ポーランドのおすすめ観光スポット

ポーランドへ旅行に行くならば、ぜひ足を運んでいただきたいおすすめの観光スポット・エリアをご紹介します。日本人にも安心・安全なスポットをピックアップしています。よい旅行を!

ポーランドの京都と言われる古都クラクフ

古都クラクフは、1611年にワルシャワに遷都されるまで600年に渡り、ポーランド王国の首都として繁栄した美しい街です。第二次大戦で壊滅的被害を受けたポーランドの他の街と違って、戦災を免れた街並みは中世そのままで、ポーランドの人気NO.1観光地として、毎年多くの旅行者が訪れています。

出典: ポーランドの京都と言われる古都クラクフ [ポーランド] All About

ショパンのゆかりの地 ポーランド

ワルシャワ郊外にあるショパンの生家ジェラゾヴァ・ヴォラ。生家と言っても、ショパンが産まれて僅か半年後には一家でワルシャワに引っ越しているので、ほとんど産まれただけという気がしなくもないですが、現在ジェラゾヴァ・ヴォラ一帯はショパン生誕地として綺麗に整備され、当時の雰囲気をよく伝えています。

出典: ショパンのゆかりの地 ポーランド [ポーランド] All About

ポーランド・ワルシャワ市内ツアー

その首都ワルシャワは1611年にジグムント3世がクラクフから遷都して以来、北のパリと称えられた美しい街。ポーランドはまだ日本では観光地としてマイナーなので、日本で入手できる情報は限られています。現地の日本語ガイドツアーを利用すると、裏話や穴場スポットなど色々教えてくれるので、旅行がより一層有意義なものになりますよ!

出典: ポーランド・ワルシャワ市内ツアー [ポーランド] All About

世界一のショパンコレクション『ショパン博物館』

ショパン博物館は2010年のショパン生誕200周年に合わせ、約2年間の改装工事を経て、リニューアル・オープンしたばかりですが、特筆すべきはその展示方法です。

出典: 世界一のショパンコレクション「ショパン博物館」 [ポーランド] All About

クラクフ 中世の街並みを歩く

クラクフは、ポーランド南部にある都市で、かつてのポーランド王国の首都。ワルシャワからインターシティーで約2時間半のところにあります。ポーランドでは珍しく第二次世界大戦の戦災を免れたため、中世の街並みがそのまま残されています。

出典: クラクフ:中世の街並みを歩く [ポーランド] All About

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

第二次世界大戦の負の遺産、アウシュビッツ強制収容所は、クラクフの西54kmオシフィエンチウム郊外にあります。

出典: アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 [ポーランド] All About

ポーランドにある高層ビル『文化科学宮殿』

1952年起工、4年後の1956年に完成した文化科学宮殿は旧東側の宗主国ソビエト連邦の指導者スターリンからの迷惑極まりない贈り物。歴史情緒溢れるワルシャワの街並みにそぐわない権威主義的な建物ですが、各種研究所や外資系企業のオフィス、映画館などが入居し、ガイドツアーに参加すれば見学できる地階の入り組んだ秘密通路と大理石造りのホールなど、見所が盛り沢山です。

出典: ポーランドにある高層ビル 「文化科学宮殿」 [ポーランド] All About

ポーランドにある宮殿『ワルシャワ王宮』

旧市街の入り口、王宮広場の東側に位置するワルシャワ王宮。1526年に国王ジグムント1世が居城にして以来、幾度となく破壊と再建を繰り返し、目まぐるしく変化する歴史に翻弄され続けてきたバロック様式の宮殿です。

出典: ポーランドにある宮殿 「ワルシャワ王宮」 [ポーランド] All About

ポーランド『ワルシャワ大学図書館』

1816年に設立されたポーランド最大の大学であり、ヤゲウォ大学、アダム・ミツィエヴィチ大学などと並んで、ポーランドきっての名門大学であるワルシャワ大学。この図書館のユニークな点は、本を所蔵しているだけでなく、館内にはゲームセンター、ボーリング場、レストランなど娯楽複合施設のような設備になっています。

