『GCAサヴィアン』に強い追い風

円高になれば、海外企業をターゲットとしたM&A(合併・買収)が活発化します。海外案件比率が高く、日米間など国境を越えたM&Aに強みを持つGCAサヴィアンにとって、円高は直接的に収益拡大につながる強い追い風です。

出典: 円高で海外M&A活発化による注目の企業 [株・株式投資] All About

仕入れコストが低減する卸・小売業に注目

輸入比率が高いほど円高メリットがあります。大変な円高になれば、海外から輸入する製品・原料の価格が円換算で安くなるので、輸入品を扱う卸売業や小売業は仕入れコストを低減できます。上場している卸売り業、小売業の多くは何らかの輸入品を扱っていますが、輸入品の割合が大きいほど円高メリットも大きいので、円高メリットで選ぶなら、銘柄ごとに取り扱う品目の構成や仕入先を調べることが重要です。

出典: 円高で仕入れコスト低減する卸、小売業に注目 [株・株式投資] All About

円高と格安旅行券で旅行業界首位の『エイチ・アイ・エス』

わかりやすく円高のメリットを受ける業種と言えば、やはり旅行業があげられます。他の通貨より円が高くなれば、それだけで海外旅行に出かける日本人は増えます。そのため、不況であっても海外旅行者数は増加していきます。代表的な銘柄で言えば、2011年の旅行業界首位となった『エイチ・アイ・エス』があげられます。

出典: 円高と格安旅行券で旅行業界首位の企業は [株・株式投資] All About

独自の製造方法で円高の恩恵を受ける『ニトリ』

一般的に海外から輸入品が多い業種ほど円高が有利に運びます。その中でも、小売業の『ニトリホールディングス』は、自社独自に考え出したこだわりの製造方法で円高のメリットを受けています。

出典: 独自の製造方法で円高の恩恵を受けるニトリ [株・株式投資] All About

鉄道株は円高のメリットを受けやすい

円高のメリットを受けるのは鉄道株です。それは鉄道のインフラストラクチャー(インフレ)が大きく関わってきます。線路を引くには鉄材が大量に必要になりますから、円高となり原材料の輸入価格が下落すれば、インフラコストが節約できます。それで得たキャッシュを不動産や駅周辺開発に投資するので、ここでも円高のメリットが活かされます。

出典: 鉄道株は円高のメリットを受けやすい [株・株式投資] All About

円高のメリットを受けるのは外食産業

円高になれば、海外から輸入品価格が下落します。日本は6割以上の食料品は外国からの輸入に頼っているため、一般的にファミリーレストランなどでは高い国産品ではなく、外国からの輸入品でコストを抑えます。代表的な銘柄で言えば、牛丼でお馴染みの『(株)吉野家ホールディングス』です。

出典: 円高のメリットを受けるのは外食産業 [株・株式投資] All About

円高で海外旅行者増の恩恵を受ける旅行業

円高になれば、海外での宿泊、移動、買い物などの費用が円換算で安くなるので、海外旅行の増加が期待できます。その恩恵を受ける旅行業の銘柄は、私が考えるに『近畿日本ツーリスト』『エイチ・アイ・エス』『ユーラシア旅行』『ニッコウトラベル』です。ただし、一口に海外旅行関連銘柄といっても、それぞれ異なる特色をもっているので、各社が同じように円高メリットを享受するわけではありません。

出典: 円高で海外旅行者が増加 [株・株式投資] All About