【1】なりたい or 理想的な「像」をイメージしてみる

たとえば賞をもらって輝いている自分、予定通り仕事を終えられた時の爽快感や、成果を出して上司に褒められている自分の絵など…。イメージすることでモチベーションアップにつながります。

出典: やる気を一気に高める具体的方法 [営業のノウハウ] All About

【2】自分に刺激を与えてくれる「師」を見つける

仕事やキャリアの“お手本”となり、あなたの味方になってくれる人はいますか?キャリアという長い旅路では、そういった優れた人との出会いは、かけがえのない財産になります。「師」と呼べる人はどのように探せばよいのでしょうか。

出典: 自分のよき師“メンター”を見つけよう [キャリアプラン] All About

【3】サクセスストーリーを描いた映画を見る

仕事へ行くがもなんだか億劫……。そんなとき元気がでるのがサクセス・ストーリー。頑張る主人公を見れば「私だって」「オレだって」とやる気がムン!と、沸いてくる映画をご紹介します!

出典: やる気が出る!サクセスストーリーを描いた映画コレクション|All About(オールアバウト)

【4】何のために働くのかを再確認してみる

残業続きで疲れたとき、上司に叱られたとき、頑張っても成果が上がらないとき……。「なんで働いているんだろう」という思いが頭をよぎること、ありますよね。「お金を稼ぐ」ことはもちろん大切ですが、「働くこと」にそれ以上の価値を見出したい方も多いのではないでしょうか。「働く意味」について考える上で、ヒントになる本も交えて紹介します。

出典: 「働く意味」を真剣に考えてみた [キャリアプラン] All About

【5】「将来、こうなりたい」というエンジンを見つける

人生軸で考えた場合、この未来へのエンジンは20代、30代のビジネスパーソンにとって極めて重要なもの。どういうジャンルでもそうですが、ビジョン・志をぶれずに明確に持っている人は強いものです。

出典: 長い人生でキャリア開発に必要な2つのエンジンとは [キャリアプラン] All About

【6】人間関係のイライラをコントロールする術を身につける

女性がリーダーシップを発揮して、活躍することが求められている今、自分の感情を適切に取り扱う「感情マネジメント」が注目されています。今回は「イライラ」しないで、よりよい職場やチームをつくるヒントをお伝えします。

出典: 感情マネジメントで今日からイライラしない!お仕事術 [キャリアプラン] All About

【7】自分の仕事がもひとつの大切なステップだと考える

今の職場に閉塞感を感じたときには、これもひとつの「ステップ」なのだと感じてください。まず、漠然とでも自分がなりたい大きな目標を描き、そのなかで「今の仕事はどの位置づけにあるんだろう?」と考えましょう。

出典: 2/2 給料がアップすれば、やる気は起こるのか? [ストレス] All About

【8】小さな仕事にも、自分の「オリジナリティ」を盛り込む

働く意欲を起こすには、まず職場が変わってくれることがいちばんです。でも、現実にはそんな「話の分かる」会社にめぐり合えることなんて、めったにありません。自分自身のモチベーションを確認するために、自分に問いかけるのはこのひとつ。「この仕事によって、何を得ようとしているのか」ということです。

出典: 2/2 給料がアップすれば、やる気は起こるのか? [ストレス] All About

【9】“今、ここに”集中してみる「マインドフルネス」を意識する

今のようなスピードを求められる世界ではストレスを感じる方が非常に多くなっています。ストレスはその人のスペースの大きさで決定します。スペースが大きければあらゆることを受容でき、ストレスと感じません。そんなスペースを広げるための工夫が必要となります。

出典: 起業家も実践!マインドフルネスという新しい生き方 [キャリアプラン] All About

【10】どうしようもない朝には身体に刺激を与えてみる

誰にでも出勤したくない朝はあるもの。沈んだ気持ちをスパッと断ち切るには、身体に程よい刺激を与えることや気持ちのコントロールが鍵になります。気分を切り替える方法について解説します。

出典: 「出勤したくない!」憂鬱な朝にやる気を出す10の方法 [ストレス] All About