アイススケート初心者に必要な練習

スケート初心者が最低限抑えておきたいポイント

アイススケートは気軽に楽しめるウィンタースポーツのひとつ。初心者はレンタルシューズを履いて滑るのが通常でしょう。ここでは、シューズを借りて、練習するまでの流れの中で抑えておきたいポイントをご紹介します。

出典: スケート初心者が最低限抑えておきたいポイント [アイススケート] All About

スケートシューズの選び方と練習法

アイススケートは氷上にあがる前の準備が重要です。ここではスケートシューズの選び方から練習法まで、初心者が抑えておきたいポイントをご紹介します。

出典: スケートシューズの選び方と練習法 [アイススケート] All About

アイススケート上達への近道

アイススケート初心者はバランスをとって歩くことから始めましょう。徐々に速度をあげると、不思議と反動で前に進みます。その一歩一歩を大きくしていくと、いつの間にか滑れるようになっているのです。

出典: アイススケート上達への近道 [アイススケート] All About

氷上でバランスをとるコツ

氷上でバランスがとれれば、アイススケートはより楽しくなることでしょう。歩くときのように足首を動かしてはバランスを崩します。膝で進むようなイメージでスケートに乗るといいと思います。

出典: 氷上でバランスをとるコツ [アイススケート] All About

アイススケートをするときの必需品

手袋・帽子は必要だけどマフラーは……

スケートをする際、手袋と帽子は防寒・けが防止のため必須です。ただマフラーは、転倒時に他の人に踏まれたりした場合に危険ですのでおすすめしません。

出典: 手袋・帽子は必要だけどマフラーは… [アイススケート] All About

アイススケートには着替えやタオルも必要です!

アイススケートに行く際に、意外にあると役に立ったものを挙げてみました。着替え、タオル、ヒッププロテクター、温かい飲み物、カメラなどがあると良いでしょう。

出典: アイススケートには着替えやタオルも必要です! [アイススケート] All About

寒さ対策をバッチリして出かけよう!

アイススケート場はやはり寒いので、手袋は必需品です。転んだときには手指の保護にもなりますので、忘れずに持っていきましょう。また、脱ぎ着しやすい服装にしておくと良いと思います。幼児のお子さんの場合はナイロンパンツやスキーウェアがベストです。

出典: 寒さ対策をバッチリして出かけよう! [アイススケート] All About

靴ずれ防止の絆創膏は必須アイテム

アイススケートをする際に、スケート靴で靴擦れを起こす可能性が高くなります。そのため私は、絆創膏がマストアイテムとなりました。フリーカットサイズの絆創膏は、一枚の面積が大きく広い部分をカバーできるので、それを使っています。

出典: 靴ずれ防止の絆創膏は必須アイテムです [アイススケート] All About

アイススケート靴選びのポイント

アイススケートシューズの選び方

アイススケートシューズは足首をしっかりと固定するハードな作りになっています。普段履いている靴のサイズの0.5cm~1cmほど大きいサイズのものを選ぶといいでしょう。また補足ですが、足は一番氷に近いため、冷えてしまいがちです。何枚も重ね履きをする必要まではないかもしれませんが、ウール素材で厚手の靴下を履いておくと防寒になります。

出典: アイススケートシューズの選び方 [アイススケート] All About

関東の穴場アイススケート場

アクセス抜群!明治神宮外苑スケート場

冬のレジャーとして人気のアイススケート。『明治神宮外苑スケート場』は関東でも穴場のアイススケート場です。なんといってもアクセス&周辺環境が良いのが魅力です。こちらのスケート場は神宮外苑の中にありますので、帰りにクールダウンを兼ねて走ったり、いちょう並木や絵画館の辺りを散歩することもできます。

出典: アクセス抜群!明治神宮外苑スケート場 [アイススケート] All About

こどもの国 アイススケート場

こどもの国のアイススケート場は、横浜市青葉区の『こどもの国』内にあり、冬季限定で開場しています。リンクは屋外にありますが、大きな屋根があり、日差しや雨など氷へのダメージが少なく、定期的に氷も整えているので滑りやすい状態が保たれています。

出典: こどもの国 アイススケート場 [アイススケート] All About