「認めてあげれば、子どもは自分が好きになる」

大人にとっては理解できないことでも、子どもにとってはちゃんと理由があったりします。この言葉を知ってから、子どもの行動や気持ちを理解して、認めてあげようと思いました。否定ばかりされて育つと、自己肯定感の少ない子どもになってしまうかも。

出典: 『認めてあげれば、子どもは自分が好きになる』 [子育て事情] All About

「しつけと称して親がやっていることは……」

こちらの名言は親の仕事を勘違いしているのを言い当てていると思い、心に残っている言葉です。子どもは自分よりも後に生まれてきた尊敬すべき存在なのだ、という気持ちをもって接していきたいと思ったエピソードを紹介します。

出典: 『しつけと称して親がやっていることは……』 [子育て事情] All About

「できる」を探し「できたね」と力づけること

いつのころからか、「できていない」に目が向き、褒めることが少なくなっていました。この言葉で、親になったのだから、親の仕事をしなければと思わせてもらいました。子どもの一番の理解者、味方になって、「できる」を探し「できたね」と、力づけてやりたいですね。

出典: 「できる」を探し「できたね」と力づけること [子育て事情] All About

子どもへの最高の贈り物とは

子どもができないと感じている時間を奪い取り、親が手伝ってしまうのは、子どもの邪魔をしているともいえます。本当に助けを求めてきたときに、手伝ったり、話を聞いてあげることをしたいなと思います。それが愛するということなのかなと思います。

出典: 子どもへの最高の贈り物とは [子育て事情] All About

「子どもは親の背中を見て育つ」

この格言は、戒めにも使えますし、自分が教えたことを子供がしてくれた時など感動した時にも使えます。親が子どもの可能性を広げてあげられるといいですね。ちょっと感動したエピソードを紹介したいと思います。

出典: 『子どもは親の背中を見て育つ』 [子育て事情] All About

「親のいうことは聞かないが、することはまねる」

子どもは、親のすることはいいことも悪いことも真似をします。いいことをまねされるような親になるべく、自分の日々のふるまいから改めました。子どもに身につけさせたいことがあれば、「まず自分から!」と心がけるようにしています。

出典: 『親のいうことは聞かないが、することはまねる』 [子育て事情] All About

「親は子供に『親』にしてもらった」

子育てでは、苦しいこと、つらいことなどたくさんありますが、実はそれらが親を育ててくれています。そしてそれ以上に、子供は喜びや感動を与えてくれているのです。人生に楽しみを与えてくれる子供たちには、親が感謝しなければならないのだと思います。

出典: 「親は子供に『親』にしてもらった」 [子育て事情] All About

相田みつをさんの本のタイトルで気持ちがラクに

「育てたように子は育つ」、これは相田みつをさんの本の題名ですが、この言葉で子育てへの気持ちが楽になりました。「もう少し余裕を持って、頑張っていけばいいじゃないかな」、そんな気持ちにさせてくれた名言です。

出典: 相田みつをさんの本のタイトルで気持ちがラクに [子育て事情] All About

親も子どもと一緒に成長「育児は育自」

子どもを育てるということは、同時に自分自身も育ててくれるという意味の言葉です。子どもの成長を通じて、自分も成長させてもらっているんだなと思うと、わが子のわがままにもありがとうという気持ちが生まれました。子供と一緒に成長できたらいいなと思った素敵な言葉です。

出典: 親も子どもと一緒に成長 『育児は育自』 [子育て事情] All About

「親の生き方こそ子供にとって最高の教材」

自分が出来ないことでもいくらでも言えるので、言葉で説明するのは簡単です。「こういう子になって欲しい」と口うるさく子どもに接するのではなく、自分がお手本になって行動するのが一番難しいけど大切なことです。

出典: 『親の生き方こそ子供にとって最高の教材』 [子育て事情] All About

「子育ての最終ゴールは自立」

子育て中のママさんが忘れがちなことを言いえていることばです。大人にとって都合のいい“いい子”に育てようとするのではなく、自分のことは自分でできるように、生きていく力をつけてあげるのが子育てなんじゃないかな、と思います。

出典: 『子育ての最終ゴールは自立』 [子育て事情] All About