スキー初心者向けの練習方法

スキー初心者が抑えておきたい道具選びのポイント

スキーを始める板を気にする人が多いのですが、一番大切なのは『ブーツ』です。どんなに楽しく滑りだせたとしても、足が痛くなったらやめたくなるでしょう。ここでは、ブーツの選び方を中心に道具選びのポイントをご紹介します。

出典: スキー初心者が抑えておきたい道具選びのポイント [スキー] All About

スキー初心者に必要な基礎練習

どこのスキー教室へ行っても、まず教えられるのは「スキー板を履いたまま歩く・坂道を登る方法」「坂で安全に転び、安全に起き上がる方法」「方向転換」「体重移動」などです。地道ですが、次のステップに行くために反復練習しましょう。

出典: スキー初心者に必要な基礎練習 [スキー] All About

初心者はまず立つことからはじめよう

初心者がいきなり急斜面で滑ることはNG。まずは滑らかな斜面から練習ですが、その前にしっかりと立つ感覚をつかみましょう。

出典: 初心者はまず立つことからはじめよう [スキー] All About

スキー初心者の練習に 基本の3ステップ

シュプールを描き滑る自分を想像するのもいいですが、まずは止まるところから覚えましょう。スキー初心者の練習に、基本の3ステップをご紹介します。

出典: スキー初心者の練習に 基本の3ステップ [スキー] All About

スキー初心者に向けて 練習のポイント

ボーゲンは「制する者はスキーを制する」と言われるくらい大事な基礎技術です。初心者はエッジ部分を意識してボーゲンを反復練習するとよいでしょう。

出典: スキー初心者に向けて 練習のポイント [スキー] All About

転ぶことを恐れずに楽しもう

滑るときの心構えとしては、「転んでもいいや」と開き直ること。うまく滑っている人もみんな最初は転ぶものです。転ぶことを恐れずに楽しめばだんだんうまくなりますよ。

出典: 転ぶことを恐れずに楽しもう [スキー] All About

スキー初心者に!スクール受講のススメ

スキーができる人はどうやって上達したのかというと、きっかけは「誰かに習う」ということではないでしょうか。まずはスクールにはいってインストラクターから基本の基本を習いましょう。

出典: スキー初心者に!スクール受講のススメ [スキー] All About

スキーウェアを選ぶときのポイント

スキーウェア選びのポイントは5つ

スキーウェアを選ぶ際にポイントになってくるのは、「保温性」「通気性」「防水性」「サイズ」「ファッション性」の5つだと思います。

出典: スキーウェア選びのポイントは5つ [スキー] All About

好きな色・柄・デザインのウェアを選ぼう

初心者の方かどうかは関係なく、とにかく「このウェアを着たい!」 と思うウェアが一番です。気にせずに好きな色・好きな柄・好きなデザインを選んでください。

出典: 好きな色・柄・デザインのウェアを選ぼう [スキー] All About

スキー板を選ぶときのポイント

スキー板選び

スキー板は、同じ銘柄の板でも長さで性格が変わります。選び方は好みで大きく変わってきます。「どのスキー板を選んだらよいかよくわからない」という方は、まずは自分の背より5~10cm長い板を使ってみて、見極めるといいと思います。

出典: スキー板選び [スキー] All About

おすすめの室内スキー場

狭山スキー場

おすすめの室内スキー場ですが、狭山スキー場がいいと思います。とにかく都心から近いのがいいのがポイントです。オールナイトは除きますが、小学生以下は無料です。

出典: 狭山スキー場 [スキー] All About