪分がとれそうです。

出典: 簡単で美味しい!自家製ラスク [はじめてのパンレシピ] All About

堅くなったパンでラタトゥイユを作る

ラタトゥイユに堅くなったパンを使うことで、パンに水分を吸わせて早い段階でとろみを付けられるので、野菜の歯ごたえがほどよく残った状態で完成させられます。野菜は一例ですが、ピーマンや人参、じゃがいもなどなど葉物以外なら比較的何でも合います。

出典: 堅くなったパンでラタトゥイユを作る [はじめてのパンレシピ] All About

一口フレンチトーストのベリー添え

フレンチトーストの形を変え、トッピングを変えて工夫しました。一口サイズはおやつのようで楽しくいただけます。

出典: 一口フレンチトーストのベリー添え [はじめてのパンレシピ] All About

パングラタン

牛乳を吸わせることでかたいパンも柔らかくなります。もちろん、かたくなっていないパンでも作れます。具材をのせるまでを前日に下ごしらえしておけば、5分でお手軽。朝ごはんにもぴったりです。

出典: パングラタン [はじめてのパンレシピ] All About

カリカリのスナックパン

トーストして食べそこねたものでも大丈夫です。一口サイズにカットしてバターと一緒にフライパンの中でコロコロ。小岩井のフレンチトースト発酵バタークリームを使うと簡単に美味しくできます。

出典: カリカリのスナックパン [はじめてのパンレシピ] All About