朝なかなか起きられず、遅刻を繰り返していた日々とはおさらば! スッキリ目覚めて、朝から余裕をもって過ごすための方法や対策をわかりやすくご紹介します!

そもそも朝起きられない原因ってなんなの?

あなたは何型?朝起きられない原因と対策

目覚めの悪い人と早起きが得意な人、この違いは一体何なのでしょう。起きられない原因には、様々なものがあります。朝気持ちよく起きられない10つの原因と対処法について、詳しく解説します。

出典: 目覚めが悪い…朝起きられない10の原因と対処法 [不眠・睡眠障害] All About

朝起きられないのは病気かも?有効な対策は「光のコントロール」

朝なかなか起きられない人は、「睡眠相後退症候群」という病気の可能性も。睡眠薬やサプリメントは注意して使用する必要があります。

出典: 気づけば遅刻常習犯!? 夜は眠れず朝寝坊する「病気」 [睡眠] All About

寝ても寝ても眠気が取れない……原因はうつ病の可能性も

寝ても寝ても眠気が取れなかったりする場合、うつ病、冬季うつ病、躁うつ病などの心の病気に関連した過眠症の可能性もあります。心の病気が原因の眠気について、医師が詳しく解説します。

出典: 眠気が強すぎる過眠症……心の病気が原因のことも [メンタルヘルス] All About

朝起きられない人必見!スッキリ目覚める4つの方法

おすすめの目覚まし時計3選

おすすめは「イヤでも起きる君」という壁掛け式の目覚まし時計。スイッチではなく、光の変化を感知してアラームが鳴り止むため、照明をつけるかカーテンを開けるかして、部屋を明るくしなければいけません。

出典: 音だけじゃダメ!頑固な朝寝坊にお勧めの目覚まし時計 [睡眠] All About

スマホアプリでスッキリ起床!

最近では目覚ましもスマホを使用している方も多いのでは?ここでは、数あるiPhone アプリの中から、寝つきを良くするアプリと目覚めをスッキリさせてくれるアプリを、それぞれ2つずつご紹介します。

出典: 睡眠をもっと快適にしてくれる iPhone アプリ [睡眠] All About

iphoneのアラーム名を変更してサッと起きる小ワザ

最近では、iPhoneのアラームを目覚ましとして使用している方も多いと思います。でも、意外に使用されていないのが「ラベル機能」。「ラベル」を変更するだけで、パッと目が覚めるかもしれない裏技があるんです。

出典: スマホのアラーム名を変更してサッと起きる小ワザ [iPhone] All About

「光」で起きる!おすすめ照明器具3選

人間は、光の強さによって起きやすくなります。楽天市場の目覚まし時計部門で第1位に輝いた「OKIRO」は、紫外線を出さない特殊な電球から、最大1万3千ルクスの光を照射するので、私たちをスッキリ起こしてくれます。

出典: 光で起床! 目覚めを優しく助けてくれる照明器具 [睡眠] All About

起きるけど目覚めが悪い人がスッキリ起きる方法4選

1日の質を上げる「5分間ストレッチ」

ストレッチには、全身の血行がよくなり脳への血流が促進され、午前中から冴えた頭で活動できるメリットがあります。一日を有意義に過ごすために費やすのは「朝の5分」だけ。さっそく始めてみてください。

出典: 毎朝5分の新習慣!1日の質を上げる短時間ストレッチ [運動と健康] All About

起きたい時刻に目を覚ます!「自己覚醒法」

自己覚醒とは、あらかじめ決めた時刻に、目覚ましなどの外からの刺激を使わずに目覚めること。難しく聞こえますが、調査によると約50%の方が成功しているとか。夢の起床術「自己覚醒法」を詳しくご紹介します。

出典: 起きたい時刻に目を覚ます!自己覚醒法 [睡眠] All About

朝スイッチオン!初夏におすすめの洗顔料&化粧水

夏が近づき、そろそろ寝起きがベタつく季節です。朝スッキリ目覚めたいなら、起床後すぐに気持ちよく洗顔からスタートするのもよいかもしれません。ここでは、気持ちよく使える女性向け洗顔料・化粧水をご紹介。

出典: 朝スイッチオン! 初夏の洗顔料&化粧水選び [スキンケア] All About

「照明」を意識して、スッキリ起床!

目に入る光の種類によって、睡眠を司るホルモン(メラトニン)の分泌のされ方は異なります。就寝前なら暗く温かい光、朝スッキリ目覚めたいなら明るく白い光が求められます。ここでは睡眠における「光」の重要性を解説します。

出典: 「照明」を意識して、質の良い睡眠を得よう [照明・LED] All About

朝起きられない原因やその解決法まで、詳しくご紹介してきました。起きるのが苦手という人には様々なパターンがありますが、最もダメなのは、自分自身が「本気で改善しよう」と思っていないこと。朝起きることも、自分が意識を強く持たないことには始まりません。ここで紹介した様々な方法を参考に、ぜひ毎日気持ちよく目覚める生活をお過ごしください。