出典: ポーランド 「ワルシャワ大学図書館」 [ポーランド] All About

ポーランドのおすすめグルメ・レストラン

ポーランドで絶対に食べたい・味わいたいグルメ・レストラン・飲料の情報をご紹介します。食は旅行の最大の楽しみの一つ。美味しく、かつ、安心・安全な食事の情報をお伝えします。

ポーランドの大衆食堂『ミルク・バー』

ミルク・バーと聞いて、思わず色んな牛乳を提供する店? と不思議に思った方も多いでしょう(私もその1人)。実際にミルクは牛乳のことなんですが、牛乳専門店ではなく、セルフサービス方式の昔ながらの大衆食堂のことをいいます。

出典: ポーランドの大衆食堂 「ミルク・バー」 [ポーランド] All About

社会主義時代のレストランを再現『ウ・クハジェ』

現在は私たち日本と同じように民主主義のポーランドも嘗ては東側陣営の社会主義国家。ウ・クハジェはその当時のレストランを忠実に再現したユニークなコンセプトのレストランです。

出典: 社会主義時代のレストランを再現 ウ・クハジェ [ポーランド] All About

ワルシャワ屈指の高級レストラン『ベルヴェデーレ』

ベルヴェデーレ宮殿といえば、ウィーンにある宮殿を思い浮かべると思いますが、ワルシャワにもベルヴェデーレ宮殿は存在します。現在美術館になっているウィーン版とは違って、ワルシャワ版は大統領官邸になっているので内部見学ですが、このレストラン・ベルヴェデーレでその豪華さと優雅さの一端に触れることができます。

出典: ワルシャワ屈指の高級レストラン「ベルヴェデーレ」 [ポーランド] All About

ワルシャワのレストラン『バズィリシェク』

レストランツャ・バズィリシェクが面しているワルシャワの旧市街広場にはバジリスクが住んでいたという伝説があり、店名はもちろんそこから来ています。開店から閉店までノンストップで美味しいポーランド料理を堪能でき、夏ともなれば目の前の旧市街広場にはテラス席が設けられるので、天気がいい日はそちらがお勧めです。

出典: ワルシャワのレストラン バズィリシェク [ポーランド] All About

ポーランドのおすすめお土産

ポーランドに行ったらぜひ買いたいおすすめのお土産をご紹介します。特に忙しい旅行だと何を買えばよいか分からないお土産ですが、ここでは実際に人に喜ばれるお土産の数々をピックアップしています!

ポーランド雑貨『テーベ』

ワルシャワ中央駅からすぐの場所にあるジンジャーブレッドの材料を用いたオーナメントのショップ、テーベ。1つ1つ丁寧に手作りされているので、同じ木や家にしても少しずつ形やデザインが違っていて、全く同じ物は1つとしてありません。壁から吊り下げても素敵ですし、クリスマスツリーのオーナメントにすると、一気に華やぐでしょう。

出典: ポーランド雑貨 「テーベ」 [ポーランド] All About

ポーランドの名産品『ボレスワヴィエツ陶器』

ドイツ国境に近いボレスワヴィエツは陶器の街として世界的に知られているポーランド南西部にある小さな街。ボレスワヴィエツ陶器は様々な形をしたスポンジでスタンプしていく絵付け方法なので、組み合わせによってどんどん新しいデザインが考えだされ、その種類は1000以上にもなると言われます。

出典: ポーランドの名産品 「ボレスワヴィエツ陶器」 [ポーランド] All About

ポーランドのおすすめホテル・宿

ポーランドにあるホテル・宿など宿泊施設の中から日本人の旅行者におすすめの部屋をご紹介。実際に使った日本人による記述で、信頼度が高く安心できるもの。宿を探すならぜひ一度ご覧ください。

クラシックなホテル『ル・メリディアン・ブリストル』

1901年に完成したネオ・ルネサンス様式の『ル・メリディアン・ブリストル』はワルシャワ最古のホテルにしてヨーロッパ屈指の最高級ホテル。大統領官邸の隣で旧市街へも徒歩5分という最高の立地で、観光する上で非常に便利です。

出典: クラシックなホテル「ル・メリディアン・ブリストル」 [ポーランド] All About