40代ビジネスマンに求められるスキルとは?

■戦略的に物事を同時平行で進める力
■チーム力を引き出すコミュニケーション力
■重要な決断をくださせる判断力

リンク: 40代転職で評価される自己PRの書き方 [転職のノウハウ] All About

今、40代のビジネスマンが期待されていること、それは事業環境の大きな変化に伴う戦略の見直し、そして業績改善を実現するために現場をまとめるリーダーシップを実行することです。自分たちが過ごしてきた20代や30代と比べるとビジネス環境も大きく変わり、変化のスピードそのものも速まっています。

リンク: 40代転職で評価される自己PRの書き方 [転職のノウハウ] All About

高度なコミュニケーション力が必須

グローバル化の時代になり、英語をはじめとした語学力、異文化や異なるビジネス習慣を持つ外国人ビジネスマンとの交渉力もその1つです。多様なITツールを効率よく使用したスピード感あふれるコミュニケーション力も必要です。

出典: 40代の転職はコミュニケーション力で差がつく [転職のノウハウ] All About

記憶力ではなく、蓄積された経験による判断力と意思決定能力

様々な逆境に立たされることも想定して、どのようにそこで対応するかが乗り越える重要なポイントとなります。どのような戦略を取るかはその時々の環境的な要素を的確に捉え、最適な選択をするのは経験に基づく判断力が発揮されます。40代が持っている強みは、記憶力ではなく判断力なのです。

出典: 4/4 40代のキャリアはビジョン確定と専門力 [キャリアプラン] All About

40代ビジネスマンが満足できる転職のコツとは?

40代までの棚卸しをして、強みと弱みを整理する

幼少期、学生時代、社会人前期(20代後半まで)、社会人中期(30代前半まで)、社会人後期(30代後半から現在まで)と分け、それぞれの時期での印象的な出会いや出来事、成功体験や失敗体験などをゆっくり振り返ってみましょう。

出典: 40代のキャリアはビジョン確定と専門力 [キャリアプラン] All About

評価される自己PR、2つのコツ

40代ともなれば管理職、もしくは先輩社員として活躍してきた歴史があるはず。40代の果たすべき役割の多くは中間管理職であり、上司と部下の間に立って現場を指揮、監督する役割が求められます。40代のビジネスマンがどのように転職で自己PRをすべきであるかについてご紹介します。

出典: 2/2 40代転職で評価される自己PRの書き方 [転職のノウハウ] All About

自己PRと志望動機は一致させる

志望動機とはご存知の通り「入社への思い」を伝えるものです。と、同時に忘れてはならないのが「相手の思いに応えること」です。40代が内定獲得により近付くために「志望動機の書き方」を解説します。

出典: 内定がとれる中途採用の志望動機の書き方と注意点 [転職のノウハウ] All